アフターコロナの経営戦略 コロナショックを生き延びる! 事業経営の実践ノウハウ(森 泰一郎)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. アフターコロナの経営戦略 コロナショックを生き延びる! 事業経営の実践ノウハウ

アフターコロナの経営戦略 コロナショックを生き延びる! 事業経営の実践ノウハウ


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798167695
定価:
本体1,600円+税
仕様:
四六・320ページ
分類:
経営・マーケティング

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウィズ(with)コロナ」を生き残り、「アフター(after)コロナ」を制する者は誰か?

本書では「ウィズコロナの世界」と「アフターコロナの世界」の2つのフェーズに分けて説明をしていく。
「ウィズコロナの世界」では、リーマンショックからコロナショックまでの11年間を捉え、
日本企業の経営戦略が本当に正しかったのかの再検討・再点検と、
それらを踏まえて、企業が取り組まなければならない「ウィズコロナ」を生き抜くための経営戦略上のポイントについて解説する。
「アフターコロナの世界」では、デジタル化が進展する中で、
サブスクリプション、デジタルトランスフォーメーション、事業変革(メタモルフォーゼ)、そしてSDGsという
経営戦略上の具体的に4つの重要な4つの要素トレンドを解説した上で、
業界ごとの最適な事例について説明を加えていく。

さまざまな統計データや企業の決算書を読み解きながらリアルに解説
多くの経営戦略の教科書は抽象的な議論が多く、なかなか実践をイメージすることが難しい。
だが事例集だと、ひとつひとつが独立していて、体系的に理解しづらい。
そこで本書では、上場企業の決算データや各種の統計データを多数紹介することで、リアルな事例をもとに戦略が理解できるようにした。
中小企業も含めて50以上の事例を掲載しているので、企業の事例集としても役立つだろう。

<登場する企業の事例(一部)>
・トヨタ自動車
・資生堂
・セブンイレブン
・IKEA
・杉養蜂園
・ヒバラコーポレーション
・青山フラワーマーケット

【目次】
第1部 「ウィズコロナ」の時代:日本企業が生き残るための経営戦略
第1章 「ニューノーマル」はやってくるか?
第2章 「選択と集中」の罠
第3章 今「イノベーション」に投資をすべきか?
第4章 コロナショックで浮き彫りとなった「グローバル化」と国内需要回帰

第2部 「アフターコロナ」の時代:「アフターコロナ」で勝ち抜く経営戦略
第5章 「アフターコロナ」の時代にすべての企業が採り入れるべきSDMSフレームワーク
第6章 小売業界から学べる4つのモデルの活かし方
第7章 製造業界から学べる4つのモデルの活かし方
第8章 IT業界から学べる4つのモデルの活かし方

第3部 「アフターコロナ」で日本企業が向かう先
第9章 「生き残り」から「脱・近視眼」へ
第10章 組織と人との関係はどうなるのか?


■第1部 「ウィズコロナ」の時代:日本企業が生き残るための経営戦略

第1章 「ニューノーマル」はやってくるか?
1-1 リーマンショック後を振り返る
1-2 キャッシュフロー・マネジメントの「ニューノーマル」
1-3 ROE経営の「ニューノーマル」
1-4 コロナショックが日本企業のあり方を変えるか?
1-5 「ニューエコノミー」は成立しない

第2章 「選択と集中」の罠
2-1 「ウィズコロナ」ではスピード感のある「選択と集中」が不可欠
2-2 「選択と集中」をするべきは本業ではなく、成長市場
2-3 「ウィズコロナ」でドラスティックな業態転換を成し遂げる方法

第3章 今、「イノベーション」に投資をすべきか?
3-1 イノベーションだけが正義か?
3-2 プロダクト・イノベーションではなくチャネルの見直しを
3-3 ビジネスモデルを大きく見直すことの価値

第4章 コロナショックで浮き彫りとなった「グローバル化」と国内需要回帰
4-1 人口減の中での「外部市場の価値」
4-2 グローバル化を行う意義は売上げだけではない
4-3 「どこ」視点を捨て、「なぜ」視点へ

■第2部 「アフターコロナ」の時代:「アフターコロナ」で勝ち抜く経営戦略

第5章 「アフターコロナ」の時代にすべての企業が採り入れるべきSDMSフレームワーク
5-1 「アフターコロナ」後の3年でどう差をつけるか?
5-2 ビジネスの土台がブランディングへ
5-3 短期の視点:サブスクリプション
5-4 中期の視点:デジタル・トランスフォーメーション (DX)
5-5 長期の視点:メタモルフォーゼ
5-6 超長期の視点:SDGs

第6章 小売業界から学べる4つのモデルの活かし方
6-1 サブスクリプション:ファッション業界から学ぶサブスクリプションモデル
6-2 DX:「ニューリテール」は広がるか?
6-3 メタモルフォーゼ:「コンビニエンス」でなくなったコンビニの未来
6-4 SDGs:IKEAとH&Mが取り組むサステナブル事業

第7章 製造業界から学べる4つのモデルの活かし方
7-1 サブスクリプション:エントリーモデルとしてのサブスクリプション
7-2 DX:富士通のデジタルツインプロジェクト
7-3 メタモルフォーゼ:中小企業がリードする製造業のメタモルフォーゼ
7-4 SDGs:サーキュラー・エコノミーで付加価値を生む方法

第8章 IT業界から学べる4つのモデルの活かし方
8-1 サブスクリプション:SaaSバブルは続くか?
8-2 DX:ITが変えるものづくり
8-3 メタモルフォーゼ:受託開発・SES業は自社サービスを持つべきか?
8-4 SDGs:IT業界がSDGsの中心に

■第3部 「アフターコロナ」で日本企業が向かう先

第9章 「生き残り」から「脱・近視眼へ」
9-1 生き抜くことと次への種まきの両立
9-2 「両利きの経営」を再考する
9-3 「アフターコロナ」で企業の時間軸はどうなるか?

第10章 組織と人との関係はどうなるのか?
10-1 人「材」から人「才」へ
10-2 「アフターコロナ」で重要なのは「顧客満足度」か「従業員満足度」か?
10-3 リモートワーク時代に生きがいを見つけることの重要性

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2020年08月31日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 042
2行目
美団的評
美団点評
2020.08.04
1刷 240
後ろから4行目
同社はもともとモニュメントの塗装やエアータンクの粉体塗装など、工業用の塗装業を営む企業であった。
同社はもともとインフラ関係の制御装置の塗装や発電所向け制御装置の塗装など、工業用の塗装業を営む企業であった。
2020.08.31
1刷 300
9行目
営業事務
営業
2020.08.21