日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド第3版(ヒューマンアカデミー)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド第3版

日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド第3版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798134772
定価:
本体3,200円+税
仕様:
B5・544ページ
分類:
一般資格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気の試験対策講座がこの1冊に!

日本語教育能力検定試験に多くの合格者を輩出しているヒューマンアカデミーの講師陣が、幅広い試験分野を1冊で学習できるよう内容を厳選して、わかりやすく解説。実力をチェックできる練習問題付き。試験Ⅱ(聴解)対策用にCDが付いていたり、試験Ⅲの記述問題対策用に添削例や模擬解答を入れるなど、独学でも合格する力が十分につきます。


第1部 言語一般

第1章 言語の構造一般

★ 1 言語記号の特徴
★★ 2 音声・音韻体系
2.1 音韻論
★★★ 3 形態体系
3.1 形態素と異形態
3.2 形態素の特徴
★★★ 4 語彙
4.1 語彙の分類
4.2 語彙の計量
4.3 語構成について
4.4 語彙の体系性
4.5 位相
★★ 5 意味
5.1 語と語の関係
5.2 多義語と意味の変化
5.3 慣用句
★★ 6 語用論的規範
6.1 意味論と語用論の違い
6.2 協調の原理と会話の公理
6.3 発話行為(言語行為)
★ 7 理論言語学
7.1 構造主義言語学
7.2 生成文法理論(変形文法)
7.3 認知言語学
7.4 プロトタイプ的なカテゴリー観/新しい意味の捉え方
7.5 プロトタイプ効果
7.6 意味の拡張と比喩
7.7 知識構造:スキーマ/フレーム/スクリプト
★★★ 8 言語の類型
8.1 対照言語学と言語教育
8.2 言語類型論(タイポロジー)
★★ 9 世界の諸言語
9.1 言語の系統(語族・語派)
9.2 日本語の系統
★★★ 10 日・韓・英・中 対照言語学
10.1 韓国語、英語、中国語との相違点

第2章 文法体系

★ 1 文法とは
★★★ 2 品詞
2.1 名詞
2.2 動詞
2.3 形容詞
2.4 副詞
2.5 数量詞
2.6 指示詞
2.7 接続詞
2.8 助詞
★★★ 3 文・構文・文型
3.1 構文の基礎
3.2 述語の品詞から見た文の種類
3.3 文型
3.4 受身
3.5 使役
3.6 使役受身
3.7 可能
3.8 ヴォイス
★★★ 4 アスペクト・テンス・ムード(モダリティ)
4.1 アスペクト
4.2 テンス
4.3 ムード(モダリティ)
★★★ 5 構造による文の分類と複文の諸相
5.1 連体修飾節を含む文について
5.2 補足節を含む文について
5.3 引用節を含む文について
5.4 副詞節を含む文について
5.5 並列節を含む文について
5.6 テ形について
5.7 従属節の構造的分類
★★★ 6「 は」と「が」
6.1 「は」と「が」の基本的性格
6.2 「は」と「が」の使い分け
6.3 「〜は〜が〜」の構文
6.4 「〜は」と「〜が」と主語
★★★ 7 取り立て
★★★ 8 敬語について
8.1 敬語の種類
8.2 話題の敬語と対話の敬語
8.3 敬語の誤用

第3章 文字と表記、日本語史

★★★ 1 文字と表記
1.1 漢字の歴史
1.2 部首
1.3 音と訓
1.4 漢字表(漢字制限・漢字の使用範囲の目安)
1.5 仮名遣い
1.6 片仮名と外来語の表記
1.7 送り仮名
1.8 ローマ字
1.9 文字の分類
★ 2 日本語史
★ 3 日本語政策・日本語研究史
3.1 外国人による日本語研究
3.2 日本人による日本語研究
確認問題
確認問題 解答・解説

第2部 言語と教育

第1章 言語教育法・実技

★★★ 1 学習観
1.1 学習観の変遷
1.2 学習理論
★★★ 2 外国語教授法
2.1 近代以前の外国語学習
2.2 文字中心・教養のための教授法
2.3 音声中心・実用目的の教授法 
2.4 学習者中心の教授法
2.5 ヒューマニスティックな教授法
★★★ 3 コースデザイン
3.1 コース・デザイン
3.2 シラバス・デザインとカリキュラム・デザイン
★★★ 4 教材・教具
4.1 教材・教具
4.2 教育・学習リソース
4.3 教育機器
★★★ 5 授業実施のサイクル
5.1 授業計画と基本準備
5.2 授業の組み立て
5.3 教師の成長
★★★ 6 指導法
6.1 レベル別の特徴
6.2 言語知識の指導
6.3 言語運用の指導
6.4 日本事情・日本文化の指導
6.5 指導技術
★★ 7 評価
7.1 評価の分類
7.2 評価の方法
7.3 テストの種類
7.4 テストによる評価
7.5 よいテストの条件
7.6 テストの採点
7.7 テスト理論
7.8 テストの分析
7.9 テストによらない評価(代替的評価)

