法務教科書 ビジネス実務法務検定試験(R)2級 完全合格テキスト 2021年版(塩島 武徳)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 法務教科書 ビジネス実務法務検定試験(R)2級 完全合格テキスト 2021年版

法務教科書 ビジネス実務法務検定試験(R)2級 完全合格テキスト 2021年版 新刊


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798168340
定価:
本体3,500円+税
仕様:
A5・488ページ
分類:
ビジネス資格
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
法務教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出るとこだけで最短合格!

ビジネス実務法務検定試験の2級に、短期間で効率的に合格できるように、
ベテラン講師がメリハリをつけて解説しています。

■2021年度からIBT(インターネット経由での試験)に変わります!
詳細は、東京商工会議所ホームページでご確認ください。

■本書の対象読者・前提知識
本書は、3級検定の合格者または同等の法律知識を有する方を
対象としています。2級からの受験も、3級と2級の併願もできますが、
会社法上の株式会社の「株式」と「機関」、
民法上の「民法総則、担保物権、債権総則、典型契約」についての
前提知識がない方は、3級検定からの受験をお勧めします。

■試験対策に必要な参考書
本書と過去問題集をご準備ください。
本書と同じ章構成の『法務教科書 ビジネス実務法務検定試験(R)2級 精選問題集
2021年版』をあわせてご利用いただくと効果的です。

■本書の特長
1.頻出箇所を重点的に解説
・過去問分析に基づき、出題頻度がゼロまたは低い箇所は解説を省略
・法律用語は「用語」、出題されやすい項目は「補足」として欄外に掲載

2.アイコンや色文字等を多用したメリハリのある解説
・重要箇所には「重要!」アイコンと重要度レベル(3段階)を表示
・最近の出題箇所には「ここが出た」アイコンを表示
・キーワード・キーセンテンスを色文字で強調

3.節ごとの「ココをチェック!」と「確認問題」
・各節の冒頭に、頻出項目を「ココをチェック!」として一覧で紹介
・各節の最後に、学習の効果測定のため、○×式の「確認問題」を掲載

4.民法の改正点を解説
・改正民法(2017年5月成立、2020年4月〈一部は2022年4月〉施行)に
 基づいて記述し、重要事項は「民法ここが変わった!」で補足説明
・改正点の一覧を巻頭のチェックシートとして掲載

■目次
第1章 株式会社の組織と運営
第2章 企業取引の法務
第3章 企業財産の管理・活用と法務
第4章 債権の管理と回収
第5章 企業活動に関する法規制
第6章 企業と従業員の関係
第7章 紛争の解決方法
第8章 国際法務(渉外法務)


巻頭チェックシート「要点|改正民法ここが変わった!」

第1章 株式会社の組織と運営
1 株式会社の設立
2 株式
3 株式会社の機関
4 組織再編行為
5 株式会社に関するその他の論点

第2章 企業取引の法務
1 典型契約
2 民法以外の法律が規定する取引形態
3 損害賠償責任に関する法律関係

第3章 企業財産の管理・活用と法務
1 知的財産権の管理と活用
2 流動資産と固定資産

第4章 債権の管理と回収
1 民法規定に基づく債権の担保・回収方法
2 債権の強制的回収と倒産処理

第5章 企業活動に関する法規制
1 独占禁止法、下請法、不正競争防止法
2 消費者保護のための法律

第6章 企業と従業員の関係
1 企業と従業員の関係

第7章 紛争の解決方法
1 民事訴訟法

第8章 国際法務(渉外法務)
1 国際法務(渉外法務)

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年01月22日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 407
下から2行目
(データベース提供罪。個人情報保護法83条)。
(データベース提供罪。個人情報保護法84条。その者が属する法人には1億円以下の罰金刑。87条1項1号)。

改正個人情報保護法(令和2年6月12日公布、令和2年12月12日施行分)に基づく修正
2021.01.22
1刷 408
補足44
個人情報保護委員会から求められた報告をしない者は30万円以下の罰金刑に、同委員会からの命令に違反した者は6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金刑に処せられる(個人情報保護法85条、84条)。
個人情報保護委員会から求められた報告をしない者は50万円以下の罰金刑に、同委員会からの命令に違反した者は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑(法人は1億円以下の罰金刑)に処せられる(個人情報保護法85条、83条、87条1項1号)。

改正個人情報保護法(令和2年6月12日公布、令和2年12月12日施行分)に基づく修正
2021.01.22