建築土木教科書 測量士補 合格ガイド 第3版(松原 洋一)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 建築土木教科書 測量士補 合格ガイド 第3版

建築土木教科書 測量士補 合格ガイド 第3版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798163611
定価:
2,860(本体2,600円+税10%)
仕様:
A5・464ページ
分類:
理工資格
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
建築土木教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストセラー対策書が最新の試験傾向に対応

出題範囲をコンパクトにまとめた試験対策テキストの大定番が
新観測方式など最新の出題傾向に完全対応して新登場。
受験生に対する指導を長年続け、測量士・測量士補試験を
ずっと分析し続けた著者ならではの丁寧な改訂です。

基礎編では、受験に必須の単位や数学、測量機器について
詳しく解説しているので初学者の方にも最適です。
実践対策編では、よく出るテーマを厳選した解説と問題で合格力を養成します。
全体を通して、豊富な図表と写真でやさしく学ぶことができます。

また、学習効果を計る確認問題は、本試験によく出る問題を
厳選して単元ごとに掲載しています。

職業訓練施設および各種教育機関で長年教鞭を執り、
試験を知り尽くした講師による執筆。読みやすい2色刷り。
読者特典として予想問題をダウンロード提供します。
土地家屋調査士試験の一部免除を目指す方にも最適です。

【本書の特長】
1. 10年以上の分析と現場での指導を反映した確かな内容
2. 初学者が学習しやすい基礎編と実践対策編の2部構成
3. 著者が運営する大人気 試験対策Webサイトとの連携

【目次】
Part 01:基礎編

Chapter 01 測量とは
Chapter 02 単位と数学
Chapter 03 代表的な器械と観測法
Chapter 04 測量の基準

Part 02:実践対策編

Chapter 01 測量に関する法規
Chapter 02 基準点測量
Chapter 03 水準測量
Chapter 04 地形測量
Chapter 05 写真測量
Chapter 06 地図編集
Chapter 07 応用測量


Part 01 基礎編

Chapter 01 測量とは
 1-1 測量の定義
 1-2 測量の目的
 1-3 測量に関する法規・法令など
 1-4 測量士補試験の概要
 1-5 出題分野の概要

Chapter 02 単位と数学
 2-1 単位と補助単位
 2-2 士補試験のための数学
 2-3 誤差について
 2-4 重量と最確値
 2-5 勾配の計算

Chapter 03 代表的な器械と観測法
 3-1 トータルステーションとプリズム
 3-2 レベル
 3-3 GNSS受信機

Chapter 04 測量の基準
 4-1 地球の形状
 4-2 地上の位置の表し方
 4-3 日本経緯度原点と日本水準原点
 4-4 基準点
 4-5 平面直角座標系
 4-6 標高とジオイド

Part 02 実践対策編

Chapter 01 測量に関する法規
 1-1 測量法(一部抜粋・改変)
 1-2 作業規程の準則および観測作業の注意事項など

Chapter 02 基準点測量
 2-1 基準点測量の作業工程
 2-2 基準点の選点
 2-3 測量標の設置
 2-4 トータルステーション(TS)による基準点測量
 2-5 GNSSによる基準点測量
 2-6 点検計算
 2-7 基準点成果情報
 2-8 トラバース(多角)計算
 2-9 偏心補正計算
 2-10 標準偏差
 2-11 間接水準測量
 2-12 高度定数の較差

Chapter 03 水準測量
 3-1 レベルによる観測作業の注意事項
 3-2 水準測量の誤差と消去法
 3-3 渡海(河)水準測量
 3-4 GNSS水準測量
 3-5 往復観測の較差と制限
 3-6 標尺補正
 3-7 重量平均による標高の最確値の計算
 3-8 レベルの杭打ち調整法

Chapter 04 地形測量
 4-1 TS点の設置
 4-2 TSを用いた細部測量
 4-3 GNSSを用いた細部測量
 4-4 現地測量の作業
 4-5 既成図数値化とデータ形式
 4-6 ベクタデータの構造と数値標高モデル
 4-7 等高線とその計算
 4-8 車載写真レーザ測量
 4-9 地上レーザスキャナを用いた測量

Chapter 05 写真測量
 5-1 写真測量の作業工程と内容
 5-2 写真地図作成
 5-3 航空レーザ測量
 5-4 空中写真の判読
 5-5 撮影高度と写真縮尺
 5-6 撮影基線長の計算
 5-7 比高による像のズレ
 5-8 UAVを用いた測量

Chapter 06 地図編集
 6-1 地図編集作業
 6-2 地図の投影法
 6-3 平面直角座標系とUTM図法
 6-4 地形図の読図
 6-5 地理情報システム(GIS)

Chapter 07 応用測量
 7-1 路線測量
 7-2 縦横断測量の計算
 7-3 単曲線の設置
 7-4 河川測量
 7-5 平均河床高の計算
 7-6 固有水系の基準面
 7-7 流量測定
 7-8 用地測量
 7-9 座標法による面積計算
 7-10 点高法による土量計算
 7-11 平均断面法による土量計算

