ウェブ分析レポーティング講座 電子書籍(小川卓)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. ウェブ分析レポーティング講座

ウェブ分析レポーティング講座


形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798131221
価格:
本体2,600円+税

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数値だけでは誰にも、何も伝わらない

本書では、ウェブサイトの分析結果を、わかりやすいレポートに落とし込み、活用するための手法を解説します。ウェブ担当者が日頃から抱える「ウェブサイトにアクセス解析ツールなどを導入したけど、どういうレポートを提出すればよいのかわからない」「レポートは作成しているのだが、数値やグラフだらけになってしまい、読み手に伝わらない」「レポートを元にプレゼンしても、上司/顧客からまったく反応がなく使ってもらえない」といった悩みを解決するために役立つノウハウを、豊富な事例を示しながら、実際の作成プロセスに沿って解説していきます。分析した結果を自社サイトの改善につなげたい、すべてのウェブ担当者必携の1冊です。

序章 レポートを作成する10の目的

INTRO.1 本書で解説するレポートの種類
 モニタリングレポートとは
 モニタリングレポートの作成プロセス
INTRO.2 モニタリングレポートを作成する10の目的

1 モニタリングレポートの要件定義

1.1 モニタリングレポートは使えない?
 有効活用されるモニタリングレポートとは?
 使えるモニタリングレポートにするための3つの条件
1.2 モニタリングレポート要件定義のための2つのプロセス
 プロセス1 自社サイトの基本指標を整理する
 プロセス2 報告対象者へのヒアリング
 コンサルタントの場合

2 モニタリングレポート設計書の作成

2.1 KGIとKPIの算出
 KGI/KPI算出のプロセス
2.2 基本指標の洗い出し
2.3 同業他社・競合比較用の指標を追加
2.4 報告対象者が興味のある指標の追加
2.5 レポート設計書の作成

3 取得できるデータの理解と取得方法

3.1 取得できるデータのカテゴリ分け
3.2自社サイト内の情報を取得する
 アクセス解析ツール
 UI系のツール
 ソーシャル人気測定ツール
3.3 自社サイト外の情報を取得する
 アクセス解析ツール
 検索エンジン関連ツール
 競合分析ツール
 ソーシャルアカウント分析ツール
 IR情報
3.4 ウェブ外の情報を取得する
 ユーザー情報
 自社データベース内の情報

4 モニタリングデータの取得と加工

4.1 データの可視化を行う
 1 月別の訪問者数
 2 流入元別の流入数とコンバージョン数
 3 主要キーワードの検索順位の変化
4.2 データの取得と加工のプロセス
 データの取得を行う
 取得したデータの管理を行う
 取得した数値を表形式にする
 グラフの作成を行う

5 モニタリングデータを報告用の資料に変身させる

5.1 報告の頻度に合ったアウトプットの用意
 日単位での報告
 週単位での報告
 四半期単位での報告
5.2 月単位での報告の勘所
 1 目次(説明の順番)を考える
 2 各ページの構成要素と配置場所を決める
 3 報告資料のスタイルを決める
 4 各レポートを作成する
 5 サマリーシートを作成する
 6 全体を俯瞰して確認する

6 レポートの報告と共有

6.1 報告スタイルの種類
 1 メールでの報告
 2 個人への報告
 3 グループへの報告
 口頭報告の流れ

7 レポートを活かした改善施策の実施

7.1 「KGI/KPI」と「定点観測」の違い
7.2 KPIレポートの有効活用
7.3 定点観測の有効活用
7.4 分析結果から改善施策への転換
 改善施策の優先順位を決める
 改善施策の設計を行う
 サイト改善施策とPDCAサイクル

8 施策の管理と評価を行うキャンペーンレポート

8.1 キャンペーンレポートの作成と有効性
 キャンペーン実施前の記述項目
 キャンペーンレポートが有効な理由
 キャンペーン実施後のレポート記入項目
 キャンペーンレポートの運用プロセス
8.2 キャンペーンKPIと売上目標の設定方法
 キャンペーンKPI算出の考え方
 KPIの目標値から売上の算出を行う
 キャンペーンレポートの報告

9 各種レポートの特徴とその利用目的

9.1 全体像を把握するためのレポート群
9.2 利用者のき基本属性を把握するためのレポート群
9.3 集客に関するレポート群
9.4 検索エンジンに関するレポート群
9.5 端末固有のレポート群
9.6 サイト内の導線に関するレポート群
9.7 コンテンツに関するレポート群
9.8 同業他社・競合分析に関するレポート群

10 レポーティング事例

事例1 キャラクレター
 ウェブ分析レポーティング:担当者インタビュー
 レポート項目の設計
 レポートのアウトプット
 キャンペーン施策
事例2 探しっくす
 ウェブ分析レポーティング:担当者インタビュー
 レポート項目の設計
 サマリーシート
事例3 NEXWAY
 ウェブ分析レポーティング:担当者インタビュー
 レポート項目の設定
事例4 株式会社スリーハイ
 担当者ヒアリングと分析結果
 KGI/KPI設定

付属データはこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2013年05月22日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 064
P.64「チーター」提供元の表記
ペンシル株式会社
株式会社ペンシル
2012.09.06
1刷 249
右の段 8行目
――なるほど。そうする
――なるほど。そうすると、
2013.05.22