ゲームメカニクス大全 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. ゲームメカニクス大全 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け

ゲームメカニクス大全 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け



翻訳

形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798169170
価格:
4,378(本体3,980円+税10%)
カテゴリ:
一般書
キーワード:
#生活情報,#芸術その他,#家事・住まい,#ビジネス教養
電子書籍
本書籍には新版があります
ゲームメカニクス大全 第2版 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け

すべてのゲームデザイナー/プランナーのための、
「遊びのしくみ」184のヒント

古典的なカードゲームから現代のアプリ連携ゲームまで、
数多のボードゲームがどのようにデザインされているのか、
ゲームの「メカニクス」を徹底的に分解し、
知識体系を構築しようとした野心的な一冊。

・ゲームの構造 ・ターンオーダーとターン構造
・アクション ・解決 ・ゲーム終了と勝利
・不確実性 ・エコノミー ・オークション
・ワーカープレイスメント ・移動
・エリアコントロール ・セットコレクション
・カードメカニクス
といった章に分かれており、
ボードゲームデザイナーだけでなく、ビデオゲームなど
すべてのゲームデザイナー/プランナーにとって
どのページから読み始めても興味深い示唆に富んでいます。

名著『Building Blocks of Tabletop Game Design』の邦訳、ついに登場です!

ゲーム調査協力:すごろくや

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

すべてのゲームデザイナーのための184のヒント集
本書の内容
ゲームを面白くする、148のメカニクス!

ゲームを面白くする、148のメカニクス!

「何となく」だったイメージを言語化するためのヒントが満載!既存ゲームの分析にも、新しいアイデアの具体化にも使えます。

どのページから開いても、ワクワクが止まらない!

どのページから開いても、ワクワクが止まらない!

「関連する項目」や本文での参照をたどればきっと、新しい発見やメカニクスどうしの関係性が見えてきます。

膨大な参考ゲーム数! タイトルからの逆引きも可能!

膨大な参考ゲーム数! タイトルからの逆引きも可能!

各項目には「参考となるゲーム」として、そのメカニクスの利用例を掲載!巻末の「参考ゲーム一覧」では、タイトルからの逆引きもできます。

※紙の書籍と電子書籍でレイアウトが異なります。

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年05月19日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 009
関連する項目
2刷
参照先ページ番号に誤りがあります。 [UNC-04] 隠し役割(Ch.06)......P.276
[UNC-04] 隠し役割(Ch.06)......P.266

※リフローEPUBの場合、Chapter 1の「STR-03: チーム戦ゲーム」冒頭の「関連する項目」が該当箇所になります。また、リフローのため、ページ数の記載はありません。
2020.10.13
1刷 023
関連する項目
2刷
参照先ページ番号に誤りがあります。 [STR-03] チーム戦ゲーム(Ch.01)......P.021
[STR-03] チーム戦ゲーム(Ch.01)......P.009

※リフローEPUBの場合、Chapter 1の「STR-07: 裏切り者ゲーム」冒頭の「関連する項目」が該当箇所になります。また、リフローのため、ページ数の記載はありません。
2020.10.13
1刷 097
関連する項目
2刷
参照先ページ番号に誤りがあります。 [ACT-13] 「ゲーム中1回きり」の能力(Ch.03)......P.097
[ACT-13] 「ゲーム中1回きり」の能力(Ch.03)......P.122

※リフローEPUBの場合、Chapter 3の「ACT-03: アクションの回復」冒頭の「関連する項目」が該当箇所になります。また、リフローのため、ページ数の記載はありません。
2020.10.13
1刷 142
関連する項目
2刷
参照先ページ番号に誤りがあります。 [RES-02] 状況チェック(Ch.04)......P.142
[RES-02] 状況チェック(Ch.04)......P.145

※リフローEPUBの場合、Chapter 4の「RES-01: ハイナンバー」冒頭の「関連する項目」が該当箇所になります。また、リフローのため、ページ数の記載はありません。
2020.10.13
1刷 160
4つ目の段落の上から2行目
4刷
例えば『貴族の務め』で「オークションハウス」に行くプレイヤーは、
例えば『貴族のつとめ』で「オークションハウス」に行くプレイヤーは、

