オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE11(試験番号1Z0-815)(山本 道子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE11(試験番号1Z0-815)

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Silver SE11(試験番号1Z0-815)


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798162041
定価:
本体3,800円+税
仕様:
A5・560ページ
分類:
ベンダー資格
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
オラクル認定資格教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実績ある「テキスト&問題集」で完全攻略!

日本オラクルが主催する「Javaプログラマ試験」の中で一番人気の
「Silver」の最新バージョン「SE11」に対応したテキスト&問題集。
大人気講師によるわかりやすい解説と、豊富な練習問題(模擬試験2回分含む)が
収録された決定版!

●本書の特長
【Java試験対策の第一人者による書き下ろし】
数多くのJava試験本を執筆し、絶大な支持を得ている著者による詳しい解説。

【豊富な練習問題】
各章末に分野ごとの練習問題+巻末に「本番形式の模擬試験」(2回分!)を収録。

【初学者でもわかりやすい丁寧な解説】
Java初心者でもわかりやすいよう、プログラミングやオブジェクト指向の基礎から解説

【読みやすい2色刷り】
見やすくポイントがわかりやすい2色刷り。

【手を動かしながら学習できる】
本書で出てくるサンプルコードはすべて提供。動作を確認しながら学習を進められる。

【要点をまとめたチェックシート】
試験直前まで確認できる要点チェックシート付!

●Javaプログラマ試験とは
オラクル社が主催・認定する、Javaの知識とスキルを測る試験です。
Javaプログラマ試験には、下記の3つのレベルがあります。
・Bronze(言語を初めて学ぶプログラマ向け)
・Silver(初級プログラマ向け)
・Gold(中上級プログラマ向け)

試験はJavaのバージョンに合わせていくつかあり、
「Java SE 11 」は2019年から始まった新しい試験です
(SE 11より前はSE8で、SE9、SE10は存在しません)。

●Silver試験(Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 11)について
「Javaアプリケーション開発に必要とされる基本的なプログラミング知識を有し、
上級者の指導のもとで開発作業を行うことができる開発初心者向け資格」です。
Silver以上は世界共通資格となっており、Java関連資格の中で一番の人気になっています。
試験の詳細については、日本オラクルの資格のページを参照してください。


Chapter 1 Javaプログラミング基礎
 Javaテクノロジーの概要
 Java環境のセットアップ
 Javaプログラムのコンパイルと実行
 パッケージ宣言とインポート
 練習問題
 解答・解説

Chapter 2 変数と配列
 リテラル
 変数や定数の宣言と初期化
 変数のスコープ(有効範囲)
 ローカル変数の型推論
 1次元配列
 多次元配列
 コマンドライン引数の利用
 練習問題
 解答・解説

Chapter 3 演算子と分岐文
 演算子と演算子の優先順位
 文字列の扱い(StringクラスとStringBuilderクラス)
 データの比較
 基本データ型の型変換
 if文・if-else文
 switch文
 練習問題
 解答・解説

Chapter 4 繰り返し文と繰り返し制御文
 while文
 do-while文
 for文と拡張for文
 制御文のネスト
 繰り返し制御文
 練習問題
 解答・解説

Chapter 5 クラス定義とオブジェクトの生成・使用
 クラスとオブジェクト
 コンストラクタ
 オーバーロード
 可変長引数
 static変数とstaticメソッド
 アクセス修飾子とカプセル化
 値コピーと参照情報コピー
 ガベージコレクタ
 練習問題
 解答・解説

Chapter 6 継承とポリモフィズム
 継承
 オーバーライド
 thisとsuperの利用
 抽象クラス
 インタフェース
 参照型の型変換
 ポリモフィズム
 コレクション
 ジェネリックス
 オブジェクトの順序づけ
 配列とリストのソートと検索
 コレクションとラムダ式の基本
 練習問題
 解答・解説

Chapter 7 例外処理
 例外と例外処理
 例外クラス
 try-catch-finally
 throwsとthrow
 オーバーライドの注意点
 練習問題
 解答・解説

Chapter 8 モジュール・システム
 モジュール・システムの概要
 モジュール定義ファイル
 モジュール化されたプログラムのコンパイル、実行
 モジュール・グラフ
 練習問題
 解答・解説

模擬試験1
模擬試験2

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2020年09月23日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 120
問題3-13 解説文の最後
str2==str3はtureが返ります。
str2==str3はtrue が返ります。
2020.06.24
1刷 207
問題5-13の選択肢
C. 1 : 500 3 : 500 2 : 100
C. 1 : 500 3 : 500 2 : 500
2020.01.17
1刷 264
6行目
⑤左辺で<>のみの~
⑤右辺で<>のみの~
2020.06.25
1刷 312
表7-1
ArithmeticExcpetion
ArithmeticException
2020.06.24
1刷 370
問題8-6の問題文【要件】4つめ
適切なmodule-info.class はcodeディレクトリ内に保存されている
適切なmodule-info.classはbinディレクトリ内に保存されている
2020.09.23
1刷 449
模擬試験1 問題75 正答と解説最終行
正解:A、E (解説最終行) モジュールシステムにより内部向けパッケージへ外部からアクセスができないように制限することで、アプリケーションの堅牢性が向上します。
正解:A、B (解説最終行) モジュールシステムにより内部向けパッケージへ外部からアクセスができないように制限することからもセキュリティが向上します。 また、Javaアプリケーションを実行する際、事前にJREをインストールしておく必要はなく、配布するアプリケーションにJREを同梱することができます。 そして、そのJREはカスタマイズが可能であり、必要なモジュールだけを入れたサイズの小さいJREを作成することができます。 モジュールシステムでは、このカスタムランタイムを作成するjlinkコマンドを提供しています。 したがって選択肢Bが正しいです。
2020.05.20
1刷 483
問題48 選択肢B
public Sring use(String s) { }
public String use(String s) { }
2020.09.16
1刷 522
模擬試験2:問題53の解説(P522の4行目)
①System.out.println("banana".compareTo("apple")); →1が返る → sortは、banana,appleの順になる
①System.out.println("banana".compareTo("apple")); →1が返る → sortは、apple,bananaの順になる
2020.04.09
1刷 530
模擬試験2:問題76の解説
公開するパッケージの指定は、requiresディレクティブを使用します。 (中略) モジュールに含まれたパッケージは、requiresによる公開がなければ非公開です。
公開するパッケージの指定は、exportsディレクティブを使用します。 (中略) モジュールに含まれたパッケージは、exportsによる公開がなければ非公開です。
2020.02.25
1刷 c8
チェックシート8ページ目、第8章の3項目目
module-info.calss
module-info.class 4、5項目目の「module-info.calss」も同様に訂正いたします。
2020.06.12