1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK




形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798129716
価格:
本体2,400円+税
仕様:
A5・280ページ
分類:
開発技法

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめて「スクラム」をやることになったら読む本

高品質のソフトウェアをすばやく開発できる手法として、世界中で注目されている「スクラム」。実際の開発プロジェクトにどう適用すればよいのかをとにかくわかりやすく解説します。 これからスクラムをはじめたい人はもちろん、スクラムを導入してみたけどなんだか上手くいかないなぁ……と思っている方にぜひ手にとっていただきたい一冊です。



・- 人気の先生たちが書き下ろした理論だけで終わらない“実践”の手引き
・- 実際のプラクティスを架空のプロジェクトをもとに詳細に解説!

刊行によせて
 James O. Coplienからのメッセージ
 角谷信太郎からのメッセージ
この本はどんな本だろう?
はじめまして!!

基礎編

基礎編 Scrumってなに?

はじめに
アジャイル開発ってなんだろう?
Scrumって何だろう
要求を並べ替える
プロダクトの責任者は誰?
動作するプロダクトを開発する
短く区切って繰り返す
頻繁に計画する
リリース判断可能ってなに?
毎日状況を確認する
できあがったプロダクトを確認する
もっとうまくできるはず
縁の下の力持ち
まとめ

実践編

実践編 どうやればうまくいくの?

Scene No.00
プロジェクト概要と人物紹介
 よし、始めようか!!
 登場人物紹介
Scene No.01
ロールを現場にあてはめる
プロダクトオーナーは誰だ!?
 ロールはただの目印なんだ
 コラム:みんなでロールを決めてみよう!!
Scene No.02
プロジェクトを理解する どんなプロジェクト?
 プロジェクトの行く先を知っておこう
Scene No.03
プロダクトバックログをつくる
いつごろ終わるんだい!?
 大丈夫だと思える見通しを立てる
Scene No.04
見積りをしていく
正確に見積もれません!?
 見積りは素早くやろう!!
Scene No.05
見積りをより確実にする
僕なんかでいいですか?
 あてずっぽうにベストを尽くせ!!
 コラム:デッキは工夫しながらつくっていこう!!
Scene No.06
プロジェクトの計画を立てる
いつ何が手に入るのか?
 これから先のことを知っておく
Scene No.07
詳細な計画を立てる
ちゃんと計画できたかな?
 確実に終わる計画をつくろう!!
Scene No.08
素早くリスクに対処する
スプリントは順調かな!?
 どこかに問題がないかを検査する
Scene No.09
成果物を固めていく
だいたい終わってまーす!!
 確実に終わらせてから進むんだ!!
Scene No.10
状況をうまく把握する
これって間に合うのかな?
 問題になる前に見つけるんだ!!
Scene No.11
先を予測しやすくしておく
あともう一日あれば……
 タイムボックスは譲れない
 コラム:見積りポーカーを活用しよう!!
 スプリント#2
Scene No.12
次にやることを明確にする
少し早く終わったぞ!!
 次にやることは誰もが知っている
 コラム:デイリースクラムを工夫する
Scene No.13
みんなの自律を促していく
全員揃っていないけど……
 守っていくのは自分たちだ!!
 コラム:見せかけの進捗にだまされない
Scene No.14
ベロシティを上げていく
もっと早くできないの!?
 ベロシティに惑わされるな!!
Scene No.15
問題を見つけやすくする
え? POがいないの!?
 みんなで協力して進めていくんだよ
Scene No.16
意図を明確にしておく
うまく伝わってるのかな?
 なんとしてでも伝えよう!!
Scene No.17
プロジェクトを支援していく
何かがおかしいぞ!?
 みんなを支えてゴールを目指す!?
Scene No.18
より良い状態にしていく
すぐに解決できないよ……
 少しでも理想に近づけていくぞ!!
 スプリント#6
Scene No.19
先のことをいつも明確にする
 今後のことがわからない!?
 小まめに手入れしていかなくちゃ
Scene No.20
手戻りをなくしていく
本当に着手していいのかな?
 スプリントを始めても大丈夫なように
 コラム:スクラムマスターって何する人ぞ?
Scene No.21
溢れたものを調整する
あれ!? 間に合わない……
 いつもゴールに向かうんだ!!
Scene No.22
さまざまな状況に対応する
この作業は苦手です……
 協力して乗り越えていこう!!
 コラム:自己組織化はタスクから!!
Scene No.23
より確実な判断をしていく
それぐらいはできるよね!?
 失敗からどんどん学んでいこう
Scene No.24
リリースに必要なことをする
やり残したことはないかい?
 後回しにしてはいけないんだ
Scene No.25
実践編で伝えたかったこと
ここからが始まりさ!?
 最後まで読んでくれてありがとう

謝辞と著者について
 著者を代表しての謝辞
  西村直人(にしむらなおと)
  永瀬美穂(ながせみほ)
  吉羽龍太郎(よしばりゅうたろう)
 理解を深めるために読んでほしい文献
 ボクくんが気づいた大切なこと

本書はダウンロードファイルの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

書籍:ご購入刷数  電子書籍 最終更新日:2017年05月15日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 004
第3段落5~6行目
2刷
日々刻々を(そう、刻々だ)どう過ごすか
日々刻々を(そう、刻々だ)どう過ごすか
2013.03.22
1刷 026
下から4行目
指示されることがあってはりません。
指示されることがあってはりません。
2017.05.15
1刷 085
1行目
2刷
膨大な作業必要な
膨大な作業必要な
2013.03.22
1刷 110
マンガの1コマめ
2刷
スプリン計画ミーティング
スプリン計画ミーティング
2013.03.22
1刷 140
吹き出しの下 6~7行目
3刷
スプリント内で実施するプロダクバックログの
スプリント内で実施するプロダクバックログの
2013.07.01
1刷 160
「そんなに頻繁に追記したり、…」の3行上
2刷
プロジェクト終わるか
プロジェクト終わるか
2013.03.22
1刷 160
最下行
2刷
プロジェクトバックログ
プロクトバックログ
2013.03.22
1刷 269
レビュワー
2刷
原田騎郎

原田様のお名前が抜けておりました。失礼をお詫びいたします。
2013.03.22
1刷 274
下から6行目
2刷
twitter:@miholoversq
twitter:@miholovesq

「r」を削除
2013.03.22
1刷 276
「スクラム入門」3~4行目
2刷
http://www.scrumalliancel.org/resources/1835
無料ダウンロード可能
http://www.scrumalliance.org/resources/1835
無料ダウンロード可能(日本語版あり)
2013.03.22

関連書籍

関連記事