SCRUMMASTER THE BOOK 優れたスクラムマスターになるための極意――メタスキル、学習、心理、リーダーシップ 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. SCRUMMASTER THE BOOK 優れたスクラムマスターになるための極意――メタスキル、学習、心理、リーダーシップ

SCRUMMASTER THE BOOK 優れたスクラムマスターになるための極意――メタスキル、学習、心理、リーダーシップ


翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳
翻訳

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798166865
価格:
2,750(本体2,500円+税10%)
カテゴリ:
開発管理
キーワード:
#開発環境,#開発手法,#プログラミング,#システム運用
電子書籍

「スクラムマスターは何をすればよいのか」に答えてくれる本

本書は、「スクラムチームの母」と呼ばれ、著名なスクラムトレーナーでもある著者が、
その経験則――スクラムマスターは何をすればよいのか――をまとめた、
Addison-Wesley Signature Series(Cohn)『The Great ScrumMaster: #ScrumMasterWay』
の日本語版です。

スクラムには、3つの役割があります。
プロダクトオーナー、開発チーム、スクラムマスターです。
プロダクトオーナーは、プロダクトの責任者であり、
開発チームは、プロダクトを開発します。
一方で、スクラムマスターは「サーバントリーダーであり、
促進と支援に責任を持つ」とあります(スクラムガイドより)。

これを読んで、何をすべきか理解できますか?
そう、スクラムマスターは、縁の下の力持ちであるがゆえに、
何をし、どのような姿勢でいればよいのか、理解が難しいロールなのです。
著者のZuzana Sochova氏も、本書の中で
「スクラムのロールの中で一番誤解されやすい」と述べています。

たとえば、突然、あなたはスクラムマスターを命じられたとします。
明日から、スクラムマスターとして、チームを支援していかなければなりません。

●何から始めたらよいでしょうか?
●スクラムマスターとして、どのようなスキルが必要でしょうか?
●これから起こる困難に、どのように立ち向かっていけばよいでしょうか?
●もっとチームが機能するにはどんな働きかけをしたらよいでしょうか?

本書は、これらの疑問に真っ直ぐに答えてくれます。

開発者としてスクラムチームに参加した当初は、
まったくスクラムが好きになれなかったという著者。
そして、その後スクラムの良さに気づき、
その「スクラムチームの母」となっていく経験を通じ、
「スクラムマスターというロールについてもっとよい説明が必要だ」と、
彼女自身が #ScrumMasterWay というコンセプトで始めた活動がもとになったこの本。

スクラムマスターだけでなく、アジャイルコーチや、
組織改革を担うリーダーにもぜひ読んでいただきたい一冊です。
組織改革に立ち向かうあなたに、知恵と勇気を与えてくれることでしょう。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

組織改革に立ち向かうあなたに、知恵と勇気を与えます。
「スクラムマスターは何をすればよいのか」に答えてくれる本
目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2020年09月15日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 vi
「日本語版に寄せて」執筆者名の下(Twitterアカウント)
2刷
@miholivesq
@miholovesq
2020.09.15

感想・レビュー

juve534 さん

2021-05-22

「スクラムマスターはなぜ必要なのか」から始まり、スクラムマスターに必要なスキルやメンタルモデル、振る舞いが解説されていた。今の自分のレベルでは一度理解するのは難しいが、身に染み込ませることで大きな力になりそうと感じた。

kuwa1 さん

2021-09-22

メソッドよりマインド寄りの本かな。アジャイルな組織は開発側だけじゃないんだなーという。

ataka さん

2021-03-25

「偉大なスクラムマスターを目標とする皆さんに、知るべきこと、試みるべきこと、調べるべきこと、などを提案するガイドブック」(訳者のあとがき) スクラムマスターの仕事に終わりはなく、チームを変化させ組織に変化の風を送ることが重要、と説きます。思えばスクラムをやるといいつつ、組織もチームも変えようとせずに、スクラムのツールだけを導入しているだけのスクラムマスターのなんと多いことでしょう。まずはスクラムマスターのマインドセットを整えましょう。という本です。ハウツーの話はあまり出てきません。