書籍編集者 募集要項

業務内容 当社のブランドであるEXAMPRESSを企画・編集していただきます。書籍にとどまらず、アプリや模擬試験など資格取得を目指す人へのコンテンツサービスをトータルで考えて実現できるような、柔軟な発想と実行力のある方を求めています。書籍制作においては、タイトル・装丁デザイン・キャッチコーピーなどの造本に関わること、予算管理や販促支援まで一冊の書籍に必要な編集業務のすべてに主体的に関わっていただきます。
向いている人材
  • 書籍編集の経験者
  • 編集長を目指したい人
  • このテーマに興味と好奇心を持っている方
  • 基本的なコミュニケーション能力や文章校正・作成能力
  • 新しいもの・人・動きへの情報感度の高い方
  • ビジネスモデルを考えるのが得意な人
業務内容 こだわりのある生活をさらに充実させる生活実用書籍の企画・編集をしていただきます。当社にとってはノウハウの少ないテーマですが、開拓者となり柔軟な企画立案と編集制作を行ってください。企画立案や著者探しから、タイトル・装丁デザイン・キャッチコーピーなどの造本に関わること、予算管理や販促支援まで一冊の書籍に必要な編集業務のすべてに主体的に関わっていただきます。やる気とセンスがあれば裁量の大きい環境で自由に働くことが可能です。
向いている人材
  • 書籍編集の経験者
  • 企画を立てるのが好きな人
  • 編集長を目指したい人
  • 基本的なコミュニケーション能力や文章校正・作成能力
  • 新しいもの・人・動きへの情報感度の高い方
業務内容 コンピュータ・テクノロジーなどIT関連のテーマを中心とした書籍を企画・編集していただきます。紙にとどまらず、多様なメディアを持つ当社ならではの強みを活かし、柔軟な企画立案と編集制作を行ってください。企画立案や著者探しから、タイトル・装丁デザイン・キャッチコーピーなどの造本に関わること、予算管理や販促支援まで一冊の書籍に必要な編集業務のすべてに主体的に関わっていただきます。やる気とセンスがあれば裁量の大きい環境で自由に働くことが可能です。
向いている人材
  • 書籍編集の経験者
  • エンジニア
  • 企画を立てるのが好きな人
  • 編集長を目指したい人
  • 基本的なコミュニケーション能力や文章校正・作成能力
雇用形態 正社員
募集人数 若干名
給与 【年収例】(住宅手当・賞与含む、職能・等級手当等なしの場合)
約450万円/25歳 月給約26万円(基本給 約21万円+時間外手当 約4万3千円+住宅 1万5千円)
約550万円/30歳 月給約32万円(基本給 約26万円+時間外手当 約5万2千円+住宅 1万5千円)
約650万円/35歳 月給約39万円(基本給 約31万円+時間外手当 約6万5千円+住宅 1万5千円)
※時間外手当は22時間分を自動固定支給
勤務時間 裁量労働制 1日7時間目安
【参考】10:00~18:00 休憩1時間
休日・休暇 完全週休2日制(土日)、祝日、夏季、GW、年末年始、慶弔、有給、リフレッシュ休暇等
※年間休日125日以上(前年度実績)
待遇
  • 昇給年1回
  • 賞与年2回(前年度年支給平均 約6ヶ月)
  • 永年勤続表彰、社長賞
  • 社保完
  • 通勤費実費支給
  • リモートワーク手当(1万円)
  • 住宅手当(1万5千円)
  • 家族手当(1万5千円)
  • 退職金(勤続3年以上)
  • 社員持株会
  • 育児・介護休業
  • 服装自由
社員平均年齢 約38歳
平均勤続年数 約10年(前年度実績)
月平均残業時間 約5~25時間(前年度実績)
勤務地 東京都新宿区舟町5
(地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅より徒歩2分、都営新宿線曙橋駅より徒歩5分)
会社概要 【社名】株式会社翔泳社
【設立】2006年10月 ※持株会社化に伴い旧翔泳社(1985年12月設立)出版局がその社名を継承
【資本金】50百万円
【事業内容】
IT・ビジネス・実用系書籍の発行・販売/各種イベント・カンファレンス・セミナーの開催/自社メディアを利用したインターネットでの情報提供/オンラインショップでの物品販売
社員数 約130名(男女比は5:5)
特徴・魅力
  • ボトムアップで企画から完成まで自らの手で責任ある物作りができる環境
  • 常に最先端の情報をキャッチアップし実際のビジネスに活かせる裁量度の高い体制
  • 多様なメディアを駆使した自分なりの情報発信・コンテンツ編集が可能
  • 主体的なコンテンツをつくる出版・メディア企業ならではの残業が少なく働きやすい労働環境
  • 年齢や性別にかかわらず効率よく働ける伸び伸びとした社風
  • リモートワーク主体で社員ひとりひとりが働きやすい制度
この職種にエントリー

この職種の社員インタビュー

特集記事

>>「紙と電子をハイブリッドに使い分ける。」翔泳社が考える、これからの編集者が果たすべき役割とは?(CINRA.JOB)