実務で使える メール技術の教科書 基本のしくみからプロトコル・サーバー構築・送信ドメイン認証・添付ファイル・暗号化・セキュリティ対策まで(増井 敏克)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 実務で使える メール技術の教科書 基本のしくみからプロトコル・サーバー構築・送信ドメイン認証・添付ファイル・暗号化・セキュリティ対策まで

実務で使える メール技術の教科書 基本のしくみからプロトコル・サーバー構築・送信ドメイン認証・添付ファイル・暗号化・セキュリティ対策まで 新刊


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798183930
定価:
2,618(本体2,380円+税10%)
仕様:
A5・304ページ
カテゴリ:
ネットワーク・サーバ
キーワード:
#ネットワーク・サーバ・セキュリティ,#データ・データベース,#システム運用,#Web・アプリ開発
紙の書籍

システム管理者・開発者が知っておきたいメール技術のすべて

【本書の特徴】
・豊富な図解で、わかりづらい仕組みもよくわかる
・メール技術を軸に学ぶことで、「サーバー構築」「DNS」「セキュリティ」の仕組みが腑に落ちる
・システム開発・運用の実務で「使える」知識を網羅。1冊あれば安心!

【本書の内容】
SNSやメッセージアプリに押されている印象のメール。
しかし、ほとんどのSNSやWebサービスのアカウント作成にはメールが必要です。ビジネスシーンでは、メールで連絡をする人がまだまだたくさんいます。

つまり、システムやサービスの開発・運営において、メールはいまでも不可欠なインフラなのです。

ところが、メール技術全般について体系立てて説明された情報源は、いつの間にかほとんどなくなってしまいました。結果として実務の現場は、必要な知識だけをインターネットで調べたり、先輩に聞いたりして、「その場をしのぐ」「綱渡り状態」になっているのが実態です。

そのような状況では、システムやサービスの開発・運用に不安が残ります。障害発生などのトラブル時には、原因を特定するだけでも苦労するでしょう。加えて、近年はセキュリティの観点からもメールを軽視できません。

本書では、メール技術の歴史や、メールサーバーを構築するための手順、迷惑メールを防ぐための取り組みまで、体系的に整理して解説しています。
メールサーバーの構築をするエンジニアの方、メールマガジンの配信・管理などをしている管理者の方はもちろん、さまざまなシステムやサービスと関わる方に役立つ、いざというときに便利な1冊です。

【本書で解説している技術(一部抜粋)】
ドメイン、DNS、SMTP、POP、IMAP、
SPF、DKIM、DMARC、mbox、Maildir、
SASL、リレーホスト、レジストリ、
サーバー移行、送信メールの容量制限、
再送・輻輳、文字コード、MIME、
PPAP、開封確認、送信ドメイン認証、
ベイジアンフィルタ、APOP、
SSL/TLS、DNSSEC、
オプトイン、オプトアウト……etc.

【目次】
第1章 メールが相手に届くまで
第2章 送受信に使われるプロトコル
第3章 メールサーバーの構築とDNSの設定
第4章 ファイルの添付と HTMLメール
第5章 スパムメールを防ぐ技術
第6章 メールの暗号化と署名
第7章 メーリングリストとメールマガジン
索引

画像01

第1章 メールが相手に届くまで
1-1 メールアドレスとドメイン
1-2 メールサーバーとメールソフト(クライアント)
1-3 メールの受信者、送信者、件名、本文を指定する
1-4 通信相手を識別する
1-5 プロバイダに合わせたメールの環境設定
Exercises 練習問題

第2章 送受信に使われるプロトコル
2-1 SMTP の通信
2-2 POP の通信
2-3 IMAP の通信
2-4 受信したメールの管理
2-5 メールヘッダー
2-6 ユーザーの認証
2-7 携帯電話のプッシュ型メール
Exercises 練習問題

第3章 メールサーバーの構築とDNSの設定
3-1 メールサーバーの種類
3-2 SMTP サーバーの構築
3-3 POP サーバー、IMAP サーバーの構築
3-4 DNS を設定する
3-5 メールの容量制限、再送、輻輳
Exercises 練習問題

第4章 ファイルの添付と HTMLメール
4-1 メールの文字コード
4-2 ファイルを添付する
4-3 HTML メール
4-4 添付ファイルで考慮すべきセキュリティ
4-5 メールの開封確認
Exercises 練習問題

第5章 スパムメールを防ぐ技術
5-1 差出人の偽装による攻撃
5-2 送信者の認証による対策
5-3 メールソフトによるスパムメールの振り分け
5-4 スパムメールだと誤認されるのを避ける
Exercises 練習問題

第6章 メールの暗号化と署名
6-1 通信の暗号化
6-2 本文の暗号化
6-3 DNSSEC
Exercises 練習問題

第7章 メーリングリストとメールマガジン
7-1 メーリングリスト
7-2 メールマガジン
7-3 オプトインとオプトアウト
7-4 プログラムからのメールの送信
Exercises 練習問題
索引

会員特典はこちら

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2024年02月15日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 036
「件名の例」の下の本文 4行目
2刷
ReturnやReplay、
ReturnやReply、
2024.02.15
1刷 228
Q4の回答
2刷
D
C
2024.02.15