デザインの素人っぽさをどうにかしたい!『伝わるデザインの授業 一生使える8つの力が身につく』刊行 2020.11.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)は、2020年11月9日に『伝わるデザインの授業 一生使える8つの力が身につく』を発売します。本書は、ノンデザイナーでもあらゆるデザインに共通する基本が身につく1冊です。

書籍情報:https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798161006

伝わるデザインの授業 一生使える8つの力が身につく(翔泳社)


なんかイマイチなプレゼン資料、その理由は?
デザイナーでなくても、プレゼン資料や販促物、趣味などで、デザインする機会がある人は少なくないでしょう。そんな時、自分の作ったものをみて「なんだかイマイチ」と思うことはありませんか?
本書は、一度身につけば一生使える、デザインに共通する基本を8つの視点から解説する1冊です。

▼8つの伝える力▼
  • かんたんに見せる
  • 正しく伝える
  • フォーカスを当てる
  • 雰囲気を演出する
  • 情報を可視化する
  • ストーリーを作る
  • 想像させる
  • アイデンティティを作る
この8つの伝える力をステップアップ形式で学んでいくことで、素人っぽさを脱するためのロジックと感覚が習得できます。ビジネスマンや学生などのノンデザイナーから、新米デザイナーまで、デザインをしっかり学びたい、どんな方にも活用いただける一冊です。

情報を可視化する
数字の羅列を表やグラフにしたり、複雑な情報をひと目でわかる図にしたり、地理情報を地図にするなど、情報を可視化(ビジュアライゼーション)する手法を学びましょう。情報の整理や強調の仕方がわかると、伝えたい内容がしっかり伝わる図表を作ることができます。

情報を可視化する_伝わるデザインの授業_中面1



ストーリーを作る
読み手がデザインから受け取る情報は目に見えるものだけではありません。写真やページの流れから物語を想像したり、デザインの背景にある作り手の思いや余談を知ることで深い共感が生まれます。読み手のイメージが広く深くなるようなストーリーをデザインに組み込む方法を学びましょう。

ストーリーを作る_伝わるデザインの授業_中面2


 
■書籍情報
『伝わるデザインの授業 一生使える8つの力が身につく』
著者: 武田 英志
発売日:2020年11月9日
定価:1,800円(税別)
判型:A5・224ページ
ISBN:9784798161006
出版社:翔泳社
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798161006

全国の書店、ネット書店などでご購入いただけます
・翔泳社の通販 SEshop: https://www.seshop.com/product/detail/24114
・Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4798161004

■著者プロフィール
武田 英志
株式会社hooop代表。アートディレクター、グラフィックデザイナー。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業後、デザイン事務所勤務を経て2 0 1 3年にhooop設立。エディトリアルデザインをベースに、教科書や社会貢献にまつわるものからファッション誌、グローバル企業の広告まで幅広いジャンルのデザインを手がける。http://www.hooop.net

■目次
Chapter 1「かんたんに見せる」
Chapter 2「正しく伝える」
Chapter 3「フォーカスを当てる」
Chapter 4「雰囲気を演出する」
Chapter 5「情報を可視化する」
Chapter 6「ストーリーを作る」
Chapter 7「想像させる」
Chapter 8「アイデンティティを作る」