第2章 異文化間教育・コミュニケーション教育

★★ 1 異文化理解と心理
1.1 カルチャーショック
1.2 自己開示
★ 2 異文化トレーニング
2.1 異文化トレーニングの背景と目的
2.2 異文化トレーニングの方法
★★ 3 学習者援助

第3章 言語教育と情報

★★ 1 言語教育と情報
1.1 メディア/情報技術活用能力(リテラシー)
確認問題
確認問題 解答

第3部 言語と心理

第1章 言語知識の獲得と理解の過程

★★★ 1 言語知識の獲得
1.1 記憶
1.2 明示的知識と暗示的知識
★ 2 言語理解の過程
2.1 言語処理

第2章 言語習得・発達

★★ 1 第一言語習得
1.1 第一言語とは
1.2 第一言語習得とは
1.3 第一言語習得のメカニズム
1.4 第一言語習得研究から
★★★ 2 第二言語習得
2.1 第二言語とは
2.2 第二言語習得とは
2.3 第二言語習得のメカニズム
2.4 第二言語習得研究から
★★ 3 バイリンガリズム
3.1 バイリンガリズムとは
3.2 バイリンガルの側面とその分類
3.3 バイリンガリズムにおける認知理論から
3.4 バイリンガル教育の種類と成果
3.5 日本におけるバイリンガル教育
確認問題
確認問題 解答

第4部 言語と社会

第1章 言語使用と社会

★ 1 コミュニケーション学
1.1 コミュニケーションの概念
1.2 コミュニケーションの方法 
★★ 2 言語・非言語行動
2.1 ノンバーバル・コミュニケーション
2.2 近接空間学
2.3 パラ言語学
★★★ 3 社会文化能力
3.1 コミュニケーション能力
★★ 4 異文化コミュニケーションと社会
4.1 異文化コミュニケーション
★★ 5 各国の言語政策
5.1 アメリカ合衆国
5.2 カナダ
5.3 オーストラリア
5.4 ヨーロッパ
5.5 アジア

第2章 社会言語学

★★ 1 社会言語学
1.1 待遇表現
1.2 言語変種
1.3 言語接触と言語の多様性
確認問題
確認問題 解答・解説

第5部 社会・文化・地域

第1章 異文化接触

★ 1 戦後から80年代までの世界と国内の動き
★★★ 2 人口の移動
2.1 ニューカマーの出現
★★ 3 異文化適応
3.1 異文化適応・調整

第2章 日本語教育の歴史と現状

★★★ 1 国内の日本語教育事情
1.1 今日の日本語教育の概況
1.2 国内の日本語学習者
1.3 外国人児童生徒の教育問題
★★★ 2 言語政策
2.1 出入国管理
2.2 外国人住民の社会的状況
★ 3 海外の日本語教育事情
3.1 学習者・機関・教師の概況
3.2 国別状況
★★ 4 日本語教育関連事業
4.1 日本語教育関連機関
4.2 日本語・日本語教育関連の試験
★★ 5 日本語教育史:戦前の外地における日本語教育
5.1 台湾
5.2 朝鮮半島
5.3 中国(清朝、関東州、満州国)
5.4 南洋群島
5.5 東南アジア諸国
確認問題
確認問題 解答・解説

第6部 音声・聴解

第1章 音声・聴解の学習法

★★★ 1 音声・聴解の学習法
1.1 試験対策と本書の効果的な使い方

第2章 言語音を作る仕組み

★★★ 1 音の作られ方
1.1 気流の起こし
1.2 発声
1.3 調音
★★★ 2 調音
2.1 母音と子音
2.2 母音
2.3 子音
2.4 調音点
2.5 調音法

第3章 日本語の発音

★★★ 1 日本語の音の単位
1.1 拍・モーラ
1.2 音節
1.3 フット
★★★ 2 五十音図で覚える日本語の発音
2.1 有声音・無声音
2.2 日本語の母音
2.3 日本語の子音
2.4 音声記号
2.5 口腔断面図での子音の調音点・調音法の見分け方
2.6 その他の重要事項

