動画で「売れる仕組み」をつくる 認知・集客・見込客育成・販売・サポートがまるごとできるマーケティング戦略(前田 考歩)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 動画で「売れる仕組み」をつくる 認知・集客・見込客育成・販売・サポートがまるごとできるマーケティング戦略

動画で「売れる仕組み」をつくる 認知・集客・見込客育成・販売・サポートがまるごとできるマーケティング戦略


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798168081
定価:
1,980(本体1,800円+税10%)
仕様:
A5・224ページ
分類:
経営・マーケティング

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「動画は最強の販促ツール!」

ネットで知ってもらい、集客し、
モノやサービスを売る時代。
動画は24時間365日、
お客さんに営業してくれる頼もしい味方です。

でも
「動画なんて難しくて、お金もかかるのでつくれない」
「どこに配信すれば見てくれるのかわからない」
「継続して運用する時間もない」
といった理由で取り組まなかったり、
取り組んだとしても成果が出ないまま
放置されがちでした。

そこで本書は
「つくる」
「とどける」
「まわす」
の3つのポイントをおさえるだけで、
・動画を安く手軽につくれる
・相性の良いお客さんにとどけられる
・一度つくった動画を効率的にまわせる(運用できる)
ようになることを詳しく解説します。

数々の企業業績を向上させてきた
動画販促のプロが今日から実践できる
動画活用術を惜しみなく紹介!

【目次】
Introduction なぜ動画活用はうまくいかないのか?
Chapter1 動画活用の戦略を描く
Chapter2 動画活用の基本的な知識と考え方
Chapter3 動画を「つくる」
Chapter4 動画を「とどける」
Chapter5 動画を「まわす」
Appendix 活用シーンで学ぶ動画戦略


Introduction なぜ動画活用はうまくいかないのか?
Section 01 動画は販促と相性抜群
Section 02 動画活用プロジェクトが失敗する理由

Chapter 1 動画活用の戦略を描く
Section 01 動画活用の目的と成功の定義を決める
Section 02 「つくる」「とどける」「まわす」で考える
Section 03 手段の選択に影響を与える要素
Section 04 動画戦略図で全体を可視化する

Chapter 2 動画活用の基本的な知識と考え方
Section 01 動画に対する固定観念
Section 02 動画をめぐるクオリティの考え方
Section 03 動画制作のコスト構造
Section 04 要素の取捨選択の仕方
Section 05 ファイルサイズと媒体・筐体の特性
Section 06 情報量が多い動画の盲点
Section 07 動画でしか伝わらない動画化価値を考える
Section 08 情報の「図」と「地」で価値を絞り込む
Section 09 視聴者との関係性を把握する
Section 10 動画には2種類のクオリティがある
Section 11 制作者と視聴者の距離が縮まっている
Section 12 テクニカルなクオリティとオーセンティシティの関係
Section 13 内製・外注の核は動画戦略

Chapter 3 動を「つくる」
Section 01 動画を「つくる」企画・構成のメソッド
Section 02 際立たせるためのメソッド(1)誇張・諧謔
Section 03 際立たせるためのメソッド(2)擬人化
Section 04 際立たせるためのメソッド(3)比喩
Section 05 際立たせるためのメソッド(4)遊戯・競技
Section 06 際立たせるためのメソッド(5)収集
Section 07 際立たせるためのメソッド(6)置換
Section 08 際立たせるためのメソッド(7)逆転・順転
Section 09 際立たせるためのメソッド(8)図解
Section 10 際立たせるためのメソッド(9)比較
Section 11 伝えるための考え方 構成のためのモジュール
Section 12 伝えるためのメソッド(1)インタビュー
Section 13 伝えるためのメソッド(2)テレビショッピング
Section 14 伝えるためのメソッド(3)プレゼンテーション
Section 15 伝えるためのメソッド(4)ニュース
Section 16 伝えるためのメソッド(5)ステップ
Section 17 伝えるためのメソッド(6)ランキング
Section 18 伝えるためのメソッド(7)アニメーション
Section 19 伝えるためのメソッド(8)いってかえる
Section 20 伝えるためのメソッド(9)やってみた
Section 21 伝えるためのメソッド(10)ミニ番組
Section 22 伝えるためのメソッド(11)レビュー
Section 23 「つくる」のあるべき状態を決める

Chapter 4 動画を「とどける」
Section 01 動画をどこに置き、どのように見てもらうか?
Section 02 動画広告枠を使い分ける
Section 03 最適な媒体を選ぶ
Section 04 動画チャンネルで1か所に集める
Section 05 検索結果を媒体として使う
Section 06 メールやメッセージングサービスでとどける
Section 07 筐体にも配慮する
Section 08 「とどける」のあるべき状態を決める

Chapter 5 動画を「まわす」
Section 01 動画活用の運用体制を整える
Section 02 立上期の「つくる」体制を整える
Section 03 内製を定着させるコツ
Section 04 審査・チェックをスムーズに通す
Section 05 立上期の「とどける」体制を整える
Section 06 立上期の「つかう」体制を整える
Section 07 「まわす」のあるべき状態を決める
Section 08 実行期に視聴解析を行う
Section 09 適切な指標を設定する
Section 10 ヒアリングやアンケートで効果を測定する
Section 11 動画の内容や配信・運用方法を変更する
Column 社内に素材ストックシステムを構築する

Appendix 活用シーンで学ぶ動画戦略
Section 01 活用シーンを読み解くポイント
Section 02 見込客獲得・育成から商談につなげる
Section 03 学習コンテンツで見込客を育てる
Section 04 EC販促のコンバージョンを上げる
Section 05 検索結果を上位に表示させる
Section 06 顧客ロイヤリティを向上させる
Section 07 アフターフォローを省力化する
Section 08 オンボーディングを省力化する
Section 09 見込客・顧客を「学習者」として支援する
Section 10 マーケティング戦略で動画戦略図を使う
Column eラーニングコンテンツを充実させる

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年09月10日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 183
左列1行目から3行目
は、見込客が自社の営業社員に親近感や信頼感を得てもらえるよう必ず営業社員の顔を出すことにしました。
(削除となります)
2021.09.10
1刷 184
左列1行目
し、
きます。
2021.09.10
1刷 185
左列1行目
見込客・顧客に対応できるようになります。  訪問営業が今後一切行われなくなることは考えられませんが、訪問しかしない営業活動はなくなっていくで
(削除となります)
2021.09.10
1刷 185
右列最後から2行目
また、メーカーやベンダーにとっては当たり前すぎるノウ
(削除となります)
2021.09.10