動かして学ぶ!Slackアプリ開発入門(伊藤 康太 道内 尊正 吉谷 優介)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 動かして学ぶ!Slackアプリ開発入門

動かして学ぶ!Slackアプリ開発入門




形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798164748
定価:
本体2,800円+税
仕様:
A5・352ページ
分類:
Webプログラミング
シリーズ:
NEXT ONE

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナルSlackアプリを
作ってみよう!

【Slackとは】
Slackはリアルタイムでやりとりができる
チャットツールです。
在宅勤務が多くなるなか
ビジネスの現場で利用が広がっています。

【Slackアプリ開発の特徴】
Slackには開発者にとって利用しやすい高機能APIが多数用意されています。
社内用のツールやチャットボット、外部情報の共有、パフォーマンスのチェックなど、
さまざまなアプリの開発が可能です。

【本書の概要】
本書はSlack APIやBoltフレームワークを利用して
オリジナル機能を追加したSlackアプリを開発する手法を
丁寧に解説した書籍です。
オリジナル機能を加えてより便利な
コミュニケーションツールを開発できます。

【対象読者】
Webアプリ開発者

【開発言語】
JavaScript

【主な開発環境】
・OS:macOS
・SDK:Bolt for JavaScript
・API:Slack API
・Node.js (JavaScript実行環境)
・npm(パッケージ管理ツール)
・ngrok(外部公開用のURL)

【本書のポイント】
現役のヤフーのエンジニアがおすすめする、
・ランチをのお店をおすすめするボット
・申請フォーム
・Giphyアプリ
・リマインダーアプリ
など、多彩なSlackアプリの開発方法がわかります。

【著者】
伊藤 康太、道内 尊正、吉谷 優介。
いずれもヤフーのエンジニア。


Chapter 1 Slackアプリとは
01 基本的なSlackの概念
02 Slackアプリの概要
03 Web APIで情報を送る・Slackを操作する
04 まとめ

Chapter 2 Slackアプリ開発をはじめよう
01 本書の開発環境を構築する
02 ワークスペースを作成する
03 Slackアプリを作成する
04 機能・権限一覧
05 ボットユーザを作る
06 ワークスペースにSlackアプリをインストールする
07 まとめ

Chapter 3 チャンネルに投稿しよう
01 チャンネルへの投稿に使う機能の紹介
02 メッセージの作り方
03 APIクライアントの紹介
04 まとめ

Chapter 4 Slackアプリのサーバサイドを実装しよう
01 インタラクティブなSlackアプリを作るには
02 ngrokを利用する
03 Boltとは
04 Boltを利用する
05 スラッシュコマンドを利用したSlackアプリを作る
06 Events APIを利用したSlackアプリを作る①
07 Events APIを利用したSlackアプリを作る②
08 Events APIを利用したSlackアプリを作る③
09 Events APIを利用したSlackアプリを作る④
10 まとめ

Chapter 5 ランチのお店を選んでくれるボットを作ろう
01 ボットで使う機能
02 /lunchコマンドでおすすめのお店を表示する
03  「他のお店をみる」ボタンを付ける
04 毎日11:50に実行するように設定する
05 まとめ

Chapter 6 便利な申請フォームを作ろう
01 申請フォームに使う機能
02 ヘルプデスクへの問い合わせを行うSlackアプリを作ろう
03 まとめ

Chapter 7 住所を投稿したら地図を表示する地図アプリを作ろう
01 地図アプリで使う機能
02 Google Maps Platform(Maps Static API)の機能とAPIキーの取得
03 投稿した住所の地図を表示する地図アプリを作ろう
04 まとめ

Chapter 8 Giphyアプリを作ろう
01 Giphyアプリで使う機能
02 エフェメラルメッセージからスタンプを投稿する
03 まとめ

Chapter 9 他の人にリマインドするリマインダーアプリを作ろう
01 リマインダーをAPIから設定する
02 モーダルを利用する
03 リマインドを送る
04 Datepickerを追加する
05 ユーザを選択して送れるようにする
06 まとめ

Chapter 10 複数のワークスペースで動作するSlackアプリを作ろう
01 OAuthを利用するメリット
02 OAuthフローを実装する
03 Slackアプリ管理画面を設定する
04 複数のワークスペースでトークンを使い分ける
05 まとめ

Chapter 11 デプロイ・運用について
01 Herokuを利用する
02 AWSにBotをデプロイする
03 Google Cloud Runを利用する
04 まとめ

付属データはこちら

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年01月22日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 163
図6.19
2021.01.22