以下の箇所にある『貴族の務め』も同様に修正します。
・160ページ:下から4行目
・161ページ:「参考となるゲーム」上から5行目
・163ページ:下から4行目
・164ページ:上から2行目
・165ページ:「参考となるゲーム」下から3行目
・548ページ:「参考ゲーム一覧」下から2行目

※リフローEPUBの場合、Chapter 4の「RES-07: じゃんけん」の「解説」の5つ目の段落が該当箇所になります。以降、このゲーム名はすべて『貴族の務め』→『貴族のつとめ』と修正します。
2021.05.17
1刷 175
「解説」の下から3行目
4刷
『オセロ/リバーシ』は、自分の色のコマ2個の間にある相手の色の
『リバーシ(オセロ)』は、自分の色のコマ2個の間にある相手の色の

以下の箇所も同様に『リバーシ(オセロ)』に修正します。
176ページ
・上から1行目
・「参考となるゲーム」上から2行目
475ページ:上から5~6行目
476ページ:「参考となるゲーム」下から4行目

※リフローEPUBの場合、Chapter 4の「RES-12: 囲い込み」の「解説」の2つ目の段落が該当箇所になります。以降、このゲーム名はすべて『オセロ/リバーシ』→『リバーシ(オセロ)』と修正します。
2021.05.17
1刷 185
「解説」の上から4行目
4刷
例えば『アップルトアップル』では、
例えば『アップルトアップル』では、

以下の箇所も同様に修正します。
186ページ
・上から4~5行目
・「参考となるゲーム」上から1行目
542ページ:「参考ゲーム一覧」下から17行目

※リフローEPUBの場合、Chapter 4の「RES-16: プレイヤージャッジ」の「解説」の最初の段落が該当箇所になります。以降、このゲーム名はすべて『アップルトウアップル』→『アップルトゥアップル』と修正します。
2021.05.17
1刷 194
表の「結果」2の「ダイス2個の低いほう(%)」の数字
4刷
8
25

※リフローEPUBの場合、Chapter 4の「RES-19: ダイスセレクション」の「解説」の表が該当箇所になります。
2021.05.17
1刷 210
「参考となるゲーム」上から1行目
4刷
クラウス=ユルガン・レード
クラウス=ユルゲン・ヴレーデ

同様に以下の箇所も修正します。
・280ページ:「参考となるゲーム」上から1行目
・484ページ:「参考となるゲーム」上から6行目
・502ページ:「参考となるゲーム」上から4行目
・548ページ:「参考ゲーム一覧」上から22行目

※リフローEPUBの場合、Chapter 5の「VIC-02: プレイヤーアクションによる勝利点」の「参考となるゲーム」の1行目が該当箇所になります。以降、このゲームの作者名はすべて「クラウス=ユルガン・レード」→「クラウス=ユルゲン・ヴレーデ」と修正します。
2021.05.17
1刷 253
関連する項目
2刷
参照先ページ番号に誤りがあります。 [UNC-04] 隠し役割(Ch.06)......P.226
[UNC-04] 隠し役割(Ch.06)......P.266

※リフローEPUBの場合、Chapter 6の「UNC-01: ベットとブラフ」冒頭の「関連する項目」が該当箇所になります。また、リフローのため、ページ数の記載はありません。
2020.10.13
1刷 266
関連する項目
2刷
参照先ページ番号に誤りがあります。 [STR-03] チーム戦ゲーム(Ch.01)......P.004
[STR-03] チーム戦ゲーム(Ch.01)......P.009

※リフローEPUBの場合、Chapter 6の「UNC-04: 隠し役割」冒頭の「関連する項目」が該当箇所になります。また、リフローのため、ページ数の記載はありません。
2020.10.13
1刷 292
「解説」下から3行目
4刷
「街道」のコストは「レンガ」1と「小麦」1であり
「街道」のコストは「レンガ」1と「木材」1であり、

※リフローEPUBの場合、Chapter 7の「ECO-01: 交換」の「解説」の2つ目の段落が該当箇所になります。
2021.05.17
1刷 418
「参考となるゲーム」下から2行目
4刷
『セネト』("Senet":、作成年不詳)
『セネト』("Senet":作者不明、作成年不詳)

