This is Lean 「リソース」にとらわれずチームを変える新時代のリーン・マネジメント(二クラス・モーディグ パール・オールストローム 前田 俊幸 小俣 剛貴 長谷川 圭 前田 俊幸 小俣 剛貴)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. This is Lean 「リソース」にとらわれずチームを変える新時代のリーン・マネジメント

This is Lean 「リソース」にとらわれずチームを変える新時代のリーン・マネジメント 発売予定



翻訳
翻訳
翻訳
監修
監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798169514
定価:
本体2,200円+税
仕様:
四六・264ページ
分類:
開発管理

本書籍の他の形式を確認する

購入はこちら

各ストアの電子書籍は準備中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織・チームを真の効率化へと
導くにはどうすればよいか?

全14か国で翻訳された世界的ベストセラー、待望の邦訳!

>

本書では「フロー効率」という画期的な視点を導入することで、
組織とチームを圧倒的に「リーン」にする方法を紹介している。

多くの経営者やマネジメントがリーンのことを
コスト削減だと考えているが、それは誤っている。

顧客志向になることが、リーンの本筋であり、
真の効率化へと至る結論である。

デジタルトランスフォーメーションに代表されるような
組織・チームの効率化が求められる中、
本書はその王道を歩む方法を提示している。

とくに
・新規事業開発担当者
・既存事業を立て直したいマネージャー
・DX担当者
・スタートアップのリーダー
・組織の新陳代謝を促したい経営者
にとっては組織で実践できるリーンのエッセンスが
凝縮された、目から鱗の必読の一冊。

【目次】
プロローグ 五〇〇倍のスピード
第一章 リソース重視から顧客重視へ
第二章 フロー効率を左右するプロセス
第三章 プロセスにフローをもたらす要素
第四章 効率性のパラドックス
第五章 むかしむかし……トヨタは顧客重視を通じてどのようにナンバーワンになることができたのか
第六章 西の荒野へようこそ……君のことはリーンと呼ぼう
第七章 リーンではないもの
第八章 効率性のマトリックス
第九章 これがリーンだ!
第一〇章 リーンオペレーション戦略の実現
第一一章 あなたはリーン?釣り方を学ぼう!
エピローグ 無駄のない装いを!


プロローグ 五〇〇倍のスピード
アリソンの場合:アリソンは癌を疑った
サラの場合:サラは胸にしこりを見つけた
これがリーンだ

第一章 リソース重視から顧客重視へ
アリソンが経験したリソース効率重視の医療システム
リソース効率――リソースの活用
サラが経験したフロー効率重視の医療システム
フロー効率――ニーズを満たす
二つの医療システムのフロー効率の比較
どちらを選ぶ?

第二章 フロー効率を左右するプロセス
アリソンの診断までの旅路を撮影しよう
フローユニットの視点がプロセスを定義する
リソース効率とフロー効率の違いは依存のしかた
スループット時間を決定するシステム境界
プロセス内の活動の分類
  スループット時間における付加価値アクティビティとしてのフロー効率
価値の付加密度としてのフロー効率
組織は数多くのプロセスで構成される

第三章 プロセスにフローをもたらす要素
飛行機の搭乗プロセス
リトルの法則
  セキュリティチェックにおけるリトルの法則/リトルの法則とスループット時間
ボトルネックの法則
  ボトルネックがスループット時間を長引かせる/ボトルネックが生じる理由
プロセスに対する変動効果の法則
  変動とは?/変動とリソース効率とスループット時間の関係
プロセスの三法則とフロー効率

第四章 効率性のパラドックス
非効率性の第一の原因――長いスループット時間
  待ち時間から生じたアリソンの新しいニーズ/待ち時間が貴重な機会への扉を閉じる/長いスループット時間が二次ニーズを生む
非効率性の第二の原因――多すぎるフローユニット
  在庫が増えれば追加のリソースも必要になる/メールが多すぎてストレスが増える/あまりにも多くのことに手をつけるとコントロールを失う/多数のフローユニットを処理すると生じる二次ニーズ
非効率性の第三の原因――フローユニットごとに何度もリスタート
  同じタスクを最初からやり直すときに生じる頭の切り替え時間/多数の引き継ぎがフラストレーションを生む/引き継ぎが増えれば欠陥が生じる/リスタートが多いと二次ニーズが生まれる
余計な仕事を増やす二次ニーズ
極めて〝非効率的〟な領収書の管理
効率性のパラドックス
効率性のパラドックスの解消

第五章 むかしむかし……トヨタは顧客重視を通じてどのようにナンバーワンになることができたのか
トヨタ自動車の歴史
トヨタが直面した経済危機
正しいことをやる
物事を正しくやる
不足の経済が強いる全体像の把握

第六章 西の荒野へようこそ……君のことはリーンと呼ぼう
大野が定義したトヨタ生産方式
日の目を見たリーン
世界を変えた本
トヨタの能力に注目した藤本
トヨタのDNAの解読
トヨタが自ら編纂したトヨタウェイ
ライカーの『ザ・トヨタウェイ』
リーン旋風!

第七章 リーンではないもの
問題1――さまざまな抽象度でリーンの定義が行われている
  フルーツから青リンゴまで、何でもリーン/青リンゴ(メソッド、ツール)としてのリーン/ブドウをリンゴとして育てるサービス業
問題2――リーンが目的ではなく手段になっている
問題3――リーンはとにかくいいもので、いいものは何でもリーン

第八章 効率性のマトリックス
効率性マトリックス
  効率性の孤島/効率性の海/荒野/完璧な状態
変動によりマトリックス内の位置が制限される
需要が変動すると組織はスターになれない/供給が変動すると組織はスターになれない/変動のレベルが効率性の最前線を決める
マトリックス内での立ち位置を決めるのは戦略
  “What”を定義するビジネス戦略/“How”を定義するオペレーション戦略/戦略とオペレーション状態
マトリックス内の移動
  A スタートアップ企業/B バスルームの改修業者/C 製造会社/D 高級ホテル
リーン2・0

第九章 これがリーンだ!
超高速車検
  リソース効率を重視した従来型のアプローチ/フロー効率を目指す新しいアプローチ
超高速車検の効率性マトリックス
リーンオペレーション戦略
西の荒野を離れて

第一〇章 リーンオペレーション戦略の実現
何も知らない外国人
リーンオペレーション戦略を実現するための手段
さまざまな手段がリーン戦略を実現に導く
  手段としての価値観――従業員のあり方の変動を減らす/手段としての原則――従業員の考え方の変動を減らす/手段としてのメソッド――従業員がやることの変動を減らす/手段としてのツール――従業員が使うものの変動を減らす
手段は普遍的ではない

第一一章 あなたはリーン? 釣り方を学ぼう!
私たちはリーンですよね?
リーンオペレーション戦略が実現するのはいつ?
  静的な目的のオペレーション戦略/動的なゴールのオペレーション戦略
つねに改善する組織
大きな魚を釣り上げるか、それとも釣り方を学ぶか

エピローグ 無駄のない装いを!

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。