リサーチ・ドリブン・イノベーション 「問い」を起点にアイデアを探究する 電子書籍|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 電子書籍 >
  3. リサーチ・ドリブン・イノベーション 「問い」を起点にアイデアを探究する

リサーチ・ドリブン・イノベーション 「問い」を起点にアイデアを探究する



形式:
電子書籍
発売日:
ISBN:
9784798168036
価格:
2,200(本体2,000円+税10%)

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いま注目のベンチャーが見つけた、
アイデアが生まれる
プロセスと場づくりのすべて。

組織開発と事業開発を接続させ、
「ボトムアップ型のイノベーション」に向け、
シチズン、サッポロビール、資生堂、京セラなど、
各社を支援してきたMIMIGURI。

これまで数多くの企業と数百件ものワークショップを重ね、
リサーチ会社インテージとの共同研究に取り組んできた。
イノベーションのプロセスに火をつける、
その方法を大公開!

4つのステップで“売れる”アイデアを見つける、
具体的なノウハウが満載。

 STEP 1「わからないこと」から問いを立てる
 STEP 2「わかるためのデータ」+「つくるためのデータ」を集める
 STEP 3 ワークショップでリサーチデータを読み解く
 STEP 4 多“様”決で合意を形成する

商品開発や商品企画の担当者だけでなく、
組織開発・人材開発の担当者、
アイデア発想の場づくり、チームビルディング、
コミュニティづくりに関心のある方も必読。

■株式会社MIMIGURIとは?■
組織の創造性を賦活する最新理論を基盤とした、
デザイナー、ファシリテーター、エンジニア、
コンサルタント、研究者の専門家集団です。
人材育成、組織開発、制度設計、事業開発、ブランド開発を
有機的に組み合わせたコンサルティングや、
組織の総合知を学ぶメディア運営に取り組んでいます。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

”売れるアイデア”を見つけるには?

「デザイン思考」? それとも「アート思考」? はたまた「意味のイノベーション」? いま注目のベンチャーがたどり着いたイノベーションのプロセスとは?

イノベーションのプロセス

4つのステップで進める「リサーチ・ドリブン・イノベーション」

<STEP 1 問いを立てる>

<STEP 1 問いを立てる>

「問いの探索のマトリクス」を手がかりに。

<STEP 2 データを集める>

<STEP 2 データを集める>

データは客観的でたくさんあるほうがよい? 答えに直結するほうがよい? そうとは限らない!

<STEP 3 データを解釈する>

<STEP 3 データを解釈する>

データを読み解く際に効果的なのは、ワークショップ。「6つの観点」と「5つの視点」から考えよう。

<STEP 4 合意を形成する>

<STEP 4 合意を形成する>

違和感に注目して、多"様"決を。

イノベーションの「土壌」を育てよう。

わかりやすそうなメソッドに飛びつかず、対話を通してイノベーションの「土壌」を育てよう。

目次の登録はありません。
本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。

感想・レビュー

たろっくす さん

2021-05-19

本書で一貫しているのは問いを立てて「なぜ」を深めていく事だ。情報が溢れている中で「なぜ」その選択をするのかという事を深めていくために問い続けていく必要がある。いわゆる「内から外」の思考法だ。その結果である「なぜ」を起点にそれを解釈する為に必要なデータを集めて読み解いていく。ここで重要なのは組織においては客観的なデータだけでなく共に働くメンバーからも新たな解釈を得られるという事。これが「外から内」の思考法に繋がる。他者との違いを受け入れる事がリサーチ・ドリブン・イノベーションに必要なスタンスだ。

アルミの鉄鍋 さん

2021-05-29

★3 中々頭の中にスッと入ってこない文章だなと思った。あと、各章にまとめがあれば良いのかな。やたら下線が引いてあるのも読みにくさの一因かも。

Hiroyuki Asano さん

2021-07-06

プロジェクトメンバーの問題意識や思い入れが強いと「内から外へ(インサイド・アウト)」のベクトルが強まって、熱量の高い問いが生み出されやすくなります。他方で、当事者としての思いが強すぎると、別の視点を持った他者に対する配慮が欠けてしまうリスクがあるのです。