実践TLA+(Hillel Wayne 株式会社クイープ 株式会社クイープ)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 実践TLA+

実践TLA+


翻訳
監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798169163
定価:
3,850(本体3,500円+税10%)
仕様:
A5・272ページ
分類:
プログラミング・開発

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

設計だってテストしたい!

【本書の内容】
本書は
Hillel Wayne, "Practical TLA+",
Apress, 2018
の邦訳版です。

複雑精緻なシステムを構築する際に、設計そのもの、仕様そのものにバグがないかをテストできたら、もう少し幸せな開発人生を送れそうな気がします。

本書は送金システムの小規模な仕様からTLA+を使ってヤバいバグを発見するところから始まります。この小さなサンプルをもとに、より良いアプリケーションの設計・テスト・構築に、どのようにTLA+を使えばよいかを理解し、実際のプロジェクトに援用できるよう、TLA+の演算子、論理、関数、PlusCal、モデル、および同時実行の基礎を学びます。

設計図の整理の仕方、分散システムや最終的な整合性の指定の仕方を学んだら、アルゴリズムのパフォーマンスやデータ構造、ビジネスコードやMapReduceなど、さまざまな実用的な問題にTLA+を適用し、ケーススタディのアプリケーションを使って実践します。

TLA+の生みの親であるLeslie Lamportも、理論的背景を脚注で解説するなど、最先端のシステム開発テクノロジーのコアに触れることのできる1冊です。

【本書のポイント】
・TLA+の言語仕様を手を動かしながら学べる
・小さなサンプルから並行処理や分散システムまでTLA+を適用できるようになる
・短時間で読み終わるものの滋養は豊富

【読者が得られること】
・TLA+が理解できる
・TLA+を使ったシステム開発に乗り出せる
・上流からテスト駆動ができる
・バグの少ないシステムを構築できる

【対象読者】
・アーキテクト
・デベロッパー
・エンジニア

【著者について】
●Hillel Wayne(ヒレル・ウェイン)
形式手法と仕様記述を専門とするソフトウェアコンサルタント。経験工学、ソフトウェアの歴史、教育などについても造詣が深い。ジャグリングとチョコレート作りが趣味。
シカゴ在住。その他の活動は、hillelwayne.comまたはTwitterの@hillelogramでご覧いただける。


本書のポイント
本書の内容
付録と対象読者

付録

  • 付録A‥数学の速習講座です。単純な集合論と、TLA+で仕様を記述する際に役立つ論理を紹介します。
  • 付録B ‥PT モジュールを掲載しています。
  • 付録C ‥様相論理やアクションなど、TLA+のベースとなっている数学について説明します。

第0章 はじめに
0.1 本書で教えること
0.2 本書では取り上げないこと
0.3 本書の前提条件
0.4 本書の構成
0.5 最初の準備

■第1部 TLA+とPlusCalのセマンティクス

第1章 例
1.1 問題
1.2 複数のプロセス
1.3 時相特性
1.4 まとめ

第2章 PlusCal
2.1 はじめに
2.2 仕様
2.3 PlusCalアルゴリズムの本体
2.4 複雑な振る舞い
2.5 まとめ

第3章 演算子と関数
3.1 演算子
3.2 不変条件
3.3 関数
3.4 例
3.5 まとめ

第4章 定数、モデル、インポート
4.1 定数
4.2 TLCランタイム
4.3 インポート
4.4 まとめ

第5章 並行処理
5.1 ラベル
5.2 プロセス
5.3 プロシージャ
5.4 例
5.5 まとめ

第6章 時相論理
6.1 停止性
6.2 時相演算子
6.3 活性の制限
6.4 例
6.5 まとめ

■第2部 TLA+の適用

第7章 アルゴリズム
7.1 シングルプロセスアルゴリズム
7.2 Max
7.3 Leftpad
7.4 アルゴリズムの特性
7.5 マルチプロセスアルゴリズム
7.6 まとめ

第8章 データ構造
8.1 リンクリスト
8.2 検証
8.3 例
8.4 まとめ

第9章 状態機械
9.1 状態機械
9.2 実装の足場を組む
9.3 ゴースト変数
9.4 まとめ

第10章 ビジネスロジック
10.1 要件
10.2 予約を追加する
10.3 まとめ

第11章 MapReduce
11.1 問題の概要
11.2 第1ステージ:基本的な仕様
11.3 第2ステージ:Liveness
11.4 第3ステージ:ステータス
11.5 練習問題
11.6 まとめ

付録A 数学
A.1 命題論理
A.2 集合
A.3 述語論理

付録B PTモジュール

付録C PlusCalからTLA+へ
C.1 時相論理
C.2 アクション
C.3 TLA
C.4 PlusCalの制限

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年10月04日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 184
囲み「Note」した本文2行目
健全性検査として、library \in[Books -> NumCopies]をlibrary \in [Books -> NumCopies ++ 0]に置き換えて、TLCがエラーになることを確認しておこう。
健全性検査として、library \in[Books -> NumCopies ++ 0]をlibrary \in [Books -> NumCopies]に置き換えて、TLCがエラーになることを確認しておこう。
2021.10.04