使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ

使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ



形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798162591
価格:
本体1,800円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Scratch3.0で、楽しくプログラミングを学ぼう

Scratchは、米国MITによって開発された教育用プログラミング環境です。2019年1月に3.0にバージョンアップされ、見た目の変更や新機能が追加。スマホやタブレット対応、外部サービスとの連携など、ますます楽しく使いやすくなりました。

この本のテーマは「遊べて使えるScratch」です。福笑いやトントン相撲といった昔ながらのゲームから、イマドキの写真加工風アプリまで、Scratchで再現してみました。紹介するのは全15作品。教育用コンピューター・micro:bitとつなげてあそぶ作品も紹介します。「Scratchでこんなこともできるんだ!」というおどろきがいっぱいです。

この本を書いたのは、長年子どもたちとScratchプログラミングに取り組んできた実力者、倉本大資さんと和田沙央里さん。Scratchプログラミングが初めての人でも大丈夫。つくりながら、プログラミングの基本を学んでいきましょう!

〈ここがポイント!〉
●PCだけでなくスマホ・タブレットならではの作例・micro:bit連携など、Scratch3.0の最新機能を遊びつくせる!
●難易度がさまざまな15作例。Scratchコミュニティでよく見る作品もつくれるかも?
●注目の教育用コンピューター・micro:bitに連携してできる遊びを3作品収録。micro:bitを始めてみたい方にも最適
●遊びながら、プログラミング用語や基本操作が学べる
●共有・リミックスOK! ダウンロードして使えるオリジナル素材つき

〈こんな人におススメ〉
●プログラミングをはじめてみたい人
●親子で一緒に学んでみたい人
●子どもにプログラミングを教えてみたい人
●Scratchを少し触ったことがあるけど、もっと楽しんでみたい人
●Scratchとmicro:bitをつなげてあそびたい人

※対象年齢:11歳~

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2019年05月22日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 003
ノンブル位置
「3」のノンブル位置が左下
「3」のノンブル位置が右下
2019.05.20
1刷 030
「材料」の「スプライト」の画像の順番
黄色い風船、お姫様、青い風船、ロボット
青い風船、お姫様、黄色い風船、ロボット (黄色い風船と青い風船の画像が逆になっている)
2019.05.20
1刷 054
真ん中の画像
このスプライトが押されたとき y座標を-3ずつ変える 0.3秒待つ y座標を3ずつ変える
このスプライトが押されたとき x座標を-1ずつ変える 0.3秒待つ x座標を1ずつ変える ※現状のままでもプログラムは問題なく動作しますが、現状のままにする場合は次の画像の「x座標」のブロックを真ん中の画像のように(「y座標」のブロックに)修正する必要があります。
2019.05.20
1刷 060
本文 上から8行目
写真をクリックして選択し、周りの青い枠の4すみをマウスでドラッグして大きさを変えます。
ペイントエディター下の「ベクターに変換」という青いボタンをクリックしてから、写真をクリックして選択し、周りの青い枠の4すみをマウスでドラッグして大きさを変えます。 ※書籍制作後のアップデートにより、アップロードされた画像データははじめはベクターではなくビットマップになっています。
2019.05.20
1刷 094
「Scratch福笑い」の遊び方について補足
発表モードだとプレイできないので、プログラム中の画面で遊んでください。 発表モードでもプレイするようにするには、プログラムの変更が必要です。それについては、後日こちらに掲載しますのでしばらくお待ちください(2019/5/22現在)
2019.05.22
1刷 120
左下のカコミ「遊び方」
①2~4人程度で遊ぶ。発表モードにして、緑の旗を押す
①2~4人程度で遊ぶ。プログラム画面で緑の旗を押す ※発表モードだと、キャンディをドラッグ&ドロップすることができないので、プログラム中の画面で遊んでください。 発表モードでもプレイできるようにするには、プログラムの変更が必要です。それについては、後日こちらに掲載しますのでしばらくお待ちください(2019/5/22現在)
2019.05.22
1刷 127
本文 上から7行目
マウスのポインターはスプライト1に変えられます。
「マウスのポインター」は「みどり力士」に変えられます。
2019.05.20
1刷 148
一番上の画像内の数値
x座標を-220から-220までの乱数にする
x座標を-220から220までの乱数にする
2019.05.20