はじめてのUXリサーチ ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. はじめてのUXリサーチ ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために

はじめてのUXリサーチ ユーザーとともに価値あるサービスを作り続けるために



形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798172972
価格:
2,200(本体2,000円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現役リサーチャーによる
現場で生きるノウハウ満載!

よりよいサービスを開発していく上で、
いまUXリサーチの重要性が高まっています。

「作り手の思い込みではなく
エビデンスに基づいて意思決定ができる」、
また「顧客にとっての価値を制作のより早い
段階でサービスに反映できる」ことから、
プロダクトマネージャーやデザイナーなど、
多様な職種の人が、現場の課題や目的に応じて、
UXリサーチを取り入れようとしています。

本書は、そうした方に向けた
UXリサーチの入門書です。

UXリサーチの基本的な捉え方から、
組み立て方、手法、
または組織で活かせる仕組みの作り方や
仲間の増やし方、実践知の共有まで、
ひとりでも小さく始めて続けられる
ノウハウをまとめています。

ケーススタディでは、
メルペイUXリサーチチームの
現役UXリサーチャーが
現場で実践している方法を
7つの事例にもとづいて解説します。

さらに、付録として実践で使える
テンプレートがダウンロードできます。

〈こんな状況で役立ちます〉
・ひとりで小さく始めたい
・仲間を増やして一緒に実践したい
・続けられる仕組みを作りたい

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

現役UXリサーチャーによる現場で生きるノウハウ満載

本書を読むことで、できるようになること

UXリサーチの基本的な考え方がわかる

UXリサーチの基本的な考え方がわかる

UXリサーチとはどのようなもので、どういったシチュエーションで活用すると効果的なのか。「UX リサーチをなぜやる必要があるの?」と聞かれたときに、自分なりに説明できるようになる基礎知識を伝授します。

UXリサーチの始め方がわかる

UXリサーチの始め方がわかる

最初から立派なUXリサーチを完ぺきにやろうと気負う必要はありません。まずは小さく始めて小さく効果を得ることをおすすめします。早速明日から、あなたの現場で取り組み始めるための具体的な方法をお教えします。

UXリサーチのプロセスがわかる

UXリサーチのプロセスがわかる

はじめに、UXリサーチがどのようなプロセスで構成されるのかを解説します。その上で、UXリサーチのプロセスに沿った組み立て方を説明します。

UXリサーチの手法を知ることができる

UXリサーチの手法を知ることができる

UXリサーチで活用できる手法はたくさんあります。どのような目的のときにどの手法を使うと良いかを解説します。UXリサーチの目的を忘れず、目的に合う手法を選ぶための知識が身につきます。

UXリサーチに一緒に取り組む仲間を増やせる

UXリサーチに一緒に取り組む仲間を増やせる

UXリサーチは1人で始められますが、1人でできることには限りもあります。そこで、まずは一度引き込む、継続的な関係を構築する、より広く・多くの人に認知してもらう、UXリサーチを文化にする、という段階に分けて仲間の増やし方を紹介します。

UXリサーチを続ける仕組みが作れる

UXリサーチを続ける仕組みが作れる

UXリサーチを小さく始めて仲間も増えてきたところで、次はUXリサーチをもっと活かす仕組み作りに取り組んでいきましょう。誰もがリサーチを活用できるようにしていくことで、仲間もさらに増えていくことでしょう。そのために大事になるResearchOps(リサーチオプス)について紹介します。

ケーススタディでは7つの事例を紹介
目次の登録はありません。

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。

感想・レビュー

Jey.P. さん

2021-08-22

UXリサーチのハウツー。メルカリのUXリサーチャーが書いただけあって、国内の、それも大きな組織内でUXリサーチを実践することに主眼が置かれている。具体的なケーススタディも多数紹介。個人的にいくつか読んだUXリサーチの本で一番よかった。

hatake0803 さん

2021-09-09

急遽、プロジェクトについてクライアントにヒアリングすることになり。全部読んだわけじゃないけど、今必要としている目次だけ読んでも実務的でかなり参考になった。この先も、UXリサーチのフェーズごとに参照していくことになりそう。

エイチロ さん

2022-02-01

メルベイのUXリサーチのノウハウを詳しく説明してくれます。これから、ユーザーインタビューをやりたいといった初級者から、デプスインタビューでユーザーのインサイトを知りたいなど、レベルに合ったソリューションを開示してくれます。