オラクルマスター教科書 Bronze DBA Oracle Database Fundamentals(渡部 亮太 岡野 平八郎 鈴木 俊也 日本オラクル株式会社 株式会社コーソル 教育/技術推進チーム)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. オラクルマスター教科書 Bronze DBA Oracle Database Fundamentals

オラクルマスター教科書 Bronze DBA Oracle Database Fundamentals




監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798166360
定価:
4,180(本体3,800円+税10%)
仕様:
A5・400ページ
分類:
ベンダー資格
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
オラクルマスター教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本オラクル株式会社監修
新試験「Bronze DBA Oracle Database Fundamentals」の学習書!

2020年2月に開始された、オラクルマスターの新しい試験
「Bronze DBA Oracle Database Fundamentals(試験番号1Z0-085)」
に合格すると、オラクルマスター資格「ORACLE MASTER Bronze DBA」を取得できます。
本書はこの試験のための学習書で、次のような特徴を持っています。

・日本オラクル株式会社の監修のもと、データベース技術力に定評のある
 株式会社コーソルの教育/技術推進チームが執筆
・出題範囲を網羅し、かつ「試験に出るところ」を一冊に凝縮
・各章末に豊富な練習問題、巻末に模擬試験1回分を掲載
・巻末の模擬試験に画面上でトライできるWebアプリ付き


日本オラクル株式会社監修。株式会社コーソル著

監修者より

ORACLE MASTER Bronze DBA 2019は、Oracle Database 19cまでの複数のリリースに対応したOracle Database管理の基礎知識を証明するORACLE MASTER認定資格で、Oracle Databaseのアーキテクチャから運用管理の基本までカバーするOracle Database技術者への第一歩として最適な資格です。本書籍では、試験の出題トピックを分かりやすく解説することを心がけて監修しました。

わかりやすい解説!

出題範囲を網羅し、かつ「試験に出るところ」を一冊に凝縮。図を多用し、わかりやすく解説しています。

豊富な練習問題!

各章末に豊富な練習問題、巻末に模擬試験1回分を掲載しています。

模擬試験アプリ付き

巻末の模擬試験に画面上でトライできるWebアプリ付き。スマホやタブレットを使って、空き時間に学習するのに便利です。

※紙の書籍と電子書籍でレイアウトが異なります。

第1章 Oracleデータベース管理の概要
1-1 データベースの基礎知識
1-2 SQLの基礎知識
1-3 Oracleデータベースの概要
1-4 Oracleデータベースの基本的な動作と構造
練習問題

第2章 Oracleソフトウェアのインストールとデータベースの作成
2-1 Oracleソフトウェアのインストール
2-2 Oracleデータベースの作成
練習問題

第3章 Oracle Enterprise Manager Database ExpressおよびSQL管理ツールの使用
3-1 Oracle Enterprise Manager Database Express
3-2 SQL*Plus
練習問題

第4章 Oracle Network環境の構成
4-1 Oracleデータベースへ接続するソフトウェア
4-2 リスナーの起動/停止と設定
4-3 クライアントからの接続
練習問題

第5章 Oracleインスタンスの管理
5-1 インスタンス
5-2 インスタンスの起動/停止
5-3 メモリーコンポーネントの管理
練習問題

第6章 データベース記憶域構造の管理
6-1 データベースファイル
6-2 表領域
6-3 表領域の作成・拡張・削除
6-4 UNDO表領域と一時表領域
練習問題

第7章 ユーザーおよびセキュリティの管理
7-1 ユーザーの作成・変更・削除
7-2 権限の管理
練習問題

第8章 スキーマオブジェクトの管理
8-1 スキーマ
8-2 データ型・制約と表の作成
8-3 表の削除とごみ箱
8-4 索引とビュー
8-5 データの管理
練習問題

第9章 データベースの監視およびアドバイザの使用
9-1 データベースの監視
9-2 Oracle自己監視アーキテクチャ
9-3 アドバイザによるパフォーマンスの診断
練習問題

