心理教科書 公認心理師 完全合格問題集 2020年版(公認心理師試験対策研究会)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 心理教科書 公認心理師 完全合格問題集 2020年版

心理教科書 公認心理師 完全合格問題集 2020年版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798162706
価格:
本体2,800円+税
仕様:
B5・352ページ
分類:
一般資格
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
心理教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3回分の過去問から
出題傾向をつかんで、
突破力を身につけよう!

本書は過去3回分(第1回・第1回追試・第2回)を
掲載しています。

(1) まず、第1回・第1回追試は、「大項目別※」と
「複合事例」(複数科目にまたがる事例問題)に
分類して収録。
大項目別に並んだ問題を解いていただき、
国家試験ではどのような問題が出題されるのか、
自分がどこにつまづくか等を把握するといった学習が可能です!
(ただし、各章は出題回・問題番号順での掲載となります)
※本書では、出題基準の大項目を1~24章として示しています。

(2) 次に、直近試験の「第2回」は、問題番号どおり
通しで収録。本番さながら解いてみてください。

本書は、見やすく学習しやすいように
「左ページに問題、右ページに解説」にレイアウト。
解説は比較的コンパクトですが、
どのような問題が出題されたか
わかりやすくなっています。
赤いシート付き!


公認心理師試験の概要

■第1部 章別問題
 第1章 公認心理師としての職責の自覚
 第2章 問題解決能力と生涯学習
 第3章 多職種連携・地域連携
 第4章 心理学・臨床心理学の全体像
 第5章 心理学における研究
 第6章 心理学に関する実験
 第7章 知覚及び認知
 第8章 学習及び言語
 第9章 感情及び人格
 第10章 脳・神経の働き
 第11章 社会及び集団に関する心理学
 第12章 発達
 第13章 障害者(児)の心理学
 第14章 心理状態の観察及び結果の分析
 第15章 心理に関する支援(相談、助言、指導その他の援助)
 第16章 健康・医療に関する心理学
 第17章 福祉に関する心理学
 第18章 教育に関する心理学
 第19章 司法・犯罪に関する心理学
 第20章 産業・組織に関する心理学
 第21章 人体の構造と機能及び疾病
 第22章 精神疾患とその治療
 第23章 公認心理師に関係する制度
 第24章 その他(心の健康教育に関する事項等)

■第2部 複合事例
 第25章 複合事例

■第3部 本試験問題
 〈午前〉―問題
 〈午後〉―問題
 〈合格基準・正答〉
 〈午前〉―解説
 〈午後〉―解説

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2020年01月20日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 013
解説006
3刷
正答 1 1 〇 [成年被後見人]または[被保佐人]になったときには公認心理師法第3条1号の規定の[欠格事由]に該当するため登録が取り消される。
正答 なし 1 × 改正により[成年被後見人]という規定ではなくなった。[精神の機能の障害]により公認心理師の業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない場合、欠格事由に当たる。

公認心理師法は、2019年6月に改正、同年12月14日に施行され、第3条第1号の条文が下記のように変更となりました。

【改正前: 成年被後見人又は被保佐人
改正後:心身の故障により公認心理師の業務を適正に行うことができない者として文部科学省令・厚生労働省令で定めるもの】

この第3条第1号の文部科学省令・厚生労働省令で定める者とは、「精神の機能の障害により公認心理師の業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者とする。」と公認心理師法施行規則第1条に定められています。
「成年被後見人又は被補佐人」という規定ではなくなりました。
そのため、上記問題は2020年1月現在正答なしとなっています。
2020.01.20
1刷 055
解説005 選択肢5
3刷
S. SchaterとJ. Singerの二要因説(帰着説)は、[身体活動]の変化で感情の主観的体験が説明されるものである。
S. SchaterとJ. Singerの二要因説は、生理的な[喚起]とその生理的喚起の原因の認知的な[解釈]との相互作用で感情の主観的体験が説明されるものである。
2020.01.15
1刷 055
解説006 選択肢4
3刷
気分一致効果の実験では(以下略)
気分状態依存効果の実験では(以下略)
2020.01.15
1刷 139
解説008 選択肢2
3刷
「試験の点数が悪かったのは問題が難しかったから」は[外的-不安定-統制不可能]なので、学習効果を高める効果的な学習者の解釈となり得ない。
「試験の点数が悪かったのは問題が難しかったから」というのは課題の困難度か、運(たまたま難しい問題が当たった)か判別できず[外的ー不安定ー統制不可能]とも[外的ー安定ー統制不可能]とも取れるため、学習効果を高める効果的な学習者の解釈となり難い。
2020.01.17