現場で役立つOTの仕組みとセキュリティ 演習で学ぶ!わかる!リスク分析と対策(福田 敏博)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 現場で役立つOTの仕組みとセキュリティ 演習で学ぶ!わかる!リスク分析と対策

現場で役立つOTの仕組みとセキュリティ 演習で学ぶ!わかる!リスク分析と対策 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798171227
定価:
3,300(本体3,000円+税10%)
仕様:
A5・248ページ
分類:
ネットワーク・サーバ

本書籍の他の形式を確認する

購入はこちら

各ストアの電子書籍は準備中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の産業活動が危ない!
体験しながら学べるOTのセキュリティ対策

OT(Operational Technology)とは、工場・プラントなどの機械設備や生産工程を
監視・制御するための、ハードウェアとソフトウェアに関する技術のことをいいます。

近年、産業活動を支えるOTのセキュリティ対策強化が急務となっています。
OTでもオープン化が進み、ITのようなサイバー攻撃に遭うようになったからです。

OTにセキュリティ上のトラブルが生じれば、その影響は計り知れません。
「サイバー攻撃で化学プラントが爆発!」、といったことも考えられなくはないからです。

しかし、OTは24時間365日稼働しているものが多く、実機で試すということかできません。
そこで本書では、図解とソフトウェアによる演習を通してOTの仕組みとそのセキュリティ
対策を理解できるよう、構成しています。

著者は、産業サイバーセキュリティコンサルタントとして活躍している福田敏博さん。
豊富な知識と経験をもとに、OTの安全対策について解説しています。

【本書を読むのに必要なスキル】
1. ITのセキュリティやネットワークについて、基礎知識のある方
2. 上記1.について、Windows PCでの知識や基本操作を習得済みの方

【本書の想定読者】
1. IT部門のエンジニアやセキュリティ担当者で、OTについての知識が必要になった方
2. セキュリティベンダーの方で、OT分野についてフォローするようになった方
3. セキュリティ系のコンサルタント、OT部門のエンジニア

【目次】
第1章 OTのセキュリティが危ない
第2章 OTの基礎知識
第3章 OTを使ってみる
第4章 セキュリティ侵害を知る
第5章 工場ハッキングを疑似体験
第6章 セキュリティ対策の進め方
第7章 リスクアセスメントの演習
第8章 関連規格とガイドライン


第1章 OTのセキュリティが危ない
第2章 OTの基礎知識
第3章 OTを使ってみる
第4章 セキュリティ侵害を知る
第5章 工場ハッキングを疑似体験
第6章 セキュリティ対策の進め方
第7章 リスクアセスメントの演習
第8章 関連規格とガイドライン

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。