第10章 バックアップ・リカバリの概要と可用性を高める構成
10-1 バックアップ・リカバリの概要
10-2 可用性を高める構成
練習問題

模擬試験 問題・解答

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年08月23日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 033
「2-1-2 前提条件の確認」の脚注「注1」
3刷
Oracle Databaseのマニュアルは、https://www.oracle.com/jp/documentation/manual.html からアクセス可能です。「データベース」→「Oracle Database」→対象バージョンとたどってください(2020年8 月時点)。
Oracle Databaseのマニュアルは、https://www.oracle.com/jp/database/technologies/oracle-databasedocumentation.html からアクセス可能です(2021年6月時点)。
2021.08.23
1刷 040
「⑧権限のあるオペレーティング・システム・グループ」の上の文章1行目
3刷
すでにイベントリが存在する場合、この画面はスキップされます。
すでにインベントリが存在する場合、この画面はスキップされます。
2021.08.23
1刷 054
練習問題 問題1 解説の1行目
2刷
トップディレクトリ(最上階層)を指定し、
トップディレクトリ(最上階層)になる、
2021.05.07
1刷 063
図3-1 右側の枠内
2刷
インスタンス
データベース
2021.05.07
1刷 065
「3-1-4 EM Express のページ」の脚注「注4」
3刷
Oracle 18c まではEM Express でFlash を使用しているため、Web ブラウザにFlash プラグインをインストールしておく必要があります。
EM Express は当初Adobe Flash で実装されていましたが(Flash 版)、Flash のサポート終了を受けて、Flashを使用しない実装方式に変更されました(JET 版)。JET 版では「パフォーマンス」のみに機能が制限されています。なお、Bronze DBA 試験では、Flash 版、JET 版で共通する内容のみが問われます。
2021.08.23
1刷 066
「画面3-2」の下の文章
3刷
EM Expressでは次の管理作業を実行可能です。 ●初期化パラメータの編集 ●表領域の管理(作成、変更、削除) ●UNDO 管理(表領域の切替え、分析パラメータの編集) ●REDO ログファイルの管理(追加、削除、多重化) ●制御ファイルの管理(トレースにバックアップ) ●ユーザーの管理(作成、変更、削除) ●ロールの管理(作成、削除) ●ADDM によって検出されたパフォーマンスの結果と推奨事項の表示 ●AWR に取得した統計の表示 ●SQL チューニングアドバイザの実行
EM Expressでは次の管理作業を実行可能です(JET版では※のみ)。 ●初期化パラメータの編集 ●表領域の管理(作成、変更、削除) ●UNDO 管理(表領域の切替え、分析パラメータの編集) ●REDO ログファイルの管理(追加、削除、多重化) ●制御ファイルの管理(トレースにバックアップ) ●ユーザーの管理(作成、変更、削除) ●ロールの管理(作成、削除) ●ADDM によって検出されたパフォーマンスの結果と推奨事項の表示 ※ ●AWR に取得した統計の表示 ※ ●SQL チューニングアドバイザの実行 ※
2021.08.23
1刷 090
コード「例4-3:「lsnrctl status」コマンドによるリスナーの状態確認(停止している場合)」4行目
3刷
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=)(PORT=1521))に接続中
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=edvmr1p0.us.oracle.com)(PORT=1521))に接続中
2021.08.23
1刷 091
コード「例4-4:「lsnrctl status」コマンドによるリスナーの状態確認(起動している場合)」4行目、「例4-5:「lsnrctl services」コマンドによるリスナーの状態確認(停止している場合)」4行目
3刷
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=)(PORT=1521))に接続中
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=edvmr1p0.us.oracle.com)(PORT=1521))に接続中
2021.08.23
1刷 092
コード「例4-6:「lsnrctl services」コマンドによるリスナーの状態確認(起動している場合)」4行目
3刷
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=)(PORT=1521))に接続中
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=edvmr1p0.us.oracle.com)(PORT=1521))に接続中
2021.08.23
1刷 130
表5-5の4~5行目
2刷
MEMORY_MAX_TARGET   …(中略)…   ○ 変更可 MEMORY_TARGET       …(中略)…   × 変更不可
MEMORY_MAX_TARGET   …(中略)…   × 変更不可 MEMORY_TARGET       …(中略)…   ○ 変更可
2020.10.14
1刷 190
コード 6行目
2刷
[oracle@ol78n12 ~]$ sqlplus user02/Password123
$ sqlplus user02/Password123
2021.05.07
1刷 234
図8-15「ブランチ」一番左の枠内
2刷
11~40
21~40
2021.05.07
1刷 257
「9-3-1 様々なアドバイザ」本文2行目、表9-2のキャプション
3刷
本文2行目 12cで使用できるアドバイザを表9-2 にまとめています。 表9-2のキャプション Oracle Database 12で使用できるアドバイザ
本文2行目 12c~19cで使用できるアドバイザを表9-2 にまとめています。 表9-2のキャプション Oracle Database 12c~19cで使用できるアドバイザ
2021.08.23
1刷 288
「問題3」の上の文章2行目
3刷
すべてのデータベースファイルです(選択肢Aは正解、選択肢Dは不正解)。
すべてのデータファイルと制御ファイルとSPFILEです(選択肢Aは正解、選択肢Dは不正解)。
2021.08.23
1刷 313
問題50の3行目
2刷
DROP TABLESPACE customers INDLUDING CONTENTS AND DATAFILES;
DROP TABLESPACE customers INCLUDING CONTENTS AND DATAFILES;
2021.02.17
1刷 335
問題43の解説 2行目
2刷
メモリーを指定します
メモリーのサイズを指定します
2021.05.07
1刷 iv
図0-1内の一番上の吹出し
2刷
12cからCDBが非推奨となり、
12cから非CDBが非推奨となり、
2021.01.25
1刷 vi
表0-3:試験要項
2刷
試験料(税抜) 26,600円 ※2020年8月時点のデータです。
試験料(税込) 32,340円 ※2021年3月時点のデータです。
2021.05.07