アフターコロナの経営戦略 コロナショックを生き延びる!事業経営の実践ノウハウ 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. アフターコロナの経営戦略 コロナショックを生き延びる!事業経営の実践ノウハウ

アフターコロナの経営戦略 コロナショックを生き延びる!事業経営の実践ノウハウ 発売予定


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798168005
価格:
本体1,600円+税

本書籍の他の形式を確認する

購入はこちら

各ストアの電子書籍は準備中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウィズ(with)コロナ」を生き残り、「アフター(after)コロナ」を制する者は誰か?

本書では「ウィズコロナの世界」と「アフターコロナの世界」の2つのフェーズに分けて説明をしていく。
「ウィズコロナの世界」では、リーマンショックからコロナショックまでの11年間を捉え、
日本企業の経営戦略が本当に正しかったのかの再検討・再点検と、
それらを踏まえて、企業が取り組まなければならない「ウィズコロナ」を生き抜くための経営戦略上のポイントについて解説する。
「アフターコロナの世界」では、具体的に4つの重要なトレンドを解説した上で、
業界ごとの最適な事例について説明を加えていく。

さまざまな統計データや企業の決算書を読み解きながらリアルに解説
多くの経営戦略の教科書は抽象的な議論が多く、なかなか実践をイメージすることが難しい。
だが事例集だと、ひとつひとつが独立していて、体系的に理解しづらい。
そこで本書では、上場企業の決算データや各種の統計データを多数紹介することで、リアルな事例をもとに戦略が理解できるようにした。
中小企業も含めて50以上の事例を掲載しているので、企業の事例集としても役立つだろう。

【目次】
第1部 ウィズコロナの世界:日本企業が生き残るための経営戦略
第1章 「ニューノーマル」はやってくるか?
第2章 「集中と選択」の罠
第3章 今「イノベーション」に投資をすべきか?
第4章 コロナショックで浮き彫りとなった「グローバル化」と国内需要回帰

第2部 アフターコロナの世界:アフターコロナで勝ち抜く経営戦略
第5章 アフターコロナの世界にすべての企業が採り入れるべきSDMSフレームワーク
第6章 小売業界から学べる4つのモデルの活かし方
第7章 製造業界から学べる4つのモデルの活かし方
第8章 IT業界から学べる4つのモデルの活かし方
第9章 サービス業界から学べる4つのモデルの活かし方

第3部 アフターコロナで日本企業が向かう先
第10章 「生き残り」から「脱・近視眼」へ
第11章 組織と人との関係はどうなるのか?
第12章 アフターコロナにおける日本のあるべき姿とは?


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。