工学教科書 炎の2級ボイラー技士 テキスト&問題集(石原 鉄郎)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 工学教科書 炎の2級ボイラー技士 テキスト&問題集

工学教科書 炎の2級ボイラー技士 テキスト&問題集


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798172019
定価:
2,200(本体2,000円+税10%)
仕様:
A5・336ページ
分類:
理工資格
レーベル:
EXAMPRESS

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気合いで学んで、がっちり合格をつかめ!

【本書の特長】
気合いみなぎる受験者におすすめ!
スパルタ解説と豊富な問題で、みっちり鍛え上げられる!

●33テーマ。これだけ勉強すればバッチリだ!
長年ボイラー技士を教えてきた著者が、合格に必要な知識を33テーマに厳選! 無駄なく整理されたテキストだから、誰にでもバッチリあうぞ

●ビジュアル重視でわかりやすく!
図や表が多いから分かりやすい!
文字ばっかりの本とは覚えやすさも一味違うぞ!

●問題をたくさん解いて、知識を身につけろ!
章末には章内容の理解を確かめられる一問一答が50問ずつ、巻末には模擬問題が2回分!
これをきちんと解くことが最短合格のカギだ!

●読者特典(1)webアプリを使え!
書籍内にも掲載の一問一答が400問解けるwebアプリが付いているぞ!
四六時中どこでも使えるから、好きなだけ自分を追い込める!

●読者特典(2)レッドシートを活用するんだ!
一緒についている赤シートを本にかけてみよう。
覚えるべき内容を隠せるから、暗記がしやすいぞ!!

■■目次
第1科目 ボイラーの構造
 第1章 ボイラーの基本原理・基本構造
 第2章 補機・付属品

第2科目 ボイラーの取り扱い
 第3章 運転と異常時の取扱い
 第4章 ボイラーの維持保全

第3科目 燃料及び燃焼
 第5章 燃料
 第6章 燃焼

第4科目 関係法令
 第7章 ボイラーの定義・届出・検査
 第8章 ボイラー技士・取扱い・規格

模擬問題
第1回模擬問題
第2回模擬問題


気合いで学んで、がっつり合格!

「ボイラー技士を受けたいけどみっち勉強するのは苦手」というそこの受験生!イラストや図表が満載でわかりやすく、激しく楽しく学ぼう!33に分けたテーマを学習することで、みっちり鍛え上げられるぞ。模擬問題が2回分ついているほか、Webアプリもついた、気合いの入った一冊だ!

図解→解説→暗記の気合の3ステップ方式!

図解→解説→暗記の気合の3ステップ方式!

合格に必要なテーマを33に分け、それぞれが「図解→解説→暗記」の3Stepになっている。これにしたがい、気合いの学習を進めよ!

ビジュアル重視でわかりやすい!

ビジュアル重視でわかりやすい!

図や表が多いからわかりやすい。文字ばっかりの本とはひと味もふた味も違うぞ!

問題をたくさん解いて、知識を身につけろ!

問題をたくさん解いて、知識を身につけろ!

各章末に50問ずつ、合計400問の演習問題が入っている。これで確実に実力アップだ!巻末には模擬試験が2回分もついているぞ!

やる気がみなぎるマンガ!

やる気がみなぎるマンガ!

ボイラー技士ってなに?というの人に向けた、試験を受けるモチベアップにつながるスペシャルマンガ掲載!

レッドシート(赤シート)を活用すべし!

レッドシート(赤シート)を活用すべし!

このシートを使えば、覚えるべき内容を隠せるから、暗記の勉強に役立つぞ!

Webアプリでスキマ時間もムダにするな!

Webアプリでスキマ時間もムダにするな!

章末の演習問題がすべてアプリになっているぞ!これでもう勉強する時間がない・・とは言わせない!

■第1科目 ボイラーの構造

第1章 ボイラーの基本原理・基本構造
No.01 ボイラーとは
No.02 熱と蒸気
No.03 ボイラーの基本構造
No.04 丸ボイラー
No.05 水管ボイラー
No.06 鋳鉄製ボイラー
No.07 鏡板

第2章 補機・附属品
No.08 安全弁
No.09 計測器
No.10 送気装置
No.11 給水装置
No.12 温水ボイラー、蒸気暖房ボイラーの附属装置
No.13 自動制御

■第2科目 ボイラーの取扱い

第3章 運転と異常時の取扱い
No.14 点火前の点検と点火
No.15 運転中の取扱い
No.16 運転中の保守
No.17 異常時の取扱い

第4章 ボイラーの維持保全
No.18 付属品の取扱い
No.19 ボイラーの保全
No.20 水質管理

■第3科目 燃料及び燃焼

第5章 燃料
No.21 燃料の基礎知識
No.22 重油
No.23 ガス
No.24 石炭

第6章 燃焼
No.25 燃焼装置
No.26 有害物質
No.27 燃焼用空気と通風

■第4科目 関係法令

第7章 ボイラーの定義・届出・検査
No.28 ボイラーの定義・伝熱面積
No.29 ボイラー変更届
No.30 ボイラーの検査

第8章 ボイラー技士・取扱い・規格
No.31 ボイラー取扱作業主任者
No.32 ボイラー室と附属品の管理
No.33 附属品の構造規格

模擬問題
第1回模擬問題
第2回模擬問題

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2021年10月06日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 024
「熱伝導、熱伝達、熱貫流」2行目
液体または気体が個体壁に接触して、個体壁との間で熱が移動する現象をいう。
液体または気体が固体壁に接触して、固体壁との間で熱が移動する現象をいう。 ※「図2-1:熱伝導、熱伝達、熱貫流」の熱伝導の下の「個体壁」も同様に修正。
2021.09.27
1刷 047
「鋳鉄の特徴」6行目
その使用圧力は1MPa以下に限られる。
その使用圧力は0.1MPa以下に限られる。
2021.09.27
1刷 059
演習問題 38の解答
×
2021.10.04
1刷 128
セリフ内1行目
~、火炎が焼失する恐れがある。
~、火炎が消失する恐れがある。
2021.10.06