実践TLA+ 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. 実践TLA+

実践TLA+


翻訳
監修

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798169385
価格:
3,850(本体3,500円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

設計だってテストしたい!

【本書の内容】
本書は
Hillel Wayne, "Practical TLA+",
Apress, 2018
の邦訳版です。

複雑精緻なシステムを構築する際に、設計そのもの、仕様そのものにバグがないかをテストできたら、もう少し幸せな開発人生を送れそうな気がします。

本書は送金システムの小規模な仕様からTLA+を使ってヤバいバグを発見するところから始まります。この小さなサンプルをもとに、より良いアプリケーションの設計・テスト・構築に、どのようにTLA+を使えばよいかを理解し、実際のプロジェクトに援用できるよう、TLA+の演算子、論理、関数、PlusCal、モデル、および同時実行の基礎を学びます。

設計図の整理の仕方、分散システムや最終的な整合性の指定の仕方を学んだら、アルゴリズムのパフォーマンスやデータ構造、ビジネスコードやMapReduceなど、さまざまな実用的な問題にTLA+を適用し、ケーススタディのアプリケーションを使って実践します。

TLA+の生みの親であるLeslie Lamportも、理論的背景を脚注で解説するなど、最先端のシステム開発テクノロジーのコアに触れることのできる1冊です。

【本書のポイント】
・TLA+の言語仕様を手を動かしながら学べる
・小さなサンプルから並行処理や分散システムまでTLA+を適用できるようになる
・短時間で読み終わるものの滋養は豊富

【読者が得られること】
・TLA+が理解できる
・TLA+を使ったシステム開発に乗り出せる
・上流からテスト駆動ができる
・バグの少ないシステムを構築できる

【対象読者】
・アーキテクト
・デベロッパー
・エンジニア

【著者について】
●Hillel Wayne(ヒレル・ウェイン)
形式手法と仕様記述を専門とするソフトウェアコンサルタント。経験工学、ソフトウェアの歴史、教育などについても造詣が深い。ジャグリングとチョコレート作りが趣味。
シカゴ在住。その他の活動は、hillelwayne.comまたはTwitterの@hillelogramでご覧いただける。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

本書のポイント
本書の内容
付録と対象読者

付録

  • 付録A‥数学の速習講座です。単純な集合論と、TLA+で仕様を記述する際に役立つ論理を紹介します。
  • 付録B ‥PT モジュールを掲載しています。
  • 付録C ‥様相論理やアクションなど、TLA+のベースとなっている数学について説明します。
目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年10月04日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 184
囲み「Note」した本文2行目
健全性検査として、library \in[Books -> NumCopies]をlibrary \in [Books -> NumCopies ++ 0]に置き換えて、TLCがエラーになることを確認しておこう。
健全性検査として、library \in[Books -> NumCopies ++ 0]をlibrary \in [Books -> NumCopies]に置き換えて、TLCがエラーになることを確認しておこう。
2021.10.04