情報処理教科書 ITサービスマネージャ 2022~2023年版(金子 則彦)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 情報処理教科書 ITサービスマネージャ 2022~2023年版

情報処理教科書 ITサービスマネージャ 2022~2023年版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798172507
定価:
4,070(本体3,700円+税10%)
仕様:
A5・520ページ
分類:
情報処理
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
情報処理教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午後I、午後IIの解き方、論文の書き方がよくわかる!

【本書の概要】
合格に直結する専門知識と記述(午後I)・論述(午後II)対策が、
効率よくできるよう掲載しています。Webダウンロード分を含め、
多くの過去問とその解答解説を収録。
この1冊で合格する力が着実に身に付きます。

【本書の特徴】
・合格に必要な知識と考え方を厳選して解説
・午後I対策:6つの分野のポイント解説+過去問演習
・午後II対策:論文作成のテク、論文構成例(下書き)、添削付きの解答例などを掲載
・圧倒的な問題数!掲載問題には詳しい解説及び合格論文付き
・この1冊で合格力を養成できる!

【収録問題数】
・午前II:各分野別に80問
・午後I:各分野別に16問+(Web)17問
・午後II:各分野別に13問+(Web)9問
※無印は書籍に収録されている分、(Web)は読者特典のダウンロードサイトに掲載されている分です。
※令和4(2022)年試験終了時には、Webにて追加予定です。
※本書の読者特典のダウンロード期限は2024年3月までとなります。

【目次】
序章  ITサービスマネージャになるには
第1章 午後I対策:攻略法
第2章 午後I対策:ポイント解説と演習(午前演習・午後II演習)
第3章 午後II対策:攻略法
第4章 午後II対策:演習(午前演習・午後II演習)

※午前I対策には『情報処理教科書 高度試験午前I・II 2022年版』をご利用ください。


圧倒的な過去問量で合格を掴む!

午後1、午後2の解き方、論文の書き方がよくわかる!

合格に直結する専門知識と記述(午後I)・論述(午後II)対策が、効率よくできるよう掲載しています。Webダウンロード分を含め、多くの過去問とその解答解説を収録。この1冊で合格する力が着実に身に付きます。

午後1対策(重要6分野のポイント解説+過去問演習)

午後1対策(重要6分野のポイント解説+過去問演習)

各分野ごとに分けた過去問を、設問ごとに丁寧に解説。問題の読み方と解答の導き方がよくわかる。

午後2対策(論文作成テクニック、構成案、解答例等)

午後2対策(論文作成テクニック、構成案、解答例等)

論文の下書き例とそれを論文とした例を掲載。

圧倒的な過去問演習量

圧倒的な過去問演習量

書籍に掲載仕切らない重要過去問を読者特典として提供。2022年試験終了後、解説・サンプル論文を追加予定。

序章 ITサービスマネージャになるには
ITサービスマネージャ試験とは
試験対策
午前対策
受験の手引き

第1章 午後Ⅰ対策:攻略法
1.1 午後Ⅰ問題の出題形式と傾向分析

第2章 午後Ⅰ対策:ポイント解説と演習(午前演習・午後Ⅱ演習)
2.1 ITIL/JIS.Q.20000
2.2 資源管理
2.3 インシデント管理
2.4 ITサービス財務管理
2.5 セキュリティ管理
2.6 リリース管理

第3章 午後Ⅱ対策:攻略法
3.1 午後Ⅱ問題の出題形式と傾向分析
3.2 論文作成のテクニック

第4章 午後Ⅱ対策:演習(午前演習・午後Ⅱ演習)
4.1 資源管理
4.2 インシデント管理
4.3 パフォーマンス管理
4.4 リリース管理
4.5 サービスレベル管理
4.6 サービスデスク
4.7 その他全般管理

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2022年03月14日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 234
設問2(3)の〔試験センターによる解答例〕
マルウェアに感染していないことを最新のマルウェア定義で確認する。
・バックアップを外部記憶媒体に複写し,業務LANからアクセスできない場所に保管する。 ・週次バッチ処理及び定期バッチ処理でバックアップをラストワンス光ディスクに複写する。
2022.03.14