プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで(及川 卓也 曽根原 春樹 小城 久美子)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで

プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで




形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798166391
定価:
2,970(本体2,700円+税10%)
仕様:
A5・432ページ
分類:
開発管理

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界水準のプロダクトマネージャーの叡智は
この1冊で完璧に得られる

Google、Microsoft、SmartNewsなどのプロダクト、
BtoCおよびBtoB領域で国内のみならずグローバル展開に
携わってきた百戦錬磨の著者陣が
日本とシリコンバレーのあらゆる知見を詰め込み書き上げた、
プロダクトマネジメントの決定版。

あらゆるモノがIT化する現代では、
プロダクトの成功を抜きに、ビジネスを語ることはできない。

事業戦略、IT開発、UXデザイン、マーケティング、
カスタマーサクセス、セキュリティ、知的財産、組織運営……。
何をどこまでおさえればいいのか?
本書はその海図となって、ビジネスを成功に導く。

プロダクトマネジメントに欠かせない
知識、スキル、方法論、マインドセットを網羅しているため
●新事業・新サービス開発
●既存事業テコ入れ
●DX
●起業
●スタートアップ
にかかわるすべてのマネージャー、エンジニア、デザイナーにとっては
必読の完全保存版である。

【目次概要】
PartⅠ プロダクトの成功
PartⅡ プロダクトを育てる
PartⅢ ステークホルダーをまとめ、プロダクトチームを率いる
PartⅣ プロダクトの置かれた状況を理解する
PartⅤ プロダクトマネージャーと組織の成長
PartⅥ プロダクトマネージャーに必要な基礎知識


世界水準のPMの英知はこの1冊で完璧に得られる
いま何が求められているのか?
どのような開発手法・チーム体制をとればよいか?
プロダクトマネジメントに携わってきた百戦錬磨の執筆陣がこれらの疑問を徹底解説。
180点超の図版でわかりやすく解説。

180点超の図版でわかりやすく解説。

ケーススタディを通してより実践的に学べる。

ケーススタディを通してより実践的に学べる。

400ページ超の大充実内容。永久保存版。

400ページ超の大充実内容。永久保存版。

■PART Ⅰ プロダクトの成功

Chapter 1 プロダクトの成功とは
1.1 プロダクトの成功を定義する3要素
1.2 プロダクトの成功はバランス
1.3 プロダクトステージごとの成功

Chapter 2 プロダクトマネージャーの役割
2.1 プロダクトマネージャーの2種類の仕事
2.2 プロダクトとは
2.3 プロダクトをつくるチーム

Chapter 3 プロダクトマネージャーの仕事とスキルの全体像
3.1 プロダクトを網羅的に検討するための4階層
3.2 プロダクトマネージャーに必要なスキル

■PART Ⅱ プロダクトを育てる

Chapter 4 プロダクトの4階層
4.1 プロダクトのCore:ミッションとビジョン、事業戦略
4.2 プロダクトのWhy:「誰」を「どんな状態にしたいか」、なぜ自社がするのか
4.3 プロダクトのWhat:ユーザー体験、ビジネスモデル、ロードマップ
4.4 プロダクトのHow:ユーザーインターフェース、設計と実装、Go To Marketなど
4.5 プロダクトの4階層の中における仮説検証
4.6 プロダクトの方針を可視化する
4.7 プロダクトをつくる心構え

Chapter 5 プロダクトのCore
5.1 プロダクトが向かうミッションとビジョン
5.2 事業戦略
ケーススタディ:プロダクトのCoreの検討

Chapter 6 プロダクトのWhy
6.1 ターゲットユーザーと価値の組合せを選ぶ
6.2 なぜ自社がするのか
6.3 ペインとゲインの仮説検証
6.4 プロダクトのCoreとのFit & Refine
ケーススタディ:プロダクトのWhyの検討

Chapter 7 プロダクトのWhat
7.1 解決策を発想する
7.2 何をつくるのか―ユーザー体験
7.3 何をつくるのか―ビジネスモデル
7.4 どのような優先度で取り組むか
7.5 プロダクトのWhyとのFit & Refine
ケーススタディ:プロダクトのWhatの検討

Chapter 8 プロダクトのHow
8.1 プロダクトバックログをつくる
8.2 ユーザーにプロダクトを提供する仕組みを整える(GTM)
8.3 リリースの前にすべきこと
8.4 プロダクトのWhatとのFit & Refine
8.5 リリースする
8.6 次の改善のために
ケーススタディ:プロダクトのHowの検討

■PART Ⅲ ステークホルダーをまとめ、プロダクトチームを率いる

Chapter 9 プロダクトマネージャーを取り巻くチーム
9.1 代表的な他の役割との責任分担
9.2 プロダクトマネージャーの組織
9.3 「ステークホルダーをまとめ、プロダクトチームを率いる」とは

Chapter 10 チームとステークホルダーを率いる
10.1 多拠点がある場合の情報共有で注意すべきこと
10.2 プロダクトに関する情報の透明化
10.3 チームビルディング

Chapter 11 チームでプロダクトをつくるためのテクニック
11.1 ドキュメンテーション
11.2 コーチング
11.3 ファシリテーション
11.4 プレゼンテーション
11.5 ネゴシエーション

