WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?(坪井大輔)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?

WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか? 新刊


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798162652
価格:
本体1,600円+税
仕様:
四六・248ページ
分類:
ビジネス入門

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットの初期に描かれた分散・自律・自由の夢はGAFAなどのプラットフォームへの情報集中によってなくなったかのように思えます。

中心的な管理をともなわないブロックチェーンの技術は、こうした一極集中を破壊し、新たな可能性を築くものです。

一連の仮想通貨市場の混乱と停滞によって期待が落ち着いたかにみえるブロックチェーンですが、その可能性は消えるどころか、世界的な産業の取り組みや、実証実験の進展によってますます高まっています。

この本は、これまでテクノロジーとして語られたブロックチェーンをビジネスの手段として捉え、既存産業にどのようなインパクトを与えるのか、どのようなビジネスモデルを描けるのか、人・組織・社会の将来イメージをどのように描くけるのかをベンチャー創業者の経験と実践、ビジョンを踏まえた視点で書き下ろしたものです。


序章 ブロックチェーンのいま

第1章 ITの進化
 企業から個人へ
 PCと携帯電話、個人に近づくIT
 3G通信の時代
 ポスト携帯電話時代
 4Gとポストスマートフォン
 「人の機能」に近づくIT
 データ収集装置としてのデバイス
 人の機能×IoT
 5Gは何を変えるか
 「四種の神器」とは
 レガシー産業に参入していくIT
 Amazon GOやメルカリ
 ものづくりは足かせ
 既存産業とIT

第2章 ブロックチェーンの正体
 ブロックチェーンの誕生と4つの技術
 ブロックチェーンは「信用」をもたらす
 ブロックチェーンの最大の運用例「ビットコイン」
 ビットコインブームと「大馬鹿理論」
 値上がりする設計
 ビットコインは「通貨」になるか
 犯人捜しはブロックチェーンの仕事ではない
 バンドル/アンバンドル
 パブリック/プライベートの違い
 ブロックチェーンの認知拡大
 「仮想通貨派」と「テクノロジー派」
 ブロックチェーンは落ち込み知らず

第3章 普及を阻むもの
 ブロックチェーンはビジネスになっていない
 Whyブロックチェーン?
 法律は超えられない
 ブロックチェーンに向かないこと
 経営幹部と現場のギャップ
 リアルマネーの代替でよいか
 既得権益の強さ
 売りが「堅牢性」であること
 トラブルゼロと言えるか

第4章 ブロックチェーンが拓く未来
 ブロックチェーンが国家を消す?
 自律分散型組織(DAO)とは
 スマートコントラクト
 RPAがあらわすもの
 イメージ例としてのEU
 組織はヒエラルキーからホラクラシーへ
 DAOにおける「マネージャー役の人間」
 トークン=仮想通貨ではない
 トークンがつくる「社会」
 なぜ「国づくり」をやるのか
 コミュニティは「同好会」だけにあらず
 SDGsとの親和性
 超競争社会の可能性
 都市と地方で社会制度を変える
 第3レイヤーのエコノミー

第5章 実験例と想定ケース
 [ケース1]医薬品の在庫販売プラットフォーム
 [ケース2(アイデア)]テレビ視聴をネットワーク化する
 [ケース3]EV充電スタンドをネットワーク化する
 EVと日本メーカー
 クラウドファンディングとブロックチェーン
 情報を仲介するブロックチェーン
 台帳を見るビジネス

おわりに
 ブロックチェーンは社会インフラ
 地域で立ち上げた推進団体
 「未来志向」に理解者は少ない

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2019年07月16日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 142
左から6行目
つまり、キーワード検察、
つまり、キーワード検索、
2019.07.16