建築土木教科書 給水装置工事主任技術者 出るとこだけ! 第2版(石原 鉄郎)|翔泳社の本
  1. ホーム >
  2. 書籍 >
  3. 建築土木教科書 給水装置工事主任技術者 出るとこだけ! 第2版

建築土木教科書 給水装置工事主任技術者 出るとこだけ! 第2版


形式:
書籍
発売日:
ISBN:
9784798165783
定価:
本体2,000円+税
仕様:
B6変・248ページ
分類:
理工資格
レーベル:
EXAMPRESS
シリーズ:
建築土木教科書

本書籍の他の形式を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頻出項目を厳選!日々の学習から直前対策まで!
短期間で合格力を付ける!

【本書の特長】
◆よく出る項目の要点&過去問が凝縮!
「頻出ポイント」と「重要過去問」をセットで掲載。
隙間時間を有効活用して学習ができる。

◆図や表が多く分かりやすい!
試験問題に出題される問題や理解を深める写真など
豊富な図表で分かりやすい

◆暗記に便利な赤いシート付!
重要箇所は赤字で消せるので、暗記に便利。

◆持ち歩けるコンパクトサイズ!
ポケットサイズなので、いつでもどこでも学習可能!

【目次】
第1章 公衆衛生概論
第2章 水道行政
第3章 給水装置工事事務論
第4章 給水装置工事法
第5章 給水装置の構造及び性能
第6章 給水装置計画論
第7章 給水装置の概要
第8章 給水装置施工管理法

【給水装置工事主任者試験概要】
●概要:給水装置工事事業者が水道事業者から指定をうけるために必須の国家資格
●試験形式:四肢択一(マークシート方式)
●問題数:60問(免除制度あり)
●受験申込:5月下旬から6月下旬
●試験日:10月下旬
●受験資格:給水装置工事に関して3年以上の実務の経験を有する方


第1章 公衆衛生概論
1-1 水道の歴史・事例
1-2 水道水の汚染
1-3 水道の定義
1-4 水道施設
1-5 水質基準
1-6 浄水処理
1-7 塩素消毒

第2章 水道行政
2-1 水道事業
2-2 水道事業者
2-3 水道技術管理者
2-4 供給規程
2-5 給水義務
2-6 給水装置・給水装置工事
2-7 給水装置の検査
2-8 指定給水装置工事事業者(1)
2-9 指定給水装置工事事業者(2)
2-10 給水装置工事主任技術者
2-11 簡易専用水道

第3章 給水装置工事事務論
3-1 給水装置工事主任技術者の役割
3-2 指定工事事業者の申請、主任技術者の選任
3-3 給水装置工事の記録
3-4 性能基準の適合と認証
3-5 給水装置工事の届出、審査

第4章 給水装置工事法
4-1 配水管から給水管の分岐
4-2 配水管の穿孔
4-3 水道メーターの設置
4-4 給水管の埋設
4-5 給水管の明示
4-6 給水管の配管
4-7 給水管の管材
4-8 給水管の接合
4-9 現場管理
4-10 検査
4-11 異常現象
4-12 侵食
4-13 水道直結式スプリンクラー設備
4-14 維持管理

第5章 給水装置の構造及び性能
5-1 給水装置の構造及び材質の基準
5-2 耐圧性能基準
5-3 浸出性能基準
5-4 水撃限界性能基準
5-5 逆流防止性能基準
5-6 負圧破壊性能基準
5-7 耐寒性能基準
5-8 耐久性能基準
5-9 適用される性能基準
5-10 配管工事後の耐圧試験
5-11 汚染防止
5-12 吐水口空間の確保
5-13 水撃作用(ウォータハンマ)防止
5-14 凍結防止
5-15 侵食防止

第6章 給水装置計画論
6-1 給水方式
6-2 直結式給水方式
6-3 受水槽式給水方式
6-4 受水槽の容量
6-5 使用水量
6-6 給水管の口径決定
6-7 水理計算の基礎
6-8 ウエストン公式の流量図
6-9 給水用具の損失水頭
6-10 直結加圧形ポンプユニットの吐出圧
6-11 給水装置工事の図面作成

第7章 給水装置の概要
7-1 水道メーターの分類
7-2 水道メーターの構造
7-3 水道メーターの設置
7-4 増圧給水設備
7-5 直結加圧形ポンプユニット
7-6 逆止弁
7-7 止水栓
7-8 給水用具
7-9 節水形給水用具
7-10 湯沸器
7-11 浄水器
7-12 給水用具の故障と対策

第8章 給水装置施工管理法
8-1 建設工事公衆災害防止対策要綱 土木工事編
8-2 建設業法
8-3 労働安全衛生法
8-4 建築基準法
8-5 給水装置工事の施工管理(1)
8-6 給水装置工事の施工管理(2)
8-7 給水装置工事の安全管理
8-8 給水装置工事の品質管理
8-9 給水装置工事の工程管理
8-10 給水装置工事の電力

本書は付属データの提供はございません。

書籍への問い合わせ

正誤表、追加情報をご確認の上、こちらよりお問い合わせください

書影の利用許諾について

本書籍に関する利用許諾申請はこちらになります

追加情報はありません。

ご購入いただいた書籍の種類を選択してください。

書籍の刷数を選択してください。

刷数は奥付(書籍の最終ページ)に記載されています。

現在表示されている正誤表の対象書籍

書籍の種類:

書籍の刷数:

本書に誤りまたは不十分な記述がありました。下記のとおり訂正し、お詫び申し上げます。

対象の書籍は正誤表がありません。

最終更新日:2020年10月21日
発生刷 ページ数 書籍改訂刷 電子書籍訂正 内容 登録日
1刷 103
Oリングの説明
■p103説明 「□Oリング等を使用した給水用具」の説明 Oリング等を水圧で圧縮させて水密性を保つものは、低水圧時に密着力が低下することから、20kPaの低水圧による試験も行う ■p103 例題の選択肢エの解説 エ:Oリングは、水圧で圧縮することにより、水密性を確保する
■p103説明 「□Oリング等を使用した給水用具」の説明 水圧で圧縮することにより水密性を確保する構造の給水用具は、低水圧時には密着力が低下し外部への漏水が生じるおそれがあるため、20kPaの低水圧試験も併せて行うこととしている。しかし、Oリングは水圧で圧縮することにより水密性を確保するのではなく、装着時の密着力で水密性を確保する構造のものであるため、低水圧での耐圧性能試験の対象から除かれている。 ■p103 例題の選択肢エの解説 エ:Oリングは水圧で圧縮することにより水密性を確保するのではなく、装着時の密着力で水密性を確保する構造のものであるため、低水圧での耐圧性能試験の対象から除かれている。
2020.07.02
1刷 205
上から4つ目の□「歩行者用安全通路」
幅0.90m以上(高齢者や車椅子使用者等の通行が想定されない場合は幅 0.75m以上)、

括弧内を追加します。
2020.10.21