DirectX 12の魔導書 3Dレンダリングの基礎からMMDモデルを踊らせるまで(川野竜一)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. DirectX 12の魔導書 3Dレンダリングの基礎からMMDモデルを踊らせるまで

DirectX 12の魔導書 3Dレンダリングの基礎からMMDモデルを踊らせるまで 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798161938
価格:
本体4,600円+税
仕様:
B5変・664ページ
分類:
プログラミング・開発

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複雑なライブラリも、
一歩ずつ進めれば怖くない。

「DirectX 9~11に比べて超高機能/高性能だと聞いたけれど、
 複雑すぎて何をしているかわからない」

「ゲームエンジンのメンテナンスをするために、
 最新のDirectXの基礎を知りたい」

「フルスクラッチでMMDのモデルを
 表示/アニメーションさせてみたい」

そんなC++プログラマーに向けた、
DirectX 12の「導きの書」がついに登場!

◆3Dグラフィックスの基礎
◆グラフィックスパイプラインとステージ
◆PMDデータの読み込みと描画
◆VMDデータの読み込みとアニメーション再生
◆IK
◆ポストエフェクト

など、本当に知りたかった
DirectX 12プログラミングの基本がこの1冊に!!

DirectXは初めてという人も、
DirectX 9や10で止まってしまっている人も、
本書を心強い相棒にして、挑戦の旅へと出掛けましょう!


◆Part 1 基礎理論編
 ・Chapter 1 前提となる知識とDirectX 12の概略
 ・Chapter 2 グラフィックスパイプラインとさまざまなシェーダー

◆Part 2 実践編(1)
 ・Chapter 3 初期化から画面クリアまで
 ・Chapter 4 ポリゴンの表示
 ・Chapter 5 ポリゴンにテクスチャを貼り付ける
 ・Chapter 6 行列による座標変換
 ・Chapter 7 PMDの読み込みとモデルの表示
 ・Chapter 8 マテリアル(材質)
 ・Chapter 9 リファクタリング

◆Part 3 実践編(2)
 ・Chapter 10 スキニングとアニメーション
 ・Chapter 11 インバースキネマティクス(IK)
 ・Chapter 12 マルチパスレンダリング
 ・Chapter 13 影行列とシャドウマップ

◆Part 4 応用編
 ・Chapter 14 マルチレンダーターゲットとその応用
 ・Chapter 15 スクリーンスペースアンビエントオクルージョン(SSAO)

◆Part 5 ライブラリ編
 ・Chapter 16 imguiの利用
 ・Chapter 17 Effekseerライブラリの利用
 ・Chapter 18 DirectXTKの利用(文字列表示)

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。