■PART Ⅳ プロダクトの置かれた状況を理解する

Chapter 12 プロダクトステージによるふるまい方の違い
12.1 プロダクトのライフサイクルの捉え方
12.2 ステージごとの違いを理解する

Chapter 13 ビジネス形態によるふるまい方の違い
13.1 BtoCプロダクト
13.2 BtoBプロダクト

Chapter 14 未知のビジネスドメインに挑む
14.1 なぜビジネスドメイン知識が必要なのか
14.2 未知のビジネスドメインに挑むときのふるまい方―グローバル展開
14.3 未知のビジネスドメインを学ぶ方法
14.4 ドメイン知識をプロダクトチームで理解する
14.5 ビジネスドメインの法規制を理解する

Chapter 15 技術要素の違いによるふるまい方の違い
15.1 ハードウェアプロダクト
15.2 AIプロダクト

■PART Ⅴ プロダクトマネージャーと組織の成長

Chapter 16 プロダクトマネジメントと組織
16.1 プロダクトマネジメントを組織に導入する方法
16.2 プロダクト志向組織への移行ステップ
16.3 ジョブディスクリプションにより責任範囲を明確にする

Chapter 17 プロダクトマネージャーのスキルの伸ばし方
17.1 プロダクトマネージャーになるための方法
17.2 プロダクトマネージャーとしてのスキルの育て方
17.3 プロダクトマネージャーに求められる知識の適度な深さとは
17.4 知識やスキルをアップデートする方法
17.5 W型モデルで自分のスキルをマッピングしてみよう

Chapter 18 プロダクトマネージャーのキャリア
18.1 プロダクトマネージャーの肩書と役割
18.2 プロダクトマネージャーを務めたあとのキャリア

■PART Ⅵ プロダクトマネージャーに必要な基礎知識

Chapter 19 ビジネスの基礎知識
19.1 収益、コスト、ビジネス環境の基礎知識
19.2 パートナーシップを構築する
19.3 指標を計測し、数字を読む
19.4 知的財産の扱い

Chapter 20 UXの基礎知識
20.1 UIデザイン、UXデザインの基礎知識
20.2 マーケティング施策
20.3 プライバシーポリシーと利用規約をつくる

Chapter 21 テクノロジーの基礎知識
21.1 プロダクトの品質を保つ
21.2 開発手法の基礎知識
21.3 ソフトウェアの基礎知識
21.4 セキュリティを強化する

Appendix 1 プロダクトマネージャーのためのセルフチェックリスト
Appendix 2 プロダクトの4階層とフレームワークの対応表
Appendix 3 推薦図書と講座

付属データは、まだ公開されておりません。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年09月30日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 125
図表7-Eの一列目3行
3刷
行動
思考
2021.03.31
1刷 149
下から13行目
3刷
営業部隊をより効果的に支援するために、営業リストの優先順位づけや、顧客からの要望をプロダクト戦略に吸い上げるた優先度づけも担当する。
営業部隊をより効果的に支援するために、営業リストの優先順位づけや、顧客からの要望をプロダクト戦略に吸い上げるための優先度づけも担当する。
2021.03.31
1刷 248
「14.2.5 参入対象国の選び方」6行目、9行目
2刷
TransferWise
Wise

刊行後に社名が変更になりました。
p249の以下5箇所も同様に修正します。
1行目、4行目、7行目、8行目、10行目
2021.03.31
1刷 252
「14.3.4 トレードオフを発見する」2行目
6刷
である(図表14-6)。
である。
2021.09.30
1刷 324
本文1~3行目
2刷
前者は毎月、4半期、毎年といった定期的にユーザーに問いかけるものであり、リレーショナルNPSは時期に関係なく何らかのプロダクト体験の終わりに
前者は時期に関係なく何らかのプロダクト体験の終わりに問いかけるものであり、リレーショナルNPSは毎月、4半期、毎年といった定期的にユーザーに

「毎月、4半期、毎年といった定期的にユーザー」と「時期に関係なく何らかのプロダクト体験の終わり」が逆になっていました。
2021.03.31
1刷 337
下から2行目
4刷
CAGR=(155-100)
CAGR=(155÷100)
2021.05.06
1刷 388
「図表21-21」の下~次ページ1行目の文章
4刷
SQL とよく比較されるデータベース形式にNoSQL とよばれるものがある。図表21-21 のようにデータの格納方法が表形式のSQL に対して、JSON やXML という形式でデータを保存するものが代表的である。NoSQL ではデータをKey とValue というペアでデータを保存する。そのため取得はSQL ではなくプログラミング言語を使って行う。 SQL は複雑なデータ構造を管理することに向いているが、既存の表に新たな列を追加するといった対応は、他のテーブルとの関連を考慮する必要があり慎重を要する。NoSQL はプログラミング言語を通してデータを取得する方法もあり、その性能はアプリの品質に依存する。Google BigQuery のようにNoSQL のデータベース形式であってもSQL のクエリーと同様に情報を取得できる方法もある。
SQL と対になる言葉にNoSQL(Not Only SQL)がある。SQL 以外のインターフェースでもアクセスできるデータベースの総称である。データベースにアクセスするためにプログラミング言語を使うことができる。たとえばGoogle BigQueryはSQL とプログラミング言語の両方で扱えるNoSQL である。 一般的に、SQL だけでアクセスできるデータベースは表のように管理されているため、データの一貫性が担保され検索性が高く、既存の表に新たな行を追加することは容易だが、列を追加すると表の構造が変わるため、慎重な検討が必要になる。一方NoSQL では、表ではなく図表21-21 のように Key と Value というペアでデータを保存する方式が代表的である。そのため、さまざまな形式のデータを保存することができ、一般的に処理が高速で拡張しやすいともいわれている。
2021.05.13