記事一覧|翔泳社の本

記事一覧

1~15件(全247件)
  • 216293_thumb.jpg
    2019/08/16

    オシャレしない約束を全員守れる? 『ど素人でもわかる経済学の本』から限界効用やゲーム理論を解説

     翔泳社では8月9日(金)に経済学の基本的な考え方を学べる『ど素人でもわかる経済学の本』を発売しました。今回は本書から、満足度が減っていく「限界効用」、他人の出方を考えながら選択する「ゲーム理論」、得意なことに特化することが効率的となる「比較優位」について抜粋して紹介します。

  • 2019/08/16

    経営におけるマーケティングの役割は? 『ど素人でもわかる経営学の本』より要点を紹介

     マーケティングを経営ごととして捉える機運が高まる今、経営者や管理職の立場でマーケティングを学ぶだけでなく、マーケターが経営の知識を活かす必要性も問われています。翔泳社が発売した『ど素人でもわかる経営学の本』では、経営学の一領域としてマーケティングの主要な考え方や方法論を解説、今回はそのエッセンスとして「市場分析」「ポーターの5要因分析」「リソース・ベースド・ビュー」「エシカル消費」を紹介します。

  • 186_thumb.jpg
    2019/08/08

    だれもが暮らしやすい社会を実現するための「合理的配慮」とは?

     2019年7月21日の参議院選挙において、重度の障害がある議員二氏が当選しました。これにより、参議院本会議場へのバリアフリー化が進められ、また議員活動中の介護サービスについても、当面は参議院が費用負担することになりました。そこで、「合理的配慮」という言葉もクローズアップされています。この記事では『これならわかる〈スッキリ図解〉障害者差別解消法』(翔泳社)から「合理的配慮」について抜粋して解説します。

  • 247_thumb.jpg
    2019/08/06

    障害者総合支援法に基づいた福祉サービス「重度訪問介護」とは?

     2019年7月21日の参議院選挙において、重度の障害がある議員二氏が当選したことより、「重度訪問介護」という言葉を目にする機会が増えています。「重度訪問介護」とは、重度の障害によって常に介護が必要であっても、自宅で地域で生活できるよう支援してくれるサービスのことで、障害者総合支援法に基づいた障害福祉サービスのひとつです。『これならわかる〈スッキリ図解〉障害者総合支援法 第2版』(翔泳社)では「重度訪問介護」について具体的に解説、今回本書から抜粋して紹介します。

  • 2019/07/24

    使う前に押さえておきたいFacebook広告の基本 目的に合った配信方法や費用は?

     自社の商品やサービスをFacebookでプロモーションしたいとき、Facebook広告を使うのが王道です。しかし、初めてFacebook広告を利用するとき、設定項目や配信手順で戸惑うことも少なくありません。目的に合った広告配信ができるのか、費用はどれくらい必要か、そうした疑問に応える1冊が『たった1日でも効果が出る! Facebook広告集客・販促ガイド』です。今回、本書から「Chapter 2 まずは押さえておきたいFacebook広告の基本」の一部を紹介します。

  • 2019/07/18

    量子コンピュータって何? 動作の仕組みや開発ロードマップ、未来像を解説

     現在のコンピュータよりはるかに強力な計算能力を持つ量子コンピュータ。少しずつ実用化に向けて研究開発が進んでおり、興味を持ち始めている方もいるのではないでしょうか。今回はその種類や仕組み、将来どのように使われるのかを解説した『絵で見てわかる量子コンピューターの仕組み』より、量子コンピュータの基礎知識を紹介します。

  • 2019/06/26

    中の人が人気にならなくていい 森美術館のSNS担当者が見出したフォロワー数40万人への道筋

     森美術館のSNS運用を担当している洞田貫晋一郎さんがそのノウハウを書き下ろした『シェアする美術』(翔泳社)。SNSマーケティングにおいて「中の人」が注目を集めることも多い昨今、洞田貫さんは「必ずしも中の人が人気にならなくていい」と言う。では、森美術館ではどのようにして4年間でSNSフォロワー数を4倍の40万人超にしたのだろうか。その方法論について尋ねた。

  • 2019/06/26

    「Ruby on Rails」の基本理念とベースとなる考え方を知っていますか?

