組込みソフトウェア開発 基礎講座(橋本隆成 杉浦英樹)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 組込みソフトウェア開発 基礎講座

組込みソフトウェア開発 基礎講座



形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798112244
価格:
本体3,200円+税
仕様:
A5・416ページ
分類:
ハードウェア・自作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際的な競争力を持つ中・上級エンジニア/管理者を目指して
開発手法・管理手法の基礎を学ぶ

本書は、工学的な視点に立脚しながらも現場で役立つ、効果的で効率的な組込みソフトウェアの開発手法について解説します。
開発現場で実際に起こっている問題に着目し、課題を整理したうえで、その対策を詳しく解説していきます。開発者や管理者は問題意識を持ち、何を学習し、実践していかなければならないかを知る必要があります。本書は、それを具体的に示します。巷に溢れる机上の学問ではなく、開発現場の実用に耐えるものです。初・中級技術者がせひとも習得したい内容です。
また、本書は開発管理技術についても解説しています。これは、中・上級のエンジニアおよび管理者になるために必須の知識です。世界標準のプロセス改善モデルやプロジェクト管理手法のフレームワークを理解することができます。


Part 1 ソフトウェア開発の世界

Chapter 1 ソフトウェアの世界
1-1 ソフトウェア開発の現場が直面している問題
1-2 開発規模の増大と複雑化する要求
1-3 過激に進む開発時間の短縮への対応
1-4 BRICsなど諸外国でのオフショア開発とグローバリゼーション
1-5 ソフトウェアエンジニアのキャリアパスと将来

Chapter 2 ソフトウェア開発技術の原点、現在そして未来
2-1 ソフトウェア開発とは
2-2 開発手法・開発方法論とは
2-3 ソフトウェアアーキテクチャの基礎
2-4 機能に基づいた構造化設計
2-5 オブジェクト指向技術
2-6 オブジェクト指向の次に来るもの

Chapter 3 開発管理技術とソフトウェア開発
3-1 ソフトウェア開発には、なぜ開発管理技術が必要か
3-2 何を開発するのか
3-3 どう開発するのか
3-4 何を管理するのか
3-5 どう管理するのか

Part 2 知識編:ソフトウェア開発のアプローチ

Chapter 4 ソフトウェア開発管理技術
4-1 CMMI

Chapter 5 ソフトウェア開発とライフサイクル
5-1 ソフトウェア開発とライフサイクル
5-2 ウォーターフォール型開発
5-3 反復型開発

Chapter 6 オブジェクト指向技術
6-1 なぜオブジェクト指向なのか
6-2 オブジェクト指向による開発工程とCMMIの関係
6-3 オブジェクト指向開発:分析
6-4 オブジェクト指向開発:設計
6-5 オブジェクト指向開発:実装
6-6 オブジェクト指向開発:テスト

Part 3 啓蒙・教育

Chapter 7 エンジニアが陥りやすい誤解
7-1 開発方法論の実践方法
7-2 誤解によって起こる悲劇
7-3 誤解は誤解を呼ぶ
7-4 元に戻すための方策
7-5 基礎教育から再教育まで

Chapter 8 原点の再確認
8-1 開発と開発管理の融合
8-2 技術に関わるときの心構え
8-3 成長する組織
8-4 ノウハウ蓄積のプロセス
8-5 原点再び

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。