Nutanix Enterprise Cloud クラウド発想のITインフラ技術 電子書籍(SB C&S)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. Nutanix Enterprise Cloud クラウド発想のITインフラ技術

Nutanix Enterprise Cloud クラウド発想のITインフラ技術


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798162362
価格:
3,960(本体3,600円+税10%)
カテゴリ:
ネットワーク・サーバ
キーワード:
#ネットワーク・サーバ・セキュリティ,#データ・データベース,#システム運用,#Web・アプリ開発
電子書籍

話題のハイパー・コンバージド・インフラストラクチャ(HCI)の解説書が最新版対応で登場。新時代のシステムの機能を詳細解説

NutanixはHCI(Hyper Converged Infrastructure)の代表的な製品で、導入することで企業システムを容易にクラウドとして利用できるようにします。
本書は注目される同製品の最新バージョンを基礎から解説します。新時代のシステム運用の知識が得られる、エンジニア必見の解説書です。

【目次】
第1章 NutanixがめざすEnterprise Cloudとは
第2章 Enterprise Cloudの基礎となるソフトウェア
第3章 Enterprise Cloudを支えるハイパーバイザー AHV
第4章 AHVの設計と導入
第5章 AHVの運用と移行
第6章 Nutanixのストレージサービス
第7章 Prism Centralによる高度な管理機能
第8章 Nutanixのデータ保護
第9章 Nutanix FlowによるSoftware-Defined Network
第10章 IT利用者のためのIaaS機能Self Service Portal
第11章 Calmによるアプリケーションの自動展開
第12章 Nutanixのこれから

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

最新ハイパーバイザーAHV徹底解説
目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2022年03月29日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 139
14行目
2刷
~ターゲットの接続IPアドレスには、iSCSIデータ~
~ターゲットの接続IPアドレスには、iSCSIデータ~

※リフローEPUBの場合、「6.1.1 Nutanix Volumesの仕様」の見出し「■ パフォーマンスと冗長化の仕組み」の最初の段落が該当箇所になります。
2020.02.06
1刷 208
「8.5.2 Async DR」の「災害時復旧(DR)/計画停止によるマイグレーション」7行目
2刷
サイトバックアップの場合は回復プライマリサイトなどに
サイトバックアップの場合は回復したプライマリサイトなどに

※リフローEPUBの場合、「8.5.2 Async DR」の「災害時復旧(DR)/計画停止によるマイグレーション」の2つ目の段落が該当箇所になります。
2022.03.29
1刷 231
「8.8 Cloud Connectによるバックアップ」9行目
2刷
FortiGate などのVPNアプライアンスであれば、
FortiGate などのVPNアプライアンスやソフトウェアを用いて、

※リフローEPUBの場合、図8.49のすぐ下の段落が該当箇所になります。
2022.03.29
1刷 252
「9.2.3 セキュリティポリシー」の「■ アプリケーションセキュリティポリシー」3行目
2刷
対して、ポート番号とプロトコルを指定し、
ついてポート番号とプロトコルを指定し、
2022.03.29