最高の打ち手が見つかるマーケティングの実践ガイド 3つのマップで戦略に沿った施策を実行する(富家 翔平)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 最高の打ち手が見つかるマーケティングの実践ガイド 3つのマップで戦略に沿った施策を実行する

最高の打ち手が見つかるマーケティングの実践ガイド 3つのマップで戦略に沿った施策を実行する 発売予定


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798185729
定価:
1,980(本体1,800円+税10%)
仕様:
A5・256ページ
カテゴリ:
経営・マーケティング
キーワード:
#経営,#起業・開業,#人材・組織,#ビジネス教養
紙の書籍

話題沸騰中のnote記事をもとに書籍化!
最適な施策で成果を出すための実践ガイド!

[どんな人にオススメ?]
・SaaSなどのBtoB商材を扱うマーケティング組織を立ち上げたばかりの方や着任した方
・つい手っ取り早い施策に頼ってしまうマーケターの方
・施策で売上を上げたい関係部署の方
・マーケティング組織の責任者の方

[本書の特徴]
・話題沸騰中のnote記事「5年間やってわかった、BtoBマーケターがやるべき仕事の全体感」をもとに書籍化!
・「プロセスマップ」で今すぐすべきことがわかる
・「キーポイントマップ」で最適な指標が見つかる
・「アクションマップ」で効果的な施策と実行計画を設計し振り返りもできる

マーケティングを始めたばかりの方は、
「どうやって計画する?」「前回と同じ施策で進める?」「施策、それともコンテンツ自体がよくなかった?」
……などと悩み、手探りで進めている方も多いでしょう。
しかし多くの悩みは、ゴールを見据えて施策を企画できていないことに起因します。

そこで、本書で提唱する3つのマップを使って全体像を把握し、戦略的に施策を企画しましょう。
まずは「プロセスマップ」でBtoB商材を売るためのマーケティングの手順と自社でできていないことを把握し、「キーポイントマップ」と「アクションマップ」を使って課題を可視化し、目標から行動計画を立てます。
本書では、マーケティングが利益に貢献できるよう、LTV最大化をマップのゴールに置き、マーケティングプランの策定から、施策の企画・実行、効果測定まで解説しています。
さらに、これらのマップを共通言語として活用すれば、関係部署との円滑なコミュニケーションも可能です。

[目次]
序章 3つのマップでつかむマーケティングの全体像
第1部 組織の立ち上げ期/立て直し期
第1章 自社の状況と顧客を知る~(1)現状を把握する~
第2章 マーケティング組織の活動計画を練る~(2)組織をつくる~
第3章 マーケティングプランの策定と宣言~(3)プランを立てる~
第2部 組織の初動期
第4章 コンテンツ戦略を立てる~(4)コンテンツをつくる~
第5章 リードへのアプローチ~(5)商談機会を得る~
第6章 実行力を高めるマネジメント~(6)実行と改善のサイクルを回す~
第3部 組織の成長期
第7章 ボトルネックを特定するための全体俯瞰~(7)実行すべきアクションを見つける~
第8章 リーダーシップとコミュニケーション~(8)さらに成果をあげるために~

画像

はじめに

序章 3つのマップでつかむマーケティングの全体像
01 プロセスマップで理解する全体像
02 キーポイントマップで理解する要点と流れ
03 アクションマップで理解する実行のポイント
04 3つのマップを活用してつくる共通理解と共通言語

第1部 組織の立ち上げ期/立て直し期
第1章 自社の状況と顧客を知る~(1)現状を把握する~
01 〈自社理解〉自社の状況を網羅的に把握する
02 〈事業理解〉提供価値を理解する
03 〈顧客理解〉プランの土台となる顧客理解を形にする
第2章 マーケティング組織の活動計画を練る~(2)組織をつくる~
本章における3つのマップの使い方
01 マーケティング組織の役割と立ち位置
02 「活動計画」を策定する
03 メンバーのアサインを考える
04 パートナーと組み、実行力を調達する
第3章 マーケティングプランの策定と宣言~(3)プランを立てる~
本章における3つのマップの使い方
01 KGI・KPIを設計する
02 マーケティング施策の成果範囲を検討する
03 リードジェネレーション施策をプランニングする

第2部 組織の初動期
第4章 コンテンツ戦略を立てる~(4)コンテンツをつくる~
本章における3つのマップの使い方
01 BtoBマーケティングにおけるコンテンツの重要性
02 コンテンツ生成フレームをつくる
03 コンテンツを企画する
04 相手の目で見る顧客体験とエンターテイメント
第5章 リードへのアプローチ~(5)商談機会を得る~
本章における3つのマップの使い方
01 リードクオリファイを行うための3つのステップ
02 リードナーチャリングからフォローへとつなげる
03 フォローを通じて商談機会獲得を目指す
04 トスアップとリサイクルの条件を決めて循環をつくる
第6章 実行力を高めるマネジメント~(6)実行と改善のサイクルを回す~
本章における3つのマップの使い方
01 「体験」と「体感」でつくるオペレーション
02 アクションを前へ進めるディレクション
03 感情の波をうまく乗りこなす
04 連携を強化するレポーティング
05 改善活動の強度を高める振り返り
06 メンバーの成長を支援する期待と評価
07 価値を出すミーティングを行う

第3部 組織の成長期
第7章 ボトルネックを特定するための全体俯瞰~(7)実行すべきアクションを見つける~
本章における3つのマップの使い方
01 ターゲット企業に対するリード・商談・受注状況を明らかにする
02 「全体俯瞰×見直しポイント」で課題とアクションの方針を見直す
03 個別最適を生まないための仕掛け
第8章 リーダーシップとコミュニケーション~(8)さらに成果を上げるために~
01 コミュニケーションラインと3つの壁
02 マーケティング組織のリーダーに求められるもの
03 才能との出合いが戦略を変える

おわりに

本書は付属データの提供はございません。

お問い合わせ

内容についてのお問い合わせは、正誤表、追加情報をご確認後に、お送りいただくようお願いいたします。

正誤表、追加情報に掲載されていない書籍内容へのお問い合わせや
その他書籍に関するお問い合わせは、書籍のお問い合わせフォームからお送りください。

利用許諾に関するお問い合わせ

本書の書影(表紙画像)をご利用になりたい場合は書影許諾申請フォームから申請をお願いいたします。
書影(表紙画像)以外のご利用については、こちらからお問い合わせください。

追加情報はありません。
この商品の「よくある質問」はありません。
正誤表の登録はありません。