これならわかる〈スッキリ図解〉精神保健福祉制度のきほん(二本柳 覚 石井 佳葉 茂本 由紀 二本柳 覚)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. これならわかる〈スッキリ図解〉精神保健福祉制度のきほん

これならわかる〈スッキリ図解〉精神保健福祉制度のきほん




編集

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798170060
定価:
1,980(本体1,800円+税10%)
仕様:
A5・176ページ
分類:
介護・福祉
シリーズ:
スッキリ図解

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神科領域の全体像がつかめる。
初めて精神科に勤務する人にもおすすめ!

精神疾患・精神障害の種類や症状は多種多様で、
長期間の治療を要したり、症状と付き合いながら働いたり、
いくつもの課題を抱えながら生活するケースが少なくありません。
そのため、薬や心理療法による治療だけでなく、
支援制度やサービスも患者さんの状況に合わせて活用していく必要があります。

こころの病や問題には、医師をはじめ、看護師、保健師、
精神保健福祉士、臨床心理士、公認心理師、
作業療法士など様々な専門職が関わります。
それぞれの専門領域の違いもあり、「症状や治療の知識はあるが、
制度やサービスについては詳しくない」
「精神保健福祉士が常駐していない現場で、患者さんからの
制度や法律に関する質問にすぐに答えられない」ということも。

本書は、主に精神科にかかわる専門職向けに、
精神保健福祉に関する制度・サービスをわかりやすく整理して紹介。
精神疾患や精神障害の基礎知識もまとめているので、
初めて精神科に勤務する人や学生にも入門書としておすすめです。
また、病院以外の場所で、課題を抱えて生活する人を支援する上でも役立ちます。

【目次】
第1章:精神保健福祉法の基本
第2章:精神科の対象とは?
第3章:精神科に勤務する専門職
第4章:精神疾患の治療法
第5章:入院・医療制度の実際
第6章:働く人のための精神保健福祉
第7章:日常生活で活用できる支援制度


現場の支援で役立つ知識をわかりやすく紹介!
これから精神科領域で働く方に最適の1冊!

これから精神科領域で働く方に最適の1冊!

主な精神疾患や治療法、医療・福祉制度、暮らしや就労を支援するサービス、現場で活躍する様々な専門職など、精神科領域で知っておきたい情報をわかりやすく、網羅的にまとめています。

図表でわかる!

図表でわかる!

文章だけでは理解しづらい要点を図表で丁寧に説明しています。実際の状況を具体的にイメージできるので、すっと頭に入ってきます。

精神疾患や精神障害の基礎知識も学べる!

精神疾患や精神障害の基礎知識も学べる!

一口に精神疾患といっても、様々なものがあります。代表的な精神障害を中心に、症状の特徴や患者さんへの関わり方などの基本的な内容を解説します。

第1章 精神保健福祉法の基本
・そもそも精神保健福祉法ってどんな法律?
・精神障害者をめぐる法制度〈明治~昭和中期〉
・精神障害者をめぐる法制度〈宇都宮病院事件~現在〉
・人権に配慮した精神科の入院制度
・適切な精神科医療を実施するための制度
・自傷他害の恐れのある状態の人を医療につなげる
・緊急入院が必要なのに拒否する患者さんへの対応
・都道府県における精神保健福祉の中核機関
・適切な医療や保護がなされているかを審査
・各種支援を受けるための証明書
COLUMN|ネット・ゲーム依存を知っていますか?

第2章 精神科の対象とは?
・そもそも精神疾患って何?
・DSMとICDは何が違う?
・精神科と神経内科、心療内科はどう違う?
・成長過程で見えてくるつまずきの総称
・統合失調症は脳と心の統合機能の障害
・「落ち込む」「やる気が出ない」はうつ病のサイン?
・躁とうつの状態を繰り返す双極性障害
・100人に1人がかかるパニック障害
・おかしいと思っても止められない強迫性障害
・PTSDの苦しみは千差万別
・摂食障害は食行動を通じた心の叫び
・依存症―神経系に生じた異常はもとに戻らない
・医療領域以外の支援が欠かせない高次脳機能障害
・認知症のタイプや進行度により症状は異なる
・人との関わりで問題を抱えやすいパーソナリティ障害
・「疾患」ではないが、不随する不調には医療が必要
COLUMN|医療事務スタッフとの連携は欠かせない

第3章 精神科に勤務する専門職
・様々な専門職と連携して治療にあたる司令塔
・患者さんの心に寄り添う精神科看護師
・精神科医療と社会のパイプ役
・心の安定を支える専門性の高い心理資格
・心と身体のリハビリテーションで患者さんをサポート
・服薬指導で患者や家族をサポートする薬物治療の要
・食事を通じて患者さんの心身をケア
COLUMN|心理士・師は実際にどんな風に対応しているの?