第4章 アクセントとイントネーション

★★★ 1 アクセント
1.1 日本語のアクセントの特徴
★★★ 2 イントネーション
2.1 アクセントの型とイントネーション
2.2 文末イントネーション
★★★ 3 プロミネンス
確認問題
確認問題 解答・解説
模擬問題1
模擬問題2
模擬問題1 解答・解説
模擬問題2 解答・解説

第7部 記述問題

第1章 記述問題とは

★ 1 記述問題の出題傾向
1.1 小論文とは
1.2 求められている日本語教師像

第2章 文章力を磨く

★★★ 1 7つの力で文章力を磨く
1.1 読み手を意識して書く力
1.2 分かりやすく書く力
1.3 簡潔に書く力
1.4 論理的に書く力
1.5 構成を整えて書く力
1.6 発想・視点を工夫して書く力
1.7 見た目を整えて書く力
★★ 2 解答のためのTips
2.1 普段から気をつけておくこと:情報収集
2.2 解答時にすべきこと
2.3 原稿用紙の使い方(横書きの場合)
模擬問題
模擬問題 解答例・解説
参考文献

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2015年10月06日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 062
「メトニミー」の説明、4行目
3刷
鍋そのものを食べたわけではなく、鍋の中身を食べたという、鍋の中身を食べたということである
鍋そのものを食べたわけではなく、鍋の中身を食べたということである
2014.12.15
1刷 150
3.の(14)
3刷
~「されられる」を何と呼ぶか。
~「させられる」を何と呼ぶか。
2014.11.10
1刷 181
下から2行目
3刷
ITCのスキル
ICTのスキル
2014.10.03
1刷 193
上から9行目
3刷
記億の仕組み
記憶の仕組み
2014.08.22
1刷 282
問題番号
3刷
1.言語知識の獲得 ⑥ 2.言語理解の過程 ②
1.言語知識の獲得 ⑧ 2.言語理解の過程 ③

問題番号のナンバリング誤植
2014.11.11
1刷 306
「5.2 カナダ」3行目
3刷
1962年には連邦公用語法が制定され、
1969年には連邦公用語法が制定され、
2015.03.11
1刷 326
第1章 1 ③
3刷
コンストラクティビスト
コンストラクティビズム
2014.11.11
1刷 326
第1章 5-①
4刷
21世紀の外国語教育スタンダーズ(基準)
21世紀の外国語学習スタンダーズ(基準)
2015.06.19
1刷 372
高度人材ポイント制について
5刷
●p372 ※72 日本語能力試験N1合格はどの分野でも10ポイントになる。 ●p373 「BJTビジネス日本語能力テスト」の解説、下から4行目 得点が550点以上であればポイントを得ることができる ※79 。 ●p373 ※79 ※79 日本語能力試験N1と同じく10ポイント。
●p372 ※72 日本語能力試験N1合格はどの分野でも15ポイントになる。 ●p373 「BJTビジネス日本語能力テスト」の解説、下から4行目 得点が480点以上であればポイントを得ることができる ※79 。 ●p373 ※79 ※79 日本語能力試験N1と同じく15ポイント。

平成25年12月告示、同月24日施行
2015.09.11
1刷 392
表6-2-2
2刷
●母音の説明の最後の1文 声帯の振動音(=声)が息に加わる ●子音の説明の最後の1文 声帯の振動音(=声)がなく息のみ
削除。

母音、子音の説明共に前の2文のみ。最後の1文は削除
2014.07.15
1刷 407
※18
5刷
5行目 11行目
5行目 11行目
2015.10.06
1刷 420
枠内の「大会」
3刷
~大会 (~タイカイ → ~タイカイ)
トル

例としてふさわしくないため、削除
2014.09.03
1刷 427
表の上から4つめ
5刷
同じか近い(⑤)で(l)の直後に(m)が起きて、合成される。
同じか近い(⑤)で(m)の直後に(n)が起きて、合成される。
2014.08.11
1刷 463
問題3 3番と8番
5刷
3番  選択肢c 軟口蓋   鼻音 8番 下から2番目 実質的には無声声門摩擦音として発音されている。
3番  選択肢c 軟口蓋  破裂音 8番 下から2番目 実質的には母音として発音されている。
2015.09.09
1刷 469
問題6 5番の解説3行目
5刷
眼前指示は文脈指示ともいう。
眼前指示は現場指示ともいう。
2015.09.28