エンジニアが学ぶ生産管理システムの「知識」と「技術」 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. エンジニアが学ぶ生産管理システムの「知識」と「技術」

エンジニアが学ぶ生産管理システムの「知識」と「技術」


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798171616
価格:
2,860(本体2,600円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生産管理の業務とシステム化のポイントがわかる
最新動向もしっかりフォロー

生産管理システムの導入は複雑で難易度の高い仕事です。
生産活動自体が複雑で、さまざまな階層を持っています。
そのため、エンジニアは生産管理に関わる全体像を把握し、
組織・機能を横断して業務プロセスを設計し、
適切なシステムを適用しなければなりません。

本書ではエンジニアが押さえておくべき
生産管理の業務プロセスの知識から、
生産管理システムの導入・構築のポイントまで解説しています。

さらに、生産管理におけるビジネスとテクノロジーの最新動向を掲載。
経営と製造工程の可視化に適したERPとMES、
機器の監視制御を自動化するSCADA、
高度な分析ができるデータベース機能を持つBI、
グローバル化に欠かせないPLMなどのシステム知識も身につきます。

【本書のポイント】
●生産管理システムの導入・構築に必要な
「業務プロセス」と「システム化」のポイントがわかる
●生産管理に関する幅広い知識を体系的に学ぶことができる
●組織間の連携がしやすいシステムを設計できるようになる
●生産管理に関わる「原価管理」「KPI管理」も解説

【本書の構成】
第1章 製造業に大きな変革の波が押し寄せている
第2章 生産管理とは何か?
第3章 生産管理業務と関連システム(1)生産マネジメント
第4章 生産管理業務と関連システム(2)製造・工程管理
第5章 生産管理業務と関連システム(3)原価管理
第6章 KPI管理と可視化システム
第7章 生産管理におけるビジネスとテクノロジーの潮流
第8章 生産管理システムを導入する成功のステップ

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

エンジニアが学ぶ「知識」と「技術」
生産管理の全体像を知り、業務と連携したシステムを設計できるようになる

生産管理の全体像を知り、業務と連携したシステムを設計できるようになる

生産活動を取り巻く環境が複雑化し、個別最適でプログラムを組む時代は終わりました。本書では、システム設計に必要な、生産マネジメントや製造・工程管理、本社と工場の情報ネットワーク、製造設備、原価管理などの業務プロセスについて解説しています。

システムの最新動向がわかる

システムの最新動向がわかる

経営と製造工程の可視化に適したERPとMES、生産順序を最適化するスケジューラー、機器の監視制御を自動化するSCADA、高度な分析ができるデータベース機能を持つBI、製品の構成管理とライフサイクル管理に欠かせないPLMといったシステムの最新知識も解説しています。

生産管理に関わる人が押さえておくべき基礎知識が身につく

生産管理に関わる人が押さえておくべき基礎知識が身につく

生産計画や資材所要量計算、能力計画、原価管理など、生産管理システムの導入や再構築に携わるエンジニアなら知っておくべき生産管理の業務の基本が身につきます。

原価管理、KPI管理についてもしっかりフォロー

原価管理、KPI管理についてもしっかりフォロー

生産管理に携わるエンジニアには、さまざまな知識が求められています。しかし、生産管理に関する書籍の多くは原価管理について触れていません。本書では、原価管理とともに生産と現場を管理するための管理指標も紹介。生産管理業務を可視化する方法がわかるので、生産活動のサイクルを上手に回していくことができます。

※紙の書籍と電子書籍でレイアウトが異なります。

目次の登録はありません。

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2022年05月20日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 172
「全部原価計算と直接原価計算の特徴」の「直接原価計算」の固定費の吹き出し
3刷
固定費も変動費もすべて原価算入されるため、操業度(稼働率)が高いほど原価率が下がる
固定費が配賦されないため、操業度(稼働率)に影響されずに原価状況を把握できる。価格検討や利益計算に役立つ
2022.05.12
1刷 189
キャッシュフロー計算書の作成の流れ
3刷

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)
2022.05.20

感想・レビュー

Keisuke Miura さん

製造業の生産管理システムについて設備機器のレイヤからデータマネジメントのレイヤまで、網羅的に解説されている。これ一冊で大体のことが理解できる。 生産管理の業務を軸に解説されているので、工場の業務に馴染みのなかった人にも理解しやすいと思われる。 すみずみまで理解することはむつかしいので、必要に応じて解説書として使うとよいと思う。 章ごとのコラムは読みやすかった。