第4章 精神疾患の治療法
・薬物療法は精神疾患で最初に行われる治療法
・社会生活機能の訓練を行う精神科デイケア
・社会生活で必要なスキルを獲得するトレーニング
・無意識に着目し治療を進める心理療法
・思考を受け入れ自分らしい人生を送るために
・家族を一つのシステムとして捉える心理療法
・あるがままの姿勢を獲得していく日本独自の心理療法
・その人の能力の状態を知って生活に生かす
・その人のパーソナリティを捉えて治療に生かす
COLUMN|心理療法の効果とそのエビデンス

第5章 入院・医療制度の実際
・精神科に入院する際に必ず行われる「告知」
・精神科病院への入院の中で最も基本的な形態
・医療保護入院では、「家族等」の同意が必要
・退院後のことを入院時から考えるシステム
・入院が長期化した場合に退院支援に向けた会議を開催
・緊急な医療を必要とした時の相談・受診システム
・自傷他害の恐れのある場合に知事の命令で行われる入院
・入院しても面会や電話は自由にできる?
・入院の医療費は手続きによって減額可能
・患者さんの回復と社会復帰を目指して専門職が協働
・「退院」だけではなく、「退院に至る過程」が大事
・再発を防ぎ社会生活を続けるための継続的ケア
COLUMN|専門職が質の高い支援を継承し続けるために

第6章 働く人のための精神保健福祉
・職場でのメンタルヘルスへの取り組みが求められる時代
・自身のメンタルヘルスの状況がわかる
・社員の悩みの解決を会社全体の利益につなげる
・社員の身体的・精神的健康を支援する医師
・社内に相談できる仕組みがない場合はどうする?
・病気やケガで働けない場合にもらえるお金
・精神疾患も労災認定される可能性がある
・休職中の過ごし方や、復職に向けた取り組みとは?
・部下の調子が悪い時、上司はどう対応する?
・復職するまでと、復職してからの社員へのサポート
・障害者雇用枠で就業するという選択
COLUMN|テレワークにおける労働安全衛生

第7章 日常生活で活用できる支援制度
・障害により生活や仕事に制限を受けた場合の年金制度
・精神障害者保健福祉手帳で受けられる様々なサービス
・社会復帰に向けた様々なサービスを規定した法律
・家以外の居場所が欲しい時には?
・「また働きたい」と思った時に受けられる支援は?
・地域生活で困った時には社会福祉協議会へ
・急な出費など、お金の問題に対応する制度
・生活保護はセーフティネットとして大事な制度
・大事な財産を守るための制度
・同じような体験をした人たちとの関わりで得られること
COLUMN|精神障害にも対応した地域包括ケアシステムを目指して
COLUMN|触法精神障害者への対応について考える

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年09月09日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 032
2段目、4行目
2刷
精神や心は目に見ませんが、
精神や心は目に見えませんが、
2021.09.09
1刷 041
表「統合失調症の症状と関わり」、「陰性症状」の「特徴」1行目
2刷
・会話のまとまりの障害(話のピンとがずれる、
・会話のまとまりの障害(話のピントがずれる、
2021.09.09
1刷 083
表「向精神薬の主な種類」の「抗てんかん薬」の説明
2刷
主に転換の治療に用いられるが、
主にてんかんの治療に用いられるが、
2021.07.30
1刷 096
1段目、7行目
2刷
WPPS-Ⅲ
WPPSI-Ⅲ
2021.09.09
1刷 131
図表下段の吹き出し、2行目
2刷
個人の法律を取り扱ったものには、
個人の情報を取り扱った者には、
2021.09.09