テスト自動化実践ガイド 継続的にWebアプリケーションを改善するための知識と技法(末村 拓也)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. テスト自動化実践ガイド 継続的にWebアプリケーションを改善するための知識と技法

テスト自動化実践ガイド 継続的にWebアプリケーションを改善するための知識と技法 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798172354
定価:
3,630(本体3,300円+税10%)
仕様:
B5変・352ページ
カテゴリ:
開発管理
キーワード:
#開発環境,#開発手法,#プログラミング,#システム運用
紙の書籍

真に効果的なテスト自動化を実現するために。
フレームワークに依存しない「普遍的なテクニック」を徹底解説!

本書は、Webアプリケーションのテスト担当者や開発者が、自身のプロジェクトにスムーズに自動テストを導入し、自動テストに支えられた開発プロセスを実現できるようになる実践的なガイドブックです。主に下記に挙げるような内容を解説します。

・自動テストに取り組むための心構えや考え方、マインドセット
・テスト全般や自動テストに関する基本的な知識
・E2E自動テストの実践方法
・自動テストや開発プロセスの改善方法
・様々なトラブルシューティングの技術

「なぜ自動化が必要なのか?」という目的の理解に重きを置き、ただ自動化して終わりになるのではなく、自動テストを軸にしながらプロダクトを継続的に改善していくための考え方や技法を解説しています。

E2Eテストの実践方法の解説では、手を動かして学べるハンズオンパートを用意しました。サンプルアプリケーションにE2Eテストを導入する流れを体験しながら、必要な考え方やTIPSが学べます。実装手段には「CodeceptJS」と「Playwright」を用いていますが、特定のWebアプリケーションや、特定のフレームワークでのみ適用可能な手法ではなく、様々な状況下で応用できる普遍的・汎用的なテクニックを紹介しています。

■著者
末村 拓也(すえむら・たくや)
Webアプリケーション開発者兼テスター。とあるスタートアップ企業で一人目のQAエンジニアとなったのを機に、テストや品質、自動化に興味を持ち始める。2019年より Autify に入社し、テスト自動化エンジニア、テクニカルサポートエンジニアを経て、2024年6月現在は同社のQAマネージャーを務める。

■目次
第1部 自動テストに取り組む前に
第1章 テストの目的
第2章 開発を支える自動テスト
第3章 見つけたいバグを明確にする
第4章 E2Eテストとは何か

第2部 アプリケーションにE2Eテストを導入する
第5章 サンプルアプリケーションのセットアップ
第6章 最小限のテストをデプロイする
第7章 ビジネスプロセスをカバーするテストを作成する
第8章 ユーザーストーリーをカバーするテストを作成する
第9章 テストコードに意図を込める

第3部 自動テストを改善するテクニック
第10章 トラブルシューティング
第11章 もっと幅広くE2Eテストを使う
第12章 成果を振り返る

画像

第1部 自動テストに取り組む前に
第1章 テストの目的
第2章 開発を支える自動テスト
第3章 見つけたいバグを明確にする
第4章 E2Eテストとは何か

第2部 アプリケーションにE2Eテストを導入する
第5章 サンプルアプリケーションのセットアップ
第6章 最小限のテストをデプロイする
第7章 ビジネスプロセスをカバーするテストを作成する
第8章 ユーザーストーリーをカバーするテストを作成する
第9章 テストコードに意図を込める

第3部 自動テストを改善するテクニック
第10章 トラブルシューティング
第11章 もっと幅広くE2Eテストを使う
第12章 成果を振り返る

本書は付属データの提供はございません。

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。
この商品の「よくある質問」はありません。
正誤表の登録はありません。