会員特典はこちら

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2022年02月03日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 0-xiv
「ダウンロードサイト」のURL下の段落
2刷
上記サイトにアクセスすると、SE BookMembers(SEBM)メルマガ登録のご案内が表示されます。ぜひご登録ください。登録いただかない場合でも、画面内の「SEBM メルマガに登録せずダウンロード」をクリックすると、ファイルをダウンロードできます。
会員特典データのダウンロードには、SHOEISHA iD(翔泳社が運営する無料の会員制度)への会員登録が必要です。詳しくは、Webサイトをご覧ください。

「登録いただかない場合でもダウンロードできます」は誤りで、ダウンロードには登録が必要になります。
なお、「SE BookMembers」は「SHOEISHA iD」に名称を変更いたしました。
2020.03.25
1刷 012
図の下、①度数法での計算
4刷

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

3.142に使用されていた「,(カンマ)」を削除し、「.(小数点)」に修正しました。
また、「1,296,000"」「1,296」」に使われていた「カンマ」を削除しました。
2021.02.24
1刷 035
図3-4 右側の図内
3刷
ープサイト
ープサイト
2021.06.17
1刷 053
図3-17 左側の図内
3刷
ープサイト
ープサイト
2021.06.17
1刷 062
Q6 表内「No.2+5m」地点の「後視(m)」
3刷
1.329
1.330
2021.06.17
1刷 070
「●障害電波とマルチパス」の「注」1行目
3刷
GNSS衛星
GNSSアンテナ
2021.06.17
1刷 115
「4. 測量標の材質」3行目
4刷
はプラスチック)も用いる
はプラスチック)・標鋲も用いる

「標鋲」にはルビ「ひょうびょう」を付けます。
2021.08.24
1刷 131
「6. セミ・ダイナミック補正」5行目
3刷
元基(んき)
元基(んき)

ルビを修正します。
2021.06.17
1刷 160
下から4行目
5刷
B-C=√(5002+6002= ~
B-C=√(5002+6002= ~
2021.09.24
1刷 161
ツメ(ページ脇)の下部
3刷
基準  測量
基準測量
2020.10.30
1刷 163
青枠内 下から5行目
4刷
α2=α3-β4+180°=38°52’ 50”-73°22’ 18”+180°=145°30’32”
α3=α2-β4+180°=38°52’ 50”-73°22’ 18”+180°=145°30’32”
2021.06.09
1刷 163
青枠内 上から4行目
3刷
αA = (TA +β1) - 360°= (320°16′40″+ 92°18′22″) - 360°= 52°35′02″
αA = (Ta +β1) - 360°= (320°16′40″+ 92°18′22″) - 360°= 52°35′02″
2021.06.17
1刷 186
「測量標の設置」2つめの箇条書き
4刷
標杭を用いる
標杭・標鋲を用いる
2021.08.24
1刷 187
表3-2内「鉛直軸誤差」の「消去(軽減)法」1行目
3刷
1本の向きを、
1本と望遠鏡の向きを、
2021.06.17
1刷 188
表3-2 「大気の屈折誤差(レフラクション)」の「原因」
5刷
地表面に近付くほど気温が上昇し、大気密度(屈折率)が小さくなるため、大気密度の大きい上方に光(視準線)が曲がる誤差
地表面に近づくほど大気の温度が上昇し、大気密度(屈折率)が小さくなる。このため、視準線が下方に屈折し観測比高が小さくなる誤差

「正」の内容を更新しました(2022/03/31)。
2022.02.01
1刷 206
Q7 問題文2行目
5刷
水準測を実施し、
水準測を実施し、
2022.01.14
1刷 245
図4-23の「地形の平面図」内
5刷
2022.02.03
1刷 329
「解答」の最下行の注
4刷
※UAVを用いた測量は公共測量マニュアル(案)が存在する状態である。令和元年まで士補試験への出題はないが、測量士試験(午前)には出題されているため今後の士補試験への出題が予想される。
※士補試験では、令和2年度No18で出題があった。
2021.08.24
1刷 331
図6-1 左から4つ目の工程
4刷
編集
数値編集
2021.08.24
1刷 343
「2.UTM 図法の特徴」②、および図6-7 右側の吹き出し内2~3行目
4刷
② 緯度80°程度まで。 図6-7 右側の吹き出し内2~3行目 緯度80°程度まで。
② 北緯84°から南緯80°まで。 図6-7 右側の吹き出し内2~3行目 北緯84°から南緯80°まで。
2021.08.24
1刷 344
図6-8 上の吹き出し内
4刷
北緯80°線
北緯84°線
2021.08.24
1刷 383
青枠内 上から3行目
4刷
79.985m-79.982m=0.003m (3mm不足)
79.985m-79.982m=0.003m (3mm不足)
2021.06.30

感想・レビュー

かず さん

2021-06-02

9月12日に受験予定。今年度から用地買収を担当しており、上司の「You Tubeの解説動画をエアロバイクの最中に計30h視聴して取った」という超絶凄すぎる逸話を聴いて、よし、私もやってみるかと一念発起。転勤翌日に本書を購入。丁度2か月で読了できた。説明と過去問が両方載っており、問題の解き方も学習できる。勿論本書の問題量だけでは不足しているが、それは過去問集で解決できる。文章問題は何とかなりそうだが、課題は計算問題。ラジアンやら三角関数なんて覚えてねーよ、という感じ。あと3か月半、1日2h問題集をやりこむ。