※リフローEPUBの場合、Chapter 10の「MOV-02: ロール・アンド・ムーブ」の「参考となるゲーム」が該当箇所になります。
2021.05.17
1刷 423
「参考となるゲーム」下から3行目
4刷
『不明』("Melee/Wizard":スティーブ・ジャクソン、1977年)
『Melee/Wizard』(スティーブ・ジャクソン、1977年)

※リフローEPUBの場合、Chapter 10の「MOV-04: 移動ポイント」の「参考となるゲーム」が該当箇所になります。
2021.05.17
1刷 474
「解説」の上から3行目
4刷
各州で「カバレロ」(戦士)が
各州で「カバレロ」(騎士)が

※リフローEPUBの場合、Chapter 11の「ARC-02: エリアマジョリティ/エリアインフルエンス」の「解説」の最初の段落が該当箇所になります。
2021.05.17
1刷 516
下から2段落目の上から3行目
4刷
コレティタブルカードゲームの影響を切り離すには、
コレクティブルカードゲームの影響を切り離すには、

※リフローEPUBの場合、Chapter 13冒頭の「カードメカニズム」の6つ目の段落が該当箇所になります。
2021.05.17
1刷 547
『オセロ/リバーシ』の項目
4刷
『オセロ/リバーシ』("Reversi"、ジョン・モレット/ルイス・ウォーターマン、1883 年):   ARC-02 エリアマジョリティ/エリアインフルエンス(Ch.11/P.474)、   RES-12 囲い込み(Ch.04/P.175)
『オセロ』→『リバーシ』を参照

『リバーシ』の内容は575ページ『リトルデビル』と『リヒトホーフェン』の間に追加します。

※リフローEPUBの場合、巻末にある「参考ゲーム一覧」が該当箇所になります。
2021.05.17
1刷 572
『街コロ』の参照記事
3刷
参照記事に誤りがあります。 UNC-09 確率管理(Ch.06/P.284)
CAR-05 デッキビルド(Ch.13/P.530)

※リフローEPUBの場合、巻末にある「参考ゲーム一覧」が該当箇所になります。また、リフローのため、ページ数の記載はありません。
2020.11.02
1刷 575
『リトルデビル』と『リヒトホーフェン』の間
4刷
以下の内容を追加します。
『リバーシ』("Reversi"、ジョン・モレット/ルイス・ウォーターマン、1883 年):   ARC-02 エリアマジョリティ/エリアインフルエンス(Ch.11/P.474)、   RES-12 囲い込み(Ch.04/P.175)

下から2行目
『レイルロード・タイクーン』の項目を576ページ1行目に移動。

※リフローEPUBの場合、巻末にある「参考ゲーム一覧」が該当箇所になります。
2021.05.19

感想・レビュー

あおでん@やさどく管理人 さん

2020-11-06

古今東西に数多あるボードゲームを、要素(メカニクス)ごとに体系化した、ボードゲームの「レビュー論文」ともいうべき解説書。それなりにボードゲームを遊んだことがある自分でも、7割以上が知らないゲームだった。自分は「作る」側の立場ではないが、これらのメカニクスを参考に、もしくは新しいメカニクスが開発されて、楽しいボードゲームがこれからも登場してくれれば嬉しい。

Jey.P. さん

2020-12-09

アナログゲームのゲームシステムを「ターン構造」「ゲーム終了と勝利」「エコノミー」「不確実性」などのカテゴリごとに要素分解して分類した本。分類だけでも貴重な資料だが、システムごとに長所・短所や実装例、関連するゲーム、相性の良いシステムなどが載っている。アナログゲームを考えるときに手元にあるべき本。デジタルゲームに活用できる要素も多い。

_ さん

2021-07-29

様々なボードゲームの仕組みやルールを網羅的に分析・分類した、いわばゲームの辞典。例えば、「ターン進行」ひとつとっても、こんなに種類があるとは…と驚くこと請け合いである。これを読めば面白いゲームを作れる訳ではないと思うが、客観的に分析・検討・アイディア出しをするのには良さそう。コンピュータゲームなどにも応用が利く内容。