     RubyのWebアプリケーション開発用フレームワークといえばRails。翔泳社では独学でスキルを習得できる「独習」シリーズの最新刊『独習Ruby on Rails』を6月19日に発売しました。今回、本書からRailsのベースとなる考え方を紹介。どのような思想で成り立っているフレームワークなのかを理解することで、より効率的に学ぶことができるのではないでしょうか。

  • 2019/06/21

    平成元年生まれのVR、令和の先にどこへ行く 『VR原論』刊行イベントで識者が語った過去と未来

     6月7日、VRが1989年にサンフランシスコで初めてデモ展示されたのと同じ日に、『VR原論』(翔泳社)の刊行記念トークセッション「VR生誕祭」が開催された。著者の服部桂さん、服部さんの盟友で東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター長の廣瀬通孝さん、そして近年のVRブームを牽引するGOROmanさんが集い、それぞれの視座からVRの過去と未来が語られたイベントの様子をお届けする。

  • 2019/06/19

    森美術館の展覧会を成功に導いたのはSNSマーケティング? インスタ映えを狙わない戦略

     国内の美術館では指折りのSNSフォロワー数を誇る森美術館。2018年に話題となったレアンドロ・エルリッヒ展も、その裏には巧みなSNSマーケティングがありました。中の人である洞田貫晋一朗さんが書き下ろした『シェアする美術』より、その舞台裏を紹介します。

  • 2019/06/12

    何のためのデータを分析するのか? 『スケーラブルデータサイエンス』が教えるデータエンジニアの役割

     データ分析の目的はレポートやグラフの作成ではありません。翔泳社から発売した『スケーラブルデータサイエンス』では、その目的を「ビジネスで成果を出すためのより良い意思決定」としています。今回、データサイエンスのノウハウを詳細に解説した本書から、データ分析の目的やデータエンジニアの役割について説明した第1章の一部を紹介します。  

  • 2019/05/31

    業務で機械学習を使うためには、まず課題を洗い出す~『現場で使える!Python機械学習入門』より

     翔泳社では5月24日に『現場で使える!Python機械学習入門』を発売しました。今回本書の「CHAPTER2 機械学習を実務で使う」から、機械学習を利用数前の段階、そもそも機械学習で解決すべき課題を洗い出すための方法について紹介します。

  • 2019/05/29

    ショート・ビデオSNSはなぜフォロワーが増えやすいのか? TikTokはフォロワーとおすすめが鍵

     ショート・ビデオSNSが流行する今、自社でもアカウント運用をしてみたいとお考えではないでしょうか。翔泳社では『TikTok・MixChannel・Facebook Watch集客・販促ガイド』を5月22日に発売。今回その中から、TikTokでフォロワーを獲得するための方法を紹介します。

  • 2019/05/29

    VR商用化30年、その誕生を現場で目撃した『VR言論』の著者が語る現在地

     VR元年という言葉が飛び交うようになり、ブームの兆しが見える中、実はVRは30年前に商用化されていたのをご存知でしょうか。1990年代にはある1冊の本が当時のVRブームを牽引し、その火が今様々な方向に広がっています。翔泳社が5月22日に発売した『VR言論』は、その象徴的な1冊をそのまま復刻し、さらに著者が見つめてきたこの30年の動向をまとめたもの。今回、著者の服部桂さんが当時の盛り上がりを語った「まえがき」を紹介します。

  • 2019/05/21

    Go Playgroundなら「Hello, World」がクリック1回~シンプルなGoに入門する

     翔泳社では5月13日に『入門Goプログラミング』を発売。Goへの注目が高まる中、覚えてみたい方も多いかもしれません。今回は本書からGoの概要と、最も早く使い始められるGo Playgroundの簡単な使い方を紹介します。

1~15件(全247件)