実力養成C#ワークブック(VaskaranSarcar 清水美樹 大澤文孝)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 実力養成C#ワークブック

実力養成C#ワークブック 発売予定



監修

形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798160214
価格:
本体3,400円+税
仕様:
B5変・400ページ
分類:
プログラミング・開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代プログラミングの必須知識を長く使えるものに

【本書の内容】
プログラミング言語を体得する上で、抽象概念の理解は欠かせない。とはいえ、抽象概念の塊を解きほぐす作業は、構文を理解し自在に(あるいは課題を解くために)データを加工できるようになるまでの経験値のあげ方に、勝るとも劣らないくらい味気ない作業といえる。

とくに、写経を前提とした「構文理解講座」の場合、抽象概念に関しては構文を理解した後に、なんとなく「こういうことかなー」という体得の流れになる。本来ならば共通する抽象概念を把握し、その実現に向けて既存の構文を応用する、という流れがあって然るべきであるにもかかわらず。

そこで本書では、オブジェクト指向を中心課題に、抽象概念の頻出キーワードを実際のコードに落とし込み、概念の具現化を目的に編まれた。

「これでもか」というほど多数のサンプルを掲載し、問題と頭の体操的なクイズも各項目ごとに載せて、手を動かし考えることで徹底理解を目指す。

【本書のポイント】
・積み上げ学習式ではなく技術用語駆動
・用語が意味するところと実際のコードがダイレクトに繋がる
・気になる箇所だけ重点的に学習できる
・オブジェクト指向のコンセプトと実際が体感できる

【読者が得られること】
・小さいサンプルを手を動かしながら考える癖がつく
・「わかったつもり」が「なるほど、わかった」になる
・オブジェクト指向が身につく
・C#プログラミングが上達する

【対象読者】
・C#プログラマ
・情報工学系の学生
・お仕事でC#に触れている方
・“オブジェクト指向”がイマイチな方


【目次】
Part 1: OOPの世界
 第 1章: OOPコンセプト
 第 2章: ビルディングブロック:クラスとオブジェクト
 第 3章: 継承
 第 4章: ポリモーフィズムの仲間
 第 5章: インターフェイス:OOPの真髄
 第 6章: プロパティとインデクスによるカプセル化
 第 7章: クラスの変数
 第 8章: C#の主な機能比較
 第 9章: C#におけるOOP総括
Part 2: 先進的な概念に精通する
 第10章: デリゲートとイベント
 第11章: フレキシビリティと無名関数
 第12章: ジェネリクス
 第13章: 例外処理
 第14章: メモリ管理
Part 3: リアルワールドでヒーローになろう
 第15章: デザインパターン
 第16章: 理解を促進するノートとこれから
付録 A: 情報収集

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。
正誤表の登録はありません。