Pythonで動かして学ぶ!Kaggleデータ分析入門(株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 篠田 裕之)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. Pythonで動かして学ぶ!Kaggleデータ分析入門

Pythonで動かして学ぶ!Kaggleデータ分析入門 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798165233
定価:
本体2,600円+税
仕様:
A5・368ページ
分類:
データサイエンス
シリーズ:
AI & TECHNOLOGY

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大のデータ分析コンペサイト
Kaggle(カグル)に挑戦して
データ分析の基礎知識を身に付けよう!

【本書の概要】
本書はこれからデータ分析をはじめたいと思っている方や、
Kaggleに興味のあるデータ分析の初心者に向けて、
Pythonの実際のコードとともに丁寧に解説した書籍です。
データ分析で必要な一般的な知識とともに、
Kaggleへチャレンジするフローや、
Kaggleの初心者向けコンペへの取り組み方を紹介します。
データ分析や機械学習の一端に触れ、
実際に課題を解決するプロセスを体感できます。

【本書の対象読者】
・データサイエンティストを目指す学生
・データ分析に興味はあるが、あまり経験や知見がないデータ分析の初学者の方

【本書のポイント】
Kaggleの初心者向けチュートリアル「Titanicコンペ」「House Pricesコンペ」について、
分析の準備から結果の考察、そして精度を上げるプロセスを
ステップバイステップでコードとともに、わかりやすく解説しています。

【本書より扱うコンペの特徴:本書より抜粋】
・Titanicコンペの特徴
乗客ごとに性別や年齢、乗船チケットクラスなどのデータが、
生存したか死亡したかのフラグとともに与えられています。
生死に影響する属性の傾向をデータから分析して、
生死がわからない(予測用に隠されている)乗客について、
生死結果を予測することが目的です。

・House Pricesコンペの特徴
与えられるデータは、住宅ごとの築年数、設備、広さ、エリア、ガレージに入る車の数など、
79個の説明変数および、目的変数としての物件価格を含みます。
1460戸の学習データが与えられ、そのデータをもとにモデルを作成し、
1459戸の家の価格を予測します。

【著者プロフィール】
篠田 裕之(しのだ・ひろゆき)
広告会社で、ビッグデータを活用したメディアソリューション開発を行う。
データ分析やデータビジュアライゼーションに関するセミナー登壇、執筆多数。


Prologue:Kaggleで実践的なスキルを体験しよう!
Chapter1:Kaggleとは
Chapter2:データ分析の手順、データ分析環境の構築
Chapter3:Kaggleコンペにチャレンジ(1):Titanicコンペ
Chapter4:Kaggleコンペにチャレンジ(2):House Pricesコンペ
Chapter5:さらなるデータサイエンス⼒向上のためのヒント
Appendix:Kaggle Days ToKyo 2019 レポート

付属データは、まだ公